2017年11月25日 更新

縁起物のおせち料理をお正月に食べる理由と意味

日本ではお正月におせち料理を食べる事がごく一般的ですがいつから、何故おせち料理を食べるのようになったのでしょうか。決まった食材に時間を掛けて調理したりお重につめる意味はあるのでしょうか。おせち料理には基本とされる決まった食材があるのでしょうか。おせち料理の由来と食材や重箱の意味を解説していきます。

13 view お気に入り 0

おせち料理を食べる理由

個人的にはお正月をお祝いする為に食べるのがおせち料理という中身の無い考えでした。ある意味間違っていませんが違っていました。そもそも「おせち料理」とは平安時代から始まった神様に捧げる料理の総称のことでした。年に5回もあった節句、つまりおめでたい日に食べていた料理の事なんです。それが江戸時代後半頃から一般庶民もお正月に食べるようになっていったのです。お正月に食べるようになった理由は新たな1年の始まりをお祝いするため、節目としての節句が残ったようです。それと共にお正月の3日間は主婦を休ませてあげるという意味あいが一般的です。一説には「台所の火の神様を怒らせないため」や「神様をお迎えする」いういわれもあります。どちらにしろ忙しい主婦を休ませてあげる粋なはからいです。冷蔵庫の無い時代ですからなるべく保存のきく調理方法が採用されて、それが今に受け継がれているのです。お正月におせち料理を食べるのは新年をお祝いする事と主婦の休養日を確保する事を目的として始まったようです。
 (34953)

重箱につめる理由

調べてみて驚いたのが重箱にも深い意味が存在していた事です。場所をとるから重ねたくらいにしか認識していませんでしたがとんでもない事です。おせち料理を重箱に詰めるのは「めでたさが重なるように」との願いが込められているようです。一説には重ねて置くと事で場所をとらない、蓋があるので虫の被害にもあわないからとも言われています。おそらく効率も考えれば全ての意味があったのではないかと推測できます。現在は3段重が一般的なようですが重箱にも決まった段数と意味があり基本は4段重だそうです。1の重は長寿や子孫繁栄を込めた縁起物を詰めます。2の重は口取りと言って甘味の利いた物や子供でも食べやすい物を詰めます。3の重には長寿祈願や出世祈願にちなんだものを入れます。そして4の重ですが、4は「死」を連想させるため「与」の重と呼ばれます。ここには豊作祈願にちなんだ物を入れます。稀に5の重という物もあったようですがほとんどが空の状態だった様子。というのも空にしておく事で富が沢山詰まりますようにとの願いがあったようです。おせち料理を重箱に詰めるのはめでたさを重ねるという願掛けであり、縁起を担ぐという事が最大の理由でした。

おせち食材にも意味がある

全ての食材には意味があり、重箱に詰められる縁起をもった食材である事は調べて分かりました。では食材はどうやって決められているのかです。実際調べてみたところ基本食材は13品あるという事です。13品もなのか13品しかないなのかは賛否分かれるところですが縁起物食材全てにしっかりと意味がありました。数の子は子宝に恵まれるように。黒豆は健康にマジメに暮らせますように。かまぼこは紅はめでたさ、白は神聖の意味で日の出に似ている事がめでたいとされていました。田作りは五穀豊穣。伊達巻は文化発展。昆布巻きはよろこぶという語呂合わせから。栗きんとんは金運や商売繁盛。紅白なますは一家の繁栄。海老は腰が曲がるまで長生きするという長寿祈願。菊花かぶはめでたい菊の形にすることで見た目にめでたさを。たたき牛蒡は家業が堅実に長続きするように。ブリの照り焼きは出世祈願。煮しめは子宝祈願と先見祈願。これらを重箱に詰め重ねる事でおめでたい事が重なるようにと願っていたのです。13品全ての食材に意味があり縁起を担いでいたのがおせち料理の食材なのです。
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

作るのは大変だけれども、お正月はやっぱり用意したいおせち料理

作るのは大変だけれども、お正月はやっぱり用意したいおせち料理

お正月には当たり前のように食べていたおせち料理ですが、ライフスタイルの変化や核家族化の影響でおせち料理なしでお正月を迎える人も増えてきています。特に小家族の場合には作るのも大変という事情もありますが、それでも日本人なら食べたいと思うのがおせち料理です。
ゴマさん | 40 view
おせち料理の魅力と、ネット購入するメリット

おせち料理の魅力と、ネット購入するメリット

毎年おせちを作る時期になると、憂鬱になる主婦は多いのではないでしょうか。お正月ぐらいは楽をしたい...それは正直な気持ちだと思いますし大切な方におせちをプレゼントするのもいいでしょう。今回は『おせち料理』にまつわる話と、ネット購入に関してを解説していきたいと思います。
neko | 34 view
おせち料理に込められた意味合いと食材の分類

おせち料理に込められた意味合いと食材の分類

おせち料理には「祝い肴」「口取り」「焼き物」「酢の物」「煮物」と大きく分けて5つの分類があることをご存知ですか。これにはそれぞれ縁起物としての意味合いやいわれがあり、懐石料理と同じようなコース形式でもあります。ここでは、おせち料理における5つの分類がどんなものなのかを紹介していきます。
ゴマさん | 10 view
おせちにはいろいろ種類がありますが皆が求めているおせちはどんなものがあるのだろう

おせちにはいろいろ種類がありますが皆が求めているおせちはどんなものがあるのだろう

もうすぐおせちの時期が近づいてきました。おせちと言えば安いものから高いものまであります。人によって好きなおせちは違います。よく見かけるおせちというのは大豆や卵が入っていて伊勢海老が乗っているというのを想像します。まず伊勢海老のことから紹介します。
スナフキン | 8 view
美味しく食べながら、その一年の健康と安全を祈るおせち

美味しく食べながら、その一年の健康と安全を祈るおせち

お正月に食べるおせちは、三が日に家事を休む為だけではありません。節日に神様に供えていたおせち料理はそのどれもが縁起のよい食べ物なのです。近年では豪華であることばかりが重視される傾向がありますが、おせちの意味を再確認するきっかけとなるように由来や意味を紹介していきたいと思います。
くっきー | 9 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

るるる るるる