2017年11月25日 更新

日本に古くから伝わる初詣の歴史について考えてみましょう

初詣は日本人であれば誰もが毎年のお正月の風物詩として大変馴染みの深い行事となっており、古くから伝わる作法や礼儀等が昔から現代に受け継がれております。そこで、そんな初詣の正しい作法や、タブーとされている事を整理して見ましょう。

17 view お気に入り 0

初詣の歴史

初詣は日本に古くから伝わるお正月の伝統行事であると考えられておりますが、実はその歴史は比較的新しく、長い歴史の中で少しずつ現代の初詣のスタイルに変化してきました。現在の初詣になる以前、初詣は「年籠り」と言われる行事であったとされております。この年籠りとは、村や家の長がその地域の氏神様が祀られている神社等に大晦日の夜から元日の朝まで寝ずに籠もる行事であったとされております。その後、この行事が「除夜詣」と「元日詣」の2つに分けて考えられる様に変化してきました。当時の元旦詣は地域の氏神様が祀られている神社や、自宅から見て恵方の方角に有る神社へお参りする事が決められており「恵方詣」とも呼ばれておりました。その後現代の初詣のスタイルに変化してきたのは大正時代になってからとされており、その当時の元旦詣や恵方詣の習慣は徐々に薄れ、現在の初詣のスタイルが取られる様になって来ました。
 (35015)

初詣の意味

初詣は、年が明け初めて神社やお寺等をお参りする事を指して初詣と呼んでおりますが、そもそも何故初詣を行うのでしょう。初詣を行う意味を考えてみましょう。そもそも初詣は1年間無事に過ごす事が出来た感謝の気持ちを神様に捧げ、迎えた新しい年も無事に過ごせる事の願いを神様に捧げる事が初詣の意味になります。しかし、家で新年を迎える場合、家の神様は「歳神様」と呼ばれており、家内の安全や無病息災を祈念して自宅で正月飾り等で新年を祝いますが、一方の神社の神様は「氏神様」と呼ばれておりその昔は恵方詣と呼ばれ、家から吉方に有る神社等にお参りをしており、これらの神様が別々の神様である事から、新年を家で祝った後に改めて神社や寺などに赴き初詣を行う事になっております。

初詣の正しい作法

初詣には正しいと言われる作法が有りますので、きちんと神様に感謝の気持ちを捧げる為に理解しておきましょう。先ず初詣に訪れる神社は地元に有る神社や菩提寺に行く様にしましょう。初詣に出かける時間ですが、元日の朝に家で雑煮を食べた後に出掛ける様にします。神社に付いたら先ず鳥居をくぐると思いますので、その前で服装を整え一礼をしてから鳥居の端を歩く様にします。又、参道を歩く場合も左右どちらかの端を歩く様にしましょう。次にお参りをする前には手水舎で手や口等を濯ぎ清めます。清め方は右手で柄杓を持ち左手を清め、次に左手に柄杓を持ち替え右手を清めます。その後口を濯ぎ参拝前の清めを終えます。次に、参拝を行いますが基本的には二礼二拍手一礼で行います。参拝が終わった後は最後に鳥居をくぐる際には身体の向きを変え、神社の方向に一礼し神様への感謝の気持ちを忘れない様にします。

初詣でタブーな事

次に初詣を行う際にやってはいけない事や、出来れば控えておくべき事を纏めてみましょう。先ず初詣は出来れは1月7日までには済ませておきたい物です。1月7日迄は「松の内」と呼ばれ一般的にはお正月と考える事が出来ます。次に鳥居や参道を歩くときは真中を歩かない様に心掛けましょう。但し参拝客が非常に多い有名な神社ではそうはいかな場合が有りますが。参拝をされる際に捧げるお賽銭は乱暴に投げいれたりせずやさしく入れ、お願い事をされる際にはご自身の「決意表明」を行う様にしポジティブなお参りにしましょう。無事参拝を終え最後に神社の鳥居をくぐる際には、そのまま素通りせず一礼をしましょう。初詣が終わった後には寄り道をしないで先ずは一旦家に帰ります。せっかく初詣で神様に頂いた福を落としてしまうからです。更に複数の神社へ初詣を行う事は問題ありませんので時間が有る方は、日を改めて出掛けてみましょう。

喪中の場合の初詣は行く事が出来るのか

その年に身内の方が亡くなられたりした場合は喪中期間中である場合が有りますが、この喪中の場合の初詣はどの様にすれば良いのでしょう。基本的には仏教でいえば49日、神道でれば50日を超えた場合には、一般的に言われる喪が開けた事を意味しますので、初詣に行く事自体には問題は無いとされております。但し、神社によってその考え方には違いが有る事も事実です。更に、身内のご不幸に遭われたご家族にとっては新年の幕開けとなる初詣の様な華やかな場所を好まず、ご自宅等でゆっくりと新年を迎える事も大切な事であると考えられます。その為、喪中は勿論ですが、喪が明けても年の新年は厳かな気持ちで、墓参りに行ったり、自宅の仏壇に手を合わせ先祖や故人の事を考える時間とされた方が良いと考えられます。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

初詣は近くの寺社にいくべき?有名さが重要?縁起が良いのはどちらか

初詣は近くの寺社にいくべき?有名さが重要?縁起が良いのはどちらか

初詣にどこに行くべきか悩んでしまう人は多く、改めて考えてしまう時もあります。。有名な神社やお寺に行きたくても人ごみが苦手と言う人や、並んででもおまいりしたい人など、考え方も人それぞれです。しかし、縁起の面で考えればまた違った見方をすることができ、由来を知ることが認識を変えるポイントにもなるのです。
ゴマさん | 18 view
初詣は神様へのご挨拶!運気を上げる初詣の礼儀と文化をご紹介

初詣は神様へのご挨拶!運気を上げる初詣の礼儀と文化をご紹介

日本人に最もなじみのあるゲン担ぎと言えば新年の初詣です。多い年ではなんと国民の4人に3人が参加する国民的行事です。そんななじみ深い初詣ですが、意外と知らない礼儀作法があります。今回は運気を上げるためにぜひ行いたい初詣の礼儀と神社の文化をご紹介します。
スナフキン | 14 view
初詣に行くタイミングをこだわろう

初詣に行くタイミングをこだわろう

新しい年になったら神社に行って初詣に行こうという人は昔も今も多いです。ですが、初詣に行く人も今と昔では若干違っている事があります。それは何かというと初詣に行くタイミングにこだわる人が昔よりも今の方が多くなっているというのがあります。
るるる | 21 view
去年一年のご利益に感謝をして、失礼のない参拝を

去年一年のご利益に感謝をして、失礼のない参拝を

お正月になると普段信心深くない人でも、神社仏閣を訪れることが多いのでないでしょうか。去年一年の健康や安全に感謝をしるのは、新しい一年を迎える上で大事なことです。気持ちを切り替えて過ごしていくためにも、忘れてしまいがちな初詣の作法を紹介していきます。
neko | 6 view
縁起のよい御札の処分の仕方。初詣の時は古いお札も持参!

縁起のよい御札の処分の仕方。初詣の時は古いお札も持参!

神社や御札などで頂いた御札の処分の仕方をご存知でしょうか。一番簡単な方法は、初詣の時にその処分したい古い御札を持って行くことです。通常は古札回収所が設けられているので、そこに返納すればよいでしょう。また、どんど焼きでお焚き上げしてもらうという方法もあります。
綺羅星 | 115 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

くっきー くっきー