2017年3月2日 更新

縁起がいいちょっと変わったお守り袋を身につけよう♡

お守りといえば、神社やお寺の参詣で災厄から身を守るように、あるいはご利益があるようにと購入するものですが、最近はお守りの袋自体を売っているようです。また、購入するだけでなく自作するための本もあるとか。気になりませんか♡

411 view お気に入り 0

お守り袋のブーム!?

通常お守りは、お守り袋に入れられて購入するものですが、このところ外側の袋自体に注目が集まっていて、ムック本で自作する方法が出版されていたり、様々な可愛らしい柄のものが出ていたりします。
お守り袋というだけあって、どれもモチーフが縁起のいいものばかり!
ちょっと覗いてみましょう♡

本を参考にオンリーワンのお守り袋を作ってみる!

ムック本など参考になる本を利用すれば、手作りすることで購入するものとは違い世界でただ一つのお守り袋になります!
キュートなモチーフがたくさんあるようです♬

バリエーション豊富な写真付きの本が◎

 (31205)

さまざなカタチや素材で作られたお守り袋やその作り方など、初心者でも手軽に作製することができます♪
もちろん、本を参考に思考を凝らしてオリジナルなお守り袋を作ってもヨシ♡
本によってはかなり多彩なバリエーションの手作りお守り袋がとりあげられていたり、国内だけでなく海外の縁起がいいモチーフの説明つきのものや、ちょっと珍しいお守りを扱っている寺社などの紹介も載っていたりします。
手縫いで、縁起がいい素敵なお守り袋を作ってみましょう♡

安産のお守り『手作りのお守り袋と縁起モチーフ』ブティック社よりコウノトリ

 (29951)

☆コウノトリ☆
赤ちゃんを運ぶコウノトリをモチーフに、アップリケしました。ベースは、柔らかな雰囲気にしたくて、シートフェルトをチュールで覆ってみました。
コウノトリは、女の子用にピンク色を使いましたが、お好みの色で作ってみてくださいね。
先ほど紹介したムック本の中にある、安産のお守りです!
こうしてみると持っているだけで幸せな気分になって、無事いいお産ができそうです♡

お守り袋を購入する

お次は、作るのではなくて、購入するお守り袋の紹介です!
たくさんあるので迷っちゃいそうですね♡

古代裂御守袋(こだいぎれおまもりぶくろ)

 (29963)

27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

デザインが可愛い♪縁起物【お守り】の定義や種類!

デザインが可愛い♪縁起物【お守り】の定義や種類!

神社に行ったときについつい見てしまうのがお守りですよね。今は様々なお守りが売られていますが、その神社の神様にあやかったお守りの中には、一風変わったデザインでとても可愛いものがいっぱいあります。思わず目が行ってしまう可愛いお守りを紹介します。
confidence.m-0706 | 1,874 view
【厄年の方にも】家族や友達にあげたい縁起物の"獅子舞お守り"おすすめ4選♪

【厄年の方にも】家族や友達にあげたい縁起物の"獅子舞お守り"おすすめ4選♪

お正月やおめでたいときによく見る獅子舞。獅子舞に頭を噛まれると無病息災で過ごせると言われています。 そんな縁起物の獅子舞はお守りにもなっています♪獅子舞をかたどったものなど、かわいいものも多いのでプレゼントにもおすすめですよ!今回はおすすめの獅子舞のお守りを4つご紹介します。
みさと | 119 view
持ち歩きたい素敵な縁起物のお守り!

持ち歩きたい素敵な縁起物のお守り!

お守りといえば、毎日身につけて持ち歩くもので自分の身を守ってくれるものが多いですが、今回は良いことがあるように祈って作られた縁起物のお守りについて紹介します。仕事や恋愛など自分の悩みに合わせて縁起担ぎを行いたい方はお守りを購入してみてくださいね。
麻衣 | 136 view
神社で授与される縁起物の種類と飾り方について

神社で授与される縁起物の種類と飾り方について

正月や縁日に寺院や神社で授与される縁起物にはたくさんの種類があります。ひとまず飾ってはいるものの、それが正しいかどうかわからなくて不安だという方も多いと思います。今更聞けない、縁起物の意味と飾り方をご案内します。
うさぎちゃん | 83 view
開けてはいけないお守り袋の中身。気になるその内容とは?

開けてはいけないお守り袋の中身。気になるその内容とは?

「お守り袋の中には何が入っているんだろう?」小さなお守り袋を片手に考えたことはありませんか?「開けてはいけない」ということだけを知っているという方も多いでしょう。実際どういった物が入っているのかを理解し、更にお守り袋のありがたみを理解していきたいとも思います。
kirakira | 2,970 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ann ann