2017年2月16日 更新

還暦のお祝いで赤いちゃんちゃんこを羽織るのはなぜ?

還暦とは60歳の誕生日であることはよく知られています。 しかし、赤いちゃんちゃんこを着たり、「赤いもの」をプレゼントしたりするのはなぜなのでしょうか。 還暦のお祝いをするようになったその起源と、行われるしきたりの意味についてまとめてみました。

25 view お気に入り 0

還暦(かんれき)とはそもそも何なのか?

 (23110)

還暦の発祥は実は日本ではありません。
古く中国がそのルーツといわれており、飛鳥時代に日本へ伝わったといわれています。この時代の日本は積極的に中国や朝鮮の文化を取り入れようとしており、多くの使者を訪中・訪朝させていました。その文化の一つに古来中国より伝わる易学があり、その基本となる干支にその根底が通ずる還暦を祝うという文化も伝わったといわれています。
還暦の元となる考え方は相当昔からあるということが分かります。
当時の寿命が短かったことを考えると、60歳まで生きるということは、日本のおよそ4人に1人以上が65歳以上といわれる現在の日本では普通のことですが、当時はとても凄いことだったのかもしれませんね。

では、還暦と干支にはどのような関係があるのでしょうか?
干支は別名を十干十二支(じっかんじゅうにし)といい、「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」という10種類の「干」と、「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」という12種類の「支」を組み合わせて使います。暦に使うときは十干と十二支を組み合わせて「乙未(きのとひつじ)」「丙午」などといいます。

たとえば平成元年(1989年)生まれの人の干支は己巳(つちのとみ)ですが、十干と十二支の組み合わせには60通りがあり、次にもういちど己巳の組み合わせが巡ってくるのは平成元年の60年後、つまり平成61年(2049年)ということになります。このとき、平成元年生まれの人は当然60歳です。

このように「60年で十干十二支が一巡してもとの暦に還(かえ)る」ことから、60歳の誕生日を「暦が一巡するまで長生きした」ということで祝うようになりました。
干支というと、「ね・うし・とら・う、、、」と12年で1サイクルのイメージですが、そもそも「干」と「支」はそれぞれ違うもので、それぞれの組み合わせで60パターンもあるんですね。
そして、60年で一周して元に還るから「還暦」。
世の中の移り変わりを一周分過ごしてきて、人生の一区切りを迎えたとても大事なお祝いだということが分かります。
定年延長や継続雇用制度の導入などにより、職場において上司や同僚の還暦祝いをする機会も増えてきました。役職定年制度や、早期退職優遇制度を導入する企業や団体も増えている中で、職場で迎える60歳という年齢には単なる長寿祝いというだけでなく、さまざまな意味がこめられています。
現在では60歳で長寿祝いというよりは、会社の上司・先輩であれば長年の貢献を労ったり、親なら今まで育ててくれたことへの感謝など、お祝いの仕方は時代に合わせて変化してきていると言えるでしょう。

還暦はどのタイミングで祝うの?

還暦祝いは満年齢で60歳(数え年で61歳)を迎えたことを喜ぶ元々は長寿を祝う行事でした。
ほかの長寿祝いが数え年で祝うものが多い中で、還暦祝いだけは満年齢でお祝いをします。そういった意味ではお祝いの品やご祝儀、あるいは記念品のみを渡す職場の場合には誕生日が最適でしょう。
 (23113)

還暦で赤いちゃんちゃんこを着るのはなぜ?

伝統的な還暦祝いでは、暦が一巡したことで「もう一度生まれたときに戻る」と仮想したお祝い事が行われます。古来、日本では赤い色は「魔除けの色」と考えられ、赤ちゃんの産着(うぶぎ)には赤色が使われていました。そのため、還暦になったときもう一度赤いものを身につけるという風習になったわけです。
むかしは生まれてすぐの赤ちゃんのときに
亡くなってしまうことが多くありました。

そのため厄がよってこないように赤ちゃん
に赤い服、ちゃんちゃんこを着せたりして
いたんです。

還暦は生まれた時に帰ってくるという意味が
あるので、赤いちゃんちゃんこなど赤い
ものを身につけるんです。

つまり赤いちゃんちゃんこの由来は赤ちゃん
のときに戻ることからきているんですね。
60歳で干支が一周したことでもう一度ゼロ地点=赤ちゃんに戻る。
その赤ちゃんの厄除けに使われていたちゃんちゃんこを身に着けることで、還暦を迎えたことのお祝いをするのですね。
もっと元気に過ごしてほしいという意味で「燃えるような赤」と勝手なイメージを持っていましたが、しっかりとした理由があるようです。

しかし、現在の日本では60歳といってもまだまだ元気。
最近ではちゃんちゃんこを着せられるのが「お年寄りっぽくてイヤ」という方も多いようです。
では、還暦のお祝いではどんなものがポピュラーなのかを見ていきましょう。

還暦祝いには何をプレゼントしたらよい?

 (23112)

ご本人にとって実は還暦になることに抵抗がある方も多いようです。

お父さんやお母さんの若い頃には「還暦の人=お年寄り」の感覚が強くあるのだと思います。

ですから、あまりお年寄り扱いになるような物は避けた方がいいかもしれませんね。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【エメラルド婚式】エメラルドに込められたその想いとは…

【エメラルド婚式】エメラルドに込められたその想いとは…

結婚55周年をお祝いすることを「エメラルド婚式」、といいます。25年目の銀婚式や、50年目の金婚式をさらに上回るエメラルド婚式。半世紀以上もの時間を、夫婦二人で歩んできた大変おめでたい日です。今回はエメラルド婚式の由来や、おすすめのプレゼントについてまとめてみました!
munmunbobo | 29 view
【還暦・古希・喜寿・傘寿・米寿・卒寿・百寿】縁起の良い贈り物を♪

【還暦・古希・喜寿・傘寿・米寿・卒寿・百寿】縁起の良い贈り物を♪

61歳、70歳、77歳、80歳、88歳、90歳、100歳と、様々なお祝いごとがありますよね。とても素敵なことです。今回それぞれの年齢の呼称の意味と、その時に贈り物としての縁起の良いプレゼントを紹介します。
komesda | 1,601 view
【聞いたことある?】茶寿、不枠って?どういう意味?

【聞いたことある?】茶寿、不枠って?どういう意味?

みなさんは「茶寿」「不枠」という言葉を聞いたことがありますか?これは、長寿のお祝いを表す言葉なんです。いったい何歳を指す言葉なのでしょうか?由来は何?どんなお祝いをするの?順番に説明していきたいと思います。
momonomi | 38 view
【あまり知らない?】半白って何?どういうもの?何をする?

【あまり知らない?】半白って何?どういうもの?何をする?

「半白」という言葉をご存じですか?あまり一般的ではないので、知らない人の方が多いかもしれません。実はこれ、年齢のお祝いを表す言葉なんです。他の意味で覚えている方もいるのではないでしょうか。どのようなものなのか、お祝いの時に何をするのか等説明していきます。
momonomi | 45 view
長寿祝いの代表格【米寿】、家族みんなでお祝いしましょう

長寿祝いの代表格【米寿】、家族みんなでお祝いしましょう

【米寿】といえば88歳!いやいや、数え年か満年齢かご存知ですか?言葉は広く知られていますが、年齢が曖昧な方が実は多いのです。どんなお祝いをするのか…由来や贈り物の例を交えて長寿大国日本の独特の文化をご紹介します。
munmunbobo | 41 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カレーパン カレーパン