2017年2月28日 更新

夏も近づく八十八夜!とは言ったものの結局どういう意味が?

八十八夜とはよく言ったものですが何の事かというと立春から数えて88日目(おおよそ5月2日頃)のことを指しています。季節の節目を表す二十四節気の他に日本独自の雑節というものがあり、この中の一つに該当します。このような暦の一つである八十八夜について説明します。

123 view お気に入り 0

茶摘み 唱歌

茶摘み 合唱 文部省唱歌

初めはこちらの紹介から。茶摘みの歌ですが、これは八十八夜を季節の節目、農事の節目として昔から活用されていたことを端的に理解できる歌詞になっています。 「夏も近づく八十八夜」のワンフレーズだけは知っていても全体を知らない人も多いのではないでしょうか。改めて堪能してみてください。
夏も近づく八十八夜
野にも山にも若葉が茂る
「あれに見えるは茶摘みじゃないか
あかねだすきに菅の笠」

日和つづきの今日このごろを
心のどかに摘みつつ歌ふ
「摘めよ摘め摘め摘まねばならぬ
摘まにゃ日本の茶にならぬ」

二十四節気(にじゅうしせっき)と雑節(ざっせつ)

 (28328)

 二十四節気は古代中国で気候の移り変わりを人民に伝える目的とともに、季節に合わせて適切に農事を進めるための目安として作られたものです。この二十四節気は後に日本に伝わります。
 しかし、日本と中国では気候が違う為に日本の気候に合わせた補助的な節目が必要になりました。これが雑節と呼ばれるものです。

【八十八夜】に込められた意味

 (28335)

お茶の葉は、一度でも霜に当たると駄目になってしまいます。現代のように品種改良がされていない頃は、春に早期の種まきを行うと遅霜が降りて、それまで育ててきた茶葉が台無しになる恐れがありました。そのため昔は藁〔わら〕をひき、霜を防いだようです。霜に対して更に注意を促すために「八十八夜の別れ霜」というような言葉も生まれました。この言葉が示すように、八十八夜は冷害を回避する目安の日となっていたようです。
また、1656年の伊勢神宮で刊行した伊勢暦にはじめて記され、1686年の暦に正式に採用された日本独特の暦日です。それは農家にとっても幕府にとっても、霜害による不作が最も恐ろしかったため、霜の注意を促すために特別に暦に記載されたそうです。
遅霜対策、注意喚起の意味もあったんですね。
茶摘の時期に関しては実際には地域によって多少前後するので八十八夜の頃とは限りません。
 「米」という字をバラバラにすると、八十八になります。八十八には農家にとっては特別な意味が込められています。また豊作を祈願する日として位置付けられている地域もあるようです。
 さらに沖縄方面ではトビウオ漁の開始の目安とされたりするなど、茶摘みの目安として利用されるだけではなく地域地域の都合に適した他の目安として使われている事例もあるようです。

八十八夜にまつわる言葉や詩

 八十八夜の忘れ霜
 八十八夜の別れ霜
 八十八夜の泣き霜
 九十九夜の泣き霜

いずれも遅霜に関する言葉です。五月上旬~中旬頃はちょうど霜が降りる最後の季節なので、油断しないように注意喚起の意味があるようです。


 霜なくて曇る八十八夜かな  (正岡子規)

こちらは詩です。
 (28372)

これは太宰治が書いた「八十八夜」という小説ですが、内容は暦の八十八夜とは全く関係ないようです。

八十八夜と縁の深い人物紹介

 (28374)

八十八夜が初めて採用された貞享暦(じょうきょうれき)を作ったのが渋川春海です。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

八十八夜って?八十八に込められた意味やすべき行事について

八十八夜って?八十八に込められた意味やすべき行事について

”夏も近づく八十八夜~♪”・・・という歌で知られる八十八夜って、一体いつのことを指すのか知っていますか?数字と夜がつく日といえば「十五夜」が思い浮かびますが、十五夜と八十八夜は全く違った意味がります。なぜ八十八夜と言われるのか。その数字に込められた意味や、八十八夜に行われる行事などを調べてみました。
ayuri | 394 view
【八十八夜】新茶が縁起がいいと言われる理由は?【茶摘み】

【八十八夜】新茶が縁起がいいと言われる理由は?【茶摘み】

新茶は縁起がいいお茶です。毎年新茶の季節には多くの人が収穫を喜び、縁起がいい初物として扱います。なぜそのように新茶をめでたいものとして扱うのでしょう。二番茶三番茶では駄目なのでしょうか。新茶が縁起物として珍重される理由について調べてみました。
namasute777 | 1,003 view
八十八夜とお茶の面白い言い伝え♪"縁起物"と言われるようになったお茶の由縁とは?

八十八夜とお茶の面白い言い伝え♪"縁起物"と言われるようになったお茶の由縁とは?

八十八夜に取れたお茶を飲むと縁起が良いと昔から言われていますが、みなさんはその由来をご存知ですか?最近は温かいお茶を飲むこともすっかり無くなった、という方もいますので、ぜひ一度縁起物「お茶」についてここで知ってみて下さい。
| 244 view
【5月の縁起物】八十八夜と新茶のアツアツな関係?

【5月の縁起物】八十八夜と新茶のアツアツな関係?

八十八夜っていったいなんなのか、新茶と関係があるって何なの?と思った方いませんか?(それは私です。) 季節感あふれる日本の素敵な伝統が息づいている行事のひとつが「八十八夜」です。 新緑の季節の意外と知られていない「八十八夜」について調べてみました。
「1年で昼が長い日」だけではない?夏至の由来や意味とは?

「1年で昼が長い日」だけではない?夏至の由来や意味とは?

「夏至ってどんな日?」と聞かれると、「1年で昼が長い日」というのが一般的な解釈でしょう。しかし、夏至は単に昼間が長いだけなく、その時期に行われる風習などもあるようです。ここでは、夏至の意味について振り返るとともに、夏至で行われる風習についてもまとめてみました。
カレーパン | 310 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

いちご大福 いちご大福