2016年4月15日 更新

お正月にする縁起がいい遊びは日本発祥ばかりじゃない!?

せっかくのお正月、お正月ならではの縁起良い遊びをしましょう!たくさん挙げてみましたが、皆さんはどの遊びが好きですか?ところで、お正月の遊びは日本で発祥されたものばかりだと思われていませんか?実はそんな事ないんです!

5,538 view お気に入り 0

お手玉

 (7216)

お手玉の遊び方は、『振り技』(ゆり玉)といって、何個かのお手玉を手でゆりあげて(上にあげて)遊ぶ方法と『拾い技』(よせ玉)といわれるもので、奇数のお手玉を床にまき、そのうちの(親玉)をゆりあげながら、残りのお手玉を寄せ集めたり、手でつくったトンネルをくぐらせたりする遊び方の大きく二つに分けることができます。

だるまおとし

 (13285)

だるま落としは、一番上のだるまが最後まで落ちないよう小槌でたたいていくゲームですがだるま落としの歴史は定かではありません。
だるまは禅宗の祖である達磨大師がモチーフだと言われています。だるまは転んでも起き上がることから、お正月にだるまに願をかけながら片目を入れて飾り、願いが叶ったらもう一方の目を入れるもの。毎年大きなだるまに買い換えて、1年の願掛けをするのです。
だるま落としのだるまは転んでも(落ちても)起き上がりませんから、転ばない(落とさない)ようにするわけです。
ここでは10のお正月のお遊びを取り上げていますが、この「だるまおとし」をしている家庭は少ないと思います。「だるまおとし」はけん玉と同じで、日常で遊ぶことが多いです。

めんこ

 (7218)

江戸時代にめんことして扱われていたものは、人の顔(面)が面型に抜かれた粘土を焼いて作られたものでした(泥面子)。それは、現在のように遊びのためというよりは魔除けのような役割で使われており、今の遊び方の主流である「起こし」とは違い、ビー玉やおはじきのようにめんこ同士をぶつけていたとされます。
その後主流となった紙・板のめんこには武者、相撲力士、野球選手、映画スター、漫画の主人公などが印刷されており、男の子の強者への憧れと時代背景をうかがい知ることができます。
遊びに使われるほか、現在ではめんこの製造量は減少しているため、大人のコレクターに収集されることも多いようです。
昔、給食の牛乳瓶のふたを集めて、それをめんことして遊んでいたのを思い出します。

まとめ

 (7208)

お正月のお遊びなので、すべてのそれが日本古来のものだと思っていましたが違っていました。
ほとんどがヨーロッパから伝わった遊びなのですね。
ヨーロッパからの恩恵は、こうした公式行事にも見られることができました。
また、遊び一つ一つに語呂合わせで幸福が込められているところは、日本らしさがにじみ出ていると感じます。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お正月は縁起のいいことばかり!お正月にする遊び一覧♪

お正月は縁起のいいことばかり!お正月にする遊び一覧♪

だいぶ少なくはなりましたが、今もなお、お正月には凧揚げが行われています。男の子の出生をお祝いし、その一年を元気に過ごすために願いを乗せて大空に飛ばす縁起のいい遊びです。また、他にもお正月には縁起のいい遊びがいっぱいなんです。
toluckylucky | 432 view
実は縁起物!【おせち料理】を知ってお正月を楽しもう♡

実は縁起物!【おせち料理】を知ってお正月を楽しもう♡

お正月に食べるおせち料理、1年に1回だけ食べることができる縁起物の料理です。おいしいですよね。毎年何気なく食べているかもしれませんが、これも縁起物なんですよ。料理によって込められている願いが違うみたいなので、まとめてみました。
smiling_N | 463 view
難を転じて福となす縁起物!お正月に欠かせない『南天』♪

難を転じて福となす縁起物!お正月に欠かせない『南天』♪

日本では、お正月に縁起の良い生け花を飾る風習がありますよね。そんな場面で活躍する「南天」には、お守りや火災除け、厄払いのご利益があったんです♪そこで今回は、「天国の竹」と呼ばれている南天についてまとめてみました。
福娘0222 | 115 view
お正月に飲む縁起物【大福茶】で新年をお祝いしよう♪

お正月に飲む縁起物【大福茶】で新年をお祝いしよう♪

「大福茶」は関西地方でお正月に飲まれる新年を祝うお茶です。大変縁起がいいものとされ、大福茶を飲めば邪気が払われ、新しい一年に幸福をもたらすとされています。全国的にはあまり知られていませんが、その謂れは古く、平安時代から続いている風習です。
kintuba | 2,275 view
大切なお正月の縁起物【お屠蘇】ってどんな飲み物?♪

大切なお正月の縁起物【お屠蘇】ってどんな飲み物?♪

お正月の定番と言えば、おせち料理はさることながら「お屠蘇」も忘れてはいけません。「お屠蘇」は体に良く、子どもでも微量ではありますが飲むこともあります。今回は、そんな縁起物「お屠蘇」についてご紹介します。
s16ak009 | 754 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

s16ak009 s16ak009