2017年3月16日 更新

【開運】金運アップのご利益が期待できる画像特集!

金運アップのために、縁起物アイテムを取り入れ部屋に飾ったり、持ち歩いたりする人は多くいます。それだけでなく、携帯の待ち受け画面を金運アップにご利益があるとされる画像に変える人もいます。安く手軽にできるため、金運アップを目指す人は取り入れやすいです。金運アップの画像をまとめました。

196 view お気に入り 0

風水では金色が金運アップに効果的

風水では、金色は金運アップに効果的とされています。
中国では風水はとても重要視されていて、風水を活用する人が多いようです。
普段はあまり気にすることのない風水ですが、少しでも開運を望むのであれば
利用頻度の高いPCや、スマホの壁紙に風水を取り入れてみてはいかがでしょうか?

金色の縁起物

人間が得る情報量の約8割は視覚からの情報が占めています。風水においても運気は視覚から受け取るということですからその影響力はバカにはできません。PCの壁紙やスマホの待ち受け画像は一日のうちで見る頻度も多く一番視覚に入ってくるものですから、それを利用するということは大変効果的ですし、理にかなっていると言えます。これを使わない手はありませんよね。

金の金魚

Free photo: Goldfish, Fish, Animal - Free Image on Pixabay - 573684 (18900)

中国で金の金魚は金運アップにご利益があるといわれています。

金のライオン

Free photo: Lion, Mane, Hair, Fur, Cat - Free Image on Pixabay - 1987846 (18906)

黄金のライオンはお金が入ってくるといわれています。
ただし、効果を期待するがあまり年がら年中そのままにしておくのは、お勧めできません。
毎月第一金曜日は待ち受け画像を別の物へ変更し、効果を充電した方が良いそうです。

ゴールデンモンキー

Free photo: Monkey, Tamarin, Zoo, Animal, Wild - Free Image on Pixabay - 531458 (31460)

きれいな黄金の毛を持つ中国のお猿さんです。

金色の招き猫

Free photo: Maneki Neko, Waving Cat, Manekineko - Free Image on Pixabay - 453120 (18902)

28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【金運UP】別格の効果を誇る白蛇の財布についてのまとめ

【金運UP】別格の効果を誇る白蛇の財布についてのまとめ

開運、金運UPの財布は世の中にたくさん種類がありますが、その中でも今注目を集めているのが白蛇の財布です。 日本古来から白蛇は神の使いとして崇められてきました。 その白蛇にまつわる話、そして白蛇の財布についてまとめてみました。
78838 | 50 view
【待ち受け画像で開運】毎日見て恋愛運と全体運をUP

【待ち受け画像で開運】毎日見て恋愛運と全体運をUP

待ち受け画像は毎日見るものなので意識が高まりやすく、運気UPには非常に有効なツールです。待ち受け画像を変えただけで全体運をあげつつ、恋愛運もUPできたら最高ですよね。そこで今回は、様々な運気を上げる画像を紹介します♪
ゆうくん | 593 view
【健康運も金運も!】実はスゴイ豚さんパワーまとめ♡

【健康運も金運も!】実はスゴイ豚さんパワーまとめ♡

そのユーモラスで愛すべきルックスから、世界中で色々なキャラクターやモチーフに使われている豚。実は縁起が良い動物としても、大切にされています。今回は、豚さんが持つラッキーパワーに焦点を当て、さまざまな言い伝えや習慣などをまとめてみました♡
ランバス | 134 view
運気UP!古来から縁起がよいとされてきた動物をご紹介

運気UP!古来から縁起がよいとされてきた動物をご紹介

世界中には色々な動物が生息していますが、中には縁起が良いとされてきた動物も多くいます。 長生き、商売繁盛、金運上昇、出世運など、人間には計り知れない未知のパワーがあると考えらて、尊重されてきた動物についてご紹介いたします。 ぜひ参考にしてみてください。
ナンデス | 605 view
【運をかき込め!】縁起物の熊手にまつわるマメ知識

【運をかき込め!】縁起物の熊手にまつわるマメ知識

酉の市などでたくさんの熊手を見かけますね。運気を上げるためや商売を繁盛させるため、たくさんの人が縁起物として購入する熊手、その由来とは何でしょうか?また縁起熊手の買い方があるのを知っていますか?熊手にまつわるマメ知識をまとめました。
hiro | 84 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

koshian koshian