2017年2月22日 更新

エイプリルフールのいろいろな説。どれを信じましょうか。

4月ばかと日本では言われているエイプリルフールですが、どのような事から始まったのでしょうか。とても気になります。世界中で堂々と嘘のニュースの流れる4月1日、それが笑いで許される日でもあります。いろいろ説があります。起源と意味をまとめてみました。

83 view お気に入り 0

フランスでの説です。

シャルル9世

シャルル9世

その昔、ヨーロッパでは3月25日を新年とし、4月1日まで春の祭りを開催していたが1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用した。これに反発した人々が、4月1日を「嘘の新年」とし、馬鹿騒ぎをはじめた[4](これ以降は嘘の起源と思われる)。
しかし、シャルル9世はこの事態に対して非常に憤慨し、町で「嘘の新年」を祝っていた人々を逮捕し、片っ端から処刑してしまう。処刑された人々の中には、まだ13歳だった少女までもが含まれていた。フランスの人々は、この事件に非常にショックを受け、フランス王への抗議と、この事件を忘れないために、その後も毎年4月1日になると盛大に「嘘の新年」を祝うようになっていった。これがエイプリルフールの始まりである。
フランス発信のこのエイプリルフールは悲惨な出来事から始まったそうですね。
ほかにもフランスにはエイプリルフールにまつわるお話がありますので、ご紹介します。
4月の魚

4月の魚

まずはなぜ「4月1日」なのかと言うと、1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用するまでは、3月25日を元日とし、4月1日には新年をお祝いするために、人々がプレゼントを交換しあうという慣わしがありました。
フランス人は新暦改正後もこの慣習を続けるために、旧正月の4月1日にユニークなプレゼントや偽のプレゼント交換をしたことが由来するのではないかとされてます。

そして、なぜ「4月の魚 (Poisson d'avril)」と呼ばれているかと言うと、その昔、4月から魚が産卵期に入るため、4月初旬から漁獲が禁止されてました。
そこで、人々は漁獲期最終日である4月1日に、”ぼうず”で戻ってきた漁師をからかい、ニシンを川に投げ込み釣らせてあげたのがジョークの始まりだと伝えられてます。
本物のお魚の代わり絵に描いたお魚を、子供達が大人の人の背中に貼り付けてからかうそうですよ。
大人同士でもやることがあるようです。
この日は背中に気をつけて歩かないといけないですね。
鏡を手にして、後ろを気にしながらあるく人もいるようです。楽しいですね。

ノアの方舟説です。

ノアの方舟

ノアの方舟

8・3 水は地上からひいて行った。百五十日の後には水が減って、
8・4 第七の月の十七日に箱舟はアララト山の上に止まった。
8・5 水はますます減って第十の月になり、第十の月の一日には山々の頂が現れた。
8・6 四十日たって、ノアは自分が造った箱舟の窓を開き、
8・7 烏を放した。烏は飛び立ったが、地上の水が乾くのを待って、出たり入ったりした。
8・8 ノアは鳩を彼のもとから放して、地の面から水がひいたかどうかを確かめようとした。
8・9 しかし、鳩は止まる所が見つからなかったので、箱舟のノアのもとに帰って来た。水がまだ全地の面を覆っていたからである。ノアは手を差し伸べて鳩を捕らえ、箱舟の自分のもとに戻した。
8・10 更に七日待って、彼は再び鳩を箱舟から放した。
8・11 鳩は夕方になってノアのもとに帰って来た。見よ、鳩はくちばしにオリーブの葉をくわえていた。ノアは水が地上からひいたことを知った。
鳩を放ったが、水が完全に引いてなかったので、鳩を放ったのは無駄であったということのようです。その日が4月1日だったということから、エイプリルフール、無駄な日になったという説です。

インドの修行僧の揶揄説です。

修行僧

修行僧

【インド起源説】
その説によりますと、インドの仏教では、昔、春分から3月31日まで寺院で説法が行われました。
信者たちはこの期間だけはしおらしく仏道修行に励むそぶりは見せはするが、3月31日、修行最後の日が明けると元の木阿弥、また元通りの煩悩多き日常に戻ってしまう。そのような修行僧を揶揄する意味で≪揶揄節≫というのを設け、かついだりからかったり・・・、妄語の戒めなどはどこへやら、嘘をついてそれにかかった人間のことをみなで笑いものにする、面白がる・・・そのような風習から今のようなエイプリルフールに結びついたとされる説が生まれたそうです。
春分の日から1週間、とても辛い修行を行うそうです。ところがその修行が終わったら、またまた元の自分に戻ってしまうということです。人間本来の煩悩はそうそう絶てないということですよね。
無駄な1週間だったかもしれませんが、自分を見つめ直すのにはいい修行だと思います。
むしろ、『自分を見つめ直す時間』と捉えれば無駄ではありませんね。
このエイプリルフール説は、人間らしくていいですね。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

エイプリルフールはどうしてウソをついて良いの?起源7説

エイプリルフールはどうしてウソをついて良いの?起源7説

エイプリルフールと言えば軽い嘘をついて良い日という認識がありますが、どんな意味があるのか、なぜ4月1日とされているのかなど・・・知らないことばかりですよね。今回は、そんなエイプリルフールについて調べてみました。
ayuri | 125 view
バレンタインの起源と日本のバレンタイン事情

バレンタインの起源と日本のバレンタイン事情

現在では、バレンタインの習慣が当たり前のように定着している日本ですが、その起源を知る人や日本以外の風習を知っている人は少ないと思います。そんな、日本に定着しているバレンタインデーという行事が生まれたヒストリーと、日本や海外のバレンタイン事情をお伝えしていきたいと思います。
お正月は最古の行事。起源や由来、歴史について

お正月は最古の行事。起源や由来、歴史について

一年のはじまりのお正月。家族みんなで集まっておせちを食べたりお年玉をもらったり、一年のうちでももっとも楽しい行事のひとつですが、本来のお正月とはどういったものなのでしょうか。ここでは、知っているようで実は知らないお正月の起源や由来、歴史などについてご紹介します。
neko | 768 view
美味しく食べながら、その一年の健康と安全を祈るおせち

美味しく食べながら、その一年の健康と安全を祈るおせち

お正月に食べるおせちは、三が日に家事を休む為だけではありません。節日に神様に供えていたおせち料理はそのどれもが縁起のよい食べ物なのです。近年では豪華であることばかりが重視される傾向がありますが、おせちの意味を再確認するきっかけとなるように由来や意味を紹介していきたいと思います。
くっきー | 43 view
縁起物のだるまの意味って実はこんなに深かった!由来と扱い方も紹介!

縁起物のだるまの意味って実はこんなに深かった!由来と扱い方も紹介!

最近ではいろんな色の達磨(だるま)がありますが、縁起物としてダルマが生まれた理由ってご存知でしょうか?今回はダルマの歴史と一緒に目の入れ方や供養の仕方までご紹介します。
猫らぶ | 6,343 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

snow snow