2017年3月9日 更新

神仏から守られる家になる!家内安全お札の正しいお祀り方法

家内安全のお札にもいろいろな種類がありますが、お札をお祀りしていない家はほとんどないのではないでしょうか。ですが、そのお札は正しくお祀りできていますか?家内安全のお札を正しくお祀りして神仏からのご加護をえられる家にしていきましょう!

5,720 view お気に入り 0

神宮大麻

家内安全のお札と聞いて最初の思い浮かぶのは「神宮大麻」ではないでしょうか。
 (22637)

神宮大麻(じんぐうたいま)とは、祓い具である祓い串の御真(ぎょしん)を清浄な和紙で包んだ伊勢神宮の神札(おふだ)である。
お神札をおまつりする場所は、家の内でも家族が集まる清浄なところを選ぶようにしましょう。一般的には、清らかで明るく、静かで高いところに、南向き、あるいは東向きにおまつりするのがよいと言われ、座敷におまつりすることも多いようです。

 しかし、今日の住宅事情では、このような場所が見当たらないことも多く、どのようにおまつりしたらよいのか判らないという声があります。

 こうした場合は、家族が親しみを込めて、毎日お参りのできる場所を第一に考えるとよいでしょう。何よりも、尊ぶ心を持って、日々丁重におまつりすることが大切です。

神宮大麻ともに地域の氏神様のお札もお祀りしましょう

 (22662)

神宮大麻はもちろんのこと地域の氏神様のお札も一緒にお祀りしましょう。
氏神様をお祀りするという事はこの土地に住むことに感謝し、お見守り下さいとお願いする事です。

崇敬する神社があればそちらのお札も一緒にお祀りするとなお良いでしょう。

鬼門裏鬼門のお札

 (22643)

 (22653)

鬼門とは、お家の中で一番ジメジメした日の当らない場所を指し、これを放置しておくと魔がそこから入ってきます。
なので、そこに表鬼門の御札を東北に、裏鬼門の御札を南西に向かい合わせでお貼りください。
これにより、御札が鏡となって魔を封じ込め家内安全成就となります。
鬼門裏鬼門は江戸時代後期ぐらいから言われ始めたそうです。

鬼門は丑寅の金神(うしとらのこんじき)、裏鬼門は未申の金神(ひつじさるのこんじき)といいます。

トイレのお札

 (22646)

烏瑟沙摩明王(うすさまみょうおう)は、便所清めの功徳として有名で、古代インド神話において「炎の神」とされ~この世の一切の汚れを焼き尽くす~とされ、お寺などに安置されている。
この寺院では、キレイな女神様がいるそうです~トイレをキレイに使いましょう~トイレの神様人形(お札)を飾ることで、明るい毎日をお過ごしくださいと「トイレの神様」烏瑟沙摩明王を祀っていた。
臭い・汚いと昔より「怨霊や悪魔の出入口」と考える時代があった。不潔で怨霊の侵入口でもあった便所を、炎によって清浄な場所に変えるという信仰が広がった。
34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

何より大切な家庭の平和!《家内安全》の縁起物まとめ♪

何より大切な家庭の平和!《家内安全》の縁起物まとめ♪

なにかと縁起を担ぐ日本人。金運や勝負運にあやかろうと、縁起物アイテムを持ち歩いている人も多いでしょう。ですが、忘れてならないのが家族の安全!家族全員が健康で健やかに暮らせる事こそ、幸せの必須条件なんです♪そんな家内安全の縁起物、あなたはいくつ知っていますか?
福男0222 | 585 view
あなたと家族・家を災いから遠ざける《魔除けお札》

あなたと家族・家を災いから遠ざける《魔除けお札》

家を火事などからまもりたい。家族を事故や事件から守りたい。 でも自分の力だけでは限界がある。人間の力だけでは限界がある。 そんなときは神様や仏様に助けを求めたくなるもの。 そんな神仏の力が込められた「魔除けお札」。 「魔除けお札」であなたと家族・家を災いから守りましょう!
assit | 3,343 view
これで安心!パワーストーンをゲットして家内安全を願おう♬

これで安心!パワーストーンをゲットして家内安全を願おう♬

お守りにお願いを託すと、気分が落ち着いてきますね。家庭内での無病息災を願うパワーストーンで、家内安全を願ってみましょう!身につけたり飾ったりすることで、あらゆる災厄や悪いものなどから守ってくれそうです♬
ぷう | 812 view
10月の行事【えびす講】って知ってる?日本の行事を知る

10月の行事【えびす講】って知ってる?日本の行事を知る

秋10月の縁起物の行事として知られる「えびす講」。恵比須様はなんとなく知っていても、どんな意味があるのか、どういうイベントがあるのか知らない方も多いでしょう。そこで、「えびす講」や恵比須様の置物をご紹介します。
yukimi | 234 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

assit assit