2016年4月14日 更新

願えば叶う!?金運アップに効果的な方法ってどんなの?

金運アップのための縁起物や風水はよく聞きます。同じように人間が得る情報の約8割は視覚から入るので、毎日見ることの多い、壁紙は心理的に影響を及ぼします。金運アップに効果的と言われる壁紙をまとめてみました。

2,768 view お気に入り 0
お金

お金

きれいになりたい、恋人がほしい、健康になりたい、お金がもっとほしい、世界中を旅したいなど、
人の願いには限りがありません。
そんな人の欲望の中でも強いのが「お金がほしい」という欲求ではないでしょうか?
お金は生きていくために必要です。
今よりも楽な暮らしをしたい、欲しいものが買いたいと願っているのではないでしょうか?
それほど大切なお金ですが、金運をアップさせるために黄色い財布を買ったりする人も多いです。
風水でも同じことですが、金運アップのために家具の配置を変えても
努力しなければお金は入ってきません。
けれど、何もしないよりも、家具の配置を変える行動だけでも、
「お金を貯めるぞ!」という意識を持つことができます。
「思えば叶う」という言葉もあります。そういう意味で風水も縁起物も大切なものと言えます。
また、簡単に出来る方法として壁紙(待ち受け画面)を変えるのも良いです。

金運アップに効果的な壁紙とは?

金はクレオパトラの時代から愛されていた

 (13211)

露骨では有りますが、金の延べ棒の待ち受け画像なんか金運アップにはいいですよ。

金は、古代エジプトから重宝されています。あのクレオパトラも、金を沢山身に付けていたということ。
世界経済に何かしらの変動があったとしても、金は変わらぬ価値を約束してくれます。
貨幣は国が滅んでしまったら紙くずですが、金は違います。

金髪の美輪明宏さんの壁紙は金運を呼ぶ!?

 (13212)

金運アップを願う人達だけでなく、全ての運気上昇に良いとされているのが、美輪明宏さんの待ち受け画像。
黄色の服に金髪の出で立ちで、豪華絢爛な家具を背景に撮影された写真を見ると、もう圧巻です。

白蛇は幸福を呼ぶ!

 (13213)

白蛇の抜け殻を細部に入れておくと金運アップに効果があると聞きます。

幸運グッズの定番、招き猫!

 (13214)

金運アップといったら、お金を呼び込む招き猫が有名ですね。
左手を上げている招き猫には、業績アップや商売繁盛のご利益があり、収入を上げることに長けております。
45 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2月は春の訪れ!縁起物「春財布」を購入して金運アップ♪

2月は春の訪れ!縁起物「春財布」を購入して金運アップ♪

節分が過ぎたら、暦の上では春が来ます。諸説ありますが、この時期に財布を買い換えると金運がアップすると言われています。 「春財布」といって、縁起物として購入する方も多いんですよ!では、どのような財布を買うと金運がアップするのでしょうか?
sakaki-pegapega | 384 view
金運・仕事運アップ!【琥珀】は精神を安定させる宝石♪

金運・仕事運アップ!【琥珀】は精神を安定させる宝石♪

琥珀「英名Amber(アンバー)」には、精神を安定させる効果があり、金運、仕事運、人気運が良くなるといわれています。そんな魅力的な宝石「琥珀」について調べてみました。あなたも琥珀に魅了されてみませんか?
うさこ | 4,521 view
金運アップ♪財布の中に入れておくと縁起のいいもの達!

金運アップ♪財布の中に入れておくと縁起のいいもの達!

普通に生活しているだけなのに、お財布に入れておくと金運がアップする縁起のいいものがあったら入れておきたいと思いませんか?ちょっとした習慣や物で金運はアップするんです!芸能人も多くが実践している財布の中身のあれこれを調べました。
toluckylucky | 9,667 view
今年こそは金運アップ!縁起がいい【春財布】ってどんなの?

今年こそは金運アップ!縁起がいい【春財布】ってどんなの?

財布は金運と密接な関係があります。良い財布に変えると自然とお金が貯まる、なんて話聞きますよね。でも、どんな財布が「良い財布」なんでしょう。金運が上がる財布とは?変える時期は?などなど、縁起がいい理由と一緒に紹介します。
toluckylucky | 1,857 view
【金運アップ!】へびはお金にまつわる縁起の良い動物!

【金運アップ!】へびはお金にまつわる縁起の良い動物!

普段のへびに対して「こわい」と思う人は少なくありません。しかし、へびは実は縁起の良い動物なのです。白蛇は家を守ってくれたり金運に恵まれるといわれますし、へびの抜け殻を財布に入れておくと金運アップに繋がると言います。
tantoto2000 | 9,921 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

このべ このべ