2017年2月26日 更新

知らなかった!神社でいただける縁起物【神酒】のまとめ

神酒【みき・しんしゅ・みわ】ってきいたことはあるけど・・・一体どういう場面で飲むもので、どうやって飲むの? 神酒ってだれが作るの? 度の神社も同じ味なの?? いままでとくに気にしたことがなかったのに急に気になってしまったのでまとめてみました。

28 view お気に入り 0

そもそも神酒ってナニ??

御神酒をいただく: Amazing Foods (20435)

神酒(みき、しんしゅ)とは、神道において神に供える酒(通常は日本酒)で、神饌には欠かせないものです。「みき」という言葉は「酒」に「御」(み)をつけたもので、酒の美称ですが、通常はさらに「御」をつけて「おみき」といい、古文献では神酒のことを「みわ」と称しているものもあります。

それと同じく「みわ」と読む大神神社(三輪明神)は酒造の神といわれています。 また、祭礼においては、祭る側の参加者も神酒を頂くことが多いですが、これは、他の神饌(しんせん)と同様、神と同じものを飲食するという意味のほかに、酒に酔うことで非日常の境地に至り、神との交流を深めるという意味があります。
年始に神社でふるまわれるものというイメージでしたが、あながち間違いではなかったのかな・・・?

んんっ?正月にいただくのも神酒であってる?

お神酒(みき)は清酒。日本酒ですね。
お屠蘇は漢方薬を浸した薬酒。

で、用途・目的でいえば、

お神酒は神前に供える酒。
お屠蘇は延命長寿を祝って年頭に飲む。または、年頭に飲む祝い酒。
種類が全然ちがうんですね!!
つまり、正月に神社でふるまわれるのは「御神酒」であっているということですね。

神酒の正しいいただき方は?

御神酒のいただき方 (20437)

①一拍手します。
御神酒を注ぎに神職(巫女)が自分の前
に来たら、いただきますの意味で一度だ
け手をたたきます。これを礼手(らいしゅ)
といいます。
御神酒のいただき方 (20439)

②盃を取ります。
続いて盃を取ります。
 持ち方は、写真のように親指を上から、
他の四指をそろえて下から持ちます。
御神酒のいただき方 (20441)

③御神酒をうけます。
御神酒を注いでもらいます。この際にみ
だりに盃を動かすのは、やめましょう。
(宴会ではありません)
御神酒のいただき方 (20446)

④神酒を拝戴します。
御神酒をいただきます。
 一般的に三口に分けていただく作法が
行われています。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

神棚のお供え物には縁起物の【榊】結婚式や地鎮祭には玉串榊♪

神棚のお供え物には縁起物の【榊】結婚式や地鎮祭には玉串榊♪

神棚や神社などで榊を見たことがある方は多いでしょう。しかし、それがどんな意味を持っているか知らない方も多いです。今回は榊の意味や神棚に供える順番、神事に使用される玉串榊についていろいろ調べてみました。
ゆうくん | 1,041 view
【目指せ採用】就職祈願のために知っておきたい縁起物

【目指せ採用】就職祈願のために知っておきたい縁起物

就職とは人生の岐路であり、誰しもが成功を願うものです。本人の努力が何よりも大切とはいえ、ダメ元でも縁起物に頼りたくなってしまうもの。今回はそんな方の為に、就職の採用祈願にふさわしい縁起物や、就職のご利益があるとされている神社をご紹介します。
いちご大福 | 48 view
縁起物の〈しめ縄〉を楽しくかわいく手作りしましょう!

縁起物の〈しめ縄〉を楽しくかわいく手作りしましょう!

毎年お正月に、年神(としがみ)様をお迎えする準備のひとつとして飾られる「しめ縄」。 もっと可愛い物があったら良いのに…と思った事はありませんか? 実は「しめ縄」は自宅で気軽に手作りできるのです。 昔ながらの伝統的なしめ縄から、現代的な可愛いしめ縄まで、作り方をご紹介します。
assit | 38 view
【2017年春分の日】縁起のいい全国のイベントまとめ

【2017年春分の日】縁起のいい全国のイベントまとめ

おおよそ昼と夜の長さが等しくなるといわれる春分の日。 2017年は3月20日(月)が春分の日です。 この日は陰と陽のバランスがとれており、宇宙からのパワーを取り込みやすくなるのだとか。 この日に行われる開運につながりそうなイベント・情報をまとめてみました。
アンリ | 285 view
《真珠婚式》とはいったい何?どういうことをするの?

《真珠婚式》とはいったい何?どういうことをするの?

皆様は、「真珠婚式」という言葉を聞いた事がありますか?実はこれ、結婚記念日の名前なんです。いったいどういうことをするの?何で「真珠」なの?どんなプレゼントを贈ればいい?その意味や由来を説明していきます。
momonomi | 61 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

あさひ あさひ