2017年3月1日 更新

縁起のよい御札の処分の仕方。初詣の時は古いお札も持参!

神社や御札などで頂いた御札の処分の仕方をご存知でしょうか。一番簡単な方法は、初詣の時にその処分したい古い御札を持って行くことです。通常は古札回収所が設けられているので、そこに返納すればよいでしょう。また、どんど焼きでお焚き上げしてもらうという方法もあります。

115 view お気に入り 0

御札に有効期限はない!?

Free illustration: Icon, Calendar, Stylized - Free Image on Pixabay - 1549619 (31198)

毎年初詣に行くたび、新しい御札を頂いているという方もいるのではないでしょうか。
実は、御札には有効期限がありません。
なので毎年変えなければいけないというルールはありませんが、もし毎年頂くのであれば一年に一度、古くなった御札をきちんとした方法で処分する必要があります。

初詣に行く時は、忘れずに古い御札を持って行こう!

喪中の初詣は行っていいの?ダメな期間やお守りについて | 季節お役立ち情報局 (30840)

基本的にお守りやお札は、
戴いた神社仏閣にお焚き上げとして
納めるものです。

よく初詣の時期などにお守りなどを入れる
「古札納め箱」というものが置いてあるので、
そこに入れましょう。

また入れるときはお焚き上げ料として
お賽銭箱にお守りやお札と同額程度の
お金を入れることも忘れずに!

感謝の気持ちは大事ですよね(^^)

それと、神社では初詣以外でも
お守りなどの回収は行っています。

毎年初詣に行くついでに持参しましょう

富士宮市「富士山本宮浅間大社」に行ってみた | まるみた.com (30819)

毎年初詣に行くのは長年の習慣だという方は是非、古い御札も持って行きましょう。
頂いた御札は、基本的には頂いた場所で返した方が良いとされています。

お寺と神社で区別をしよう!

神社のお守りは神社へ、お寺のお守りはお寺へ、
返納するようにしましょう。
ちなみにお寺さんの場合は宗派が違うと失礼になる場合があるので、
調べてから返納するようにしてください。

旅行先でいただいたお守りや、
友達や親からいただいたお守りは、
遠方の場合があります。


そんな時は、近くの神社やお寺に持って行っても、
大丈夫です!

お焚きあげ(どんど焼き)で処分する方法

一年の感謝焚きあげ | 町田 | タウンニュース (30824)

1月の中旬ぐらいに、神社やお寺などでどんど焼きというお焚きあげが行なわれます。
詳しい日時や方法は地域によって異なりますので、近所の神社やお寺の情報を小まめにチェックしておきましょう。
このどんど焼きで古い御札をお焚きあげしてもらうことが出来ます。
地域のイベントとして、甘酒や、子供には小さなお菓子が振る舞われることもありますよ。
年間に数回行われます。
その中でも新年を迎え、新年のお札(お守り)と
旧年のお札(お守り)が切り替わりお炊き上げするものが
自然と多くなる1月下旬ころおこなわれるものが「どんと祭」と
呼ばれたり「どんと焼き」と呼ばれ宗教的というより世間一般的に
年中行事に加えられていたりします。
・・・神道・仏教全般に見られます。
護摩は、古いものを処分するといった的な要素ではなく
加持祈祷としてお札を燃して祈願するものです。
屋内で行われるものから野外でおこなわれる大護摩と
呼ばれるものがあり、天台宗・真言宗をはじめ
それらに連なる密教系寺院で行われます。
左義長神事・どんど焼きについて - 相州藤沢 白旗神社 (30832)

地域によっては、どんど焼きでおだんごやお餅などを焼くこともあります。

どんど焼きで焼いたおだんごやお餅を食べると、一年間病気知らずで過ごすことが出来ると言われているので、とても縁起がいいものなんです。
元々御札などのお焚きあげをするのが目的のどんど焼きですが、こんなちょっとした楽しみでもあるので、ご家族でぜひ参加されてみてはいかがでしょうか。

地域をあげてのお祭り行事になっているところも!

22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

初詣は近くの寺社にいくべき?有名さが重要?縁起が良いのはどちらか

初詣は近くの寺社にいくべき?有名さが重要?縁起が良いのはどちらか

初詣にどこに行くべきか悩んでしまう人は多く、改めて考えてしまう時もあります。。有名な神社やお寺に行きたくても人ごみが苦手と言う人や、並んででもおまいりしたい人など、考え方も人それぞれです。しかし、縁起の面で考えればまた違った見方をすることができ、由来を知ることが認識を変えるポイントにもなるのです。
ゴマさん | 18 view
初詣は神様へのご挨拶!運気を上げる初詣の礼儀と文化をご紹介

初詣は神様へのご挨拶!運気を上げる初詣の礼儀と文化をご紹介

日本人に最もなじみのあるゲン担ぎと言えば新年の初詣です。多い年ではなんと国民の4人に3人が参加する国民的行事です。そんななじみ深い初詣ですが、意外と知らない礼儀作法があります。今回は運気を上げるためにぜひ行いたい初詣の礼儀と神社の文化をご紹介します。
スナフキン | 14 view
初詣に行くタイミングをこだわろう

初詣に行くタイミングをこだわろう

新しい年になったら神社に行って初詣に行こうという人は昔も今も多いです。ですが、初詣に行く人も今と昔では若干違っている事があります。それは何かというと初詣に行くタイミングにこだわる人が昔よりも今の方が多くなっているというのがあります。
るるる | 21 view
去年一年のご利益に感謝をして、失礼のない参拝を

去年一年のご利益に感謝をして、失礼のない参拝を

お正月になると普段信心深くない人でも、神社仏閣を訪れることが多いのでないでしょうか。去年一年の健康や安全に感謝をしるのは、新しい一年を迎える上で大事なことです。気持ちを切り替えて過ごしていくためにも、忘れてしまいがちな初詣の作法を紹介していきます。
neko | 6 view
日本に古くから伝わる初詣の歴史について考えてみましょう

日本に古くから伝わる初詣の歴史について考えてみましょう

初詣は日本人であれば誰もが毎年のお正月の風物詩として大変馴染みの深い行事となっており、古くから伝わる作法や礼儀等が昔から現代に受け継がれております。そこで、そんな初詣の正しい作法や、タブーとされている事を整理して見ましょう。
くっきー | 17 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

綺羅星 綺羅星