2016年4月6日 更新

【身代わり猿】病気・災難を身代わりに請け負ってくれるお守り

奈良市ならまち庚申堂の「身代わり猿」 は、青面金剛の使いである猿を型どったお守りのことです。病気・災難などを一身に身代わりで受けてくれるというもので、お土産としても人気が高まっています。そんな身代わり猿についてです。

2,957 view お気に入り 0

日経新聞掲載。 申年にちなんで人気が高まっている。

奈良市ならまちでは、民家や店舗の軒に赤い猿の縫いぐるみがつるされています。
真っ赤な体に白い腹帯、手足を括られてつるされたその人形は、身代わり猿(身代わり申)と言います。人の病気や災難などを身代わりに受けてくれるという厄除けのお守りです。

申年にちなんで、身代わり猿が奈良を訪れる観光客の間でも人気の高まりを見せているそうです。
以下のサイトでその内容が紹介されています。
ならまちや、身代わり猿を知る一助になればと思います。
奈良市ならまち 身代わり猿

奈良市ならまち 身代わり猿

身代わり申(奈良町資料館)が人気!

奈良で申といえば、ならまち庚申堂の「身代わり申」だ。
日本経済新聞のWebサイト(2015.12.30付)に

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO95678010Q5A231C1000000/)
《災い一身に、「身代わり申」人気 奈良》という記事が出ていた。 紹介すると、

「奈良市の旧市街地「ならまち」では、昔ながらの民家や店舗の軒先につるされた赤い猿の縫いぐるみが目につく。 「身代わり申(さる)」と呼ばれる厄よけで、2016年のさる年にちなんで人気が高まり、観光客も買い求めている。

真っ赤な体を丸め、頭と腹帯は白く、耳やしっぽはない。 手足を縛られた姿から「くくり申」という名前もある。 江戸時代前半に庶民の間で広まった「庚申(こうしん)信仰」で猿が神の使いとされ、災いが家の中に入らないようにとぶら下げるようになった。 家族の人数分を用意し、背中に願い事を書き入れることが多い。

奈良町資料館(奈良市西新屋町)が、1日当たり50個を布と綿から手縫いする。 全長約2~15センチの6種類。 館長の南哲朗さん(53)は「一つ一つ心を込めて作っている。『おかげで無事に過ごせた』という話を1年後にたくさん聞きたい」と話す。」

身代わり猿のルーツ。

 (11486)

シルクロードを渡ってやってきた猿!?

この身代り申、そのルーツは中国の敦煌にあるのでは?といわれています。 不思議なことに、敦煌石窟の祭壇で、身代わり申と同じ物がみつかっています。 中国では、猿は悪魔退散のお守りとして信じられているんです。 古代シルクロードの終着点として知られている奈良ですから、身代り申は、シルクロードを通って伝わってきたのかもしれません。
庚申信仰の歴史は古く、何と文武天皇(700年!)にまで遡ります。疫病が流行した際に、元興寺の高僧がご加護を祈っていると、青面金剛が現れて「汝の至誠に感じ悪病を払ってやる」と言って消え去ったのです。 それが1月7日で、この日は「庚申の年・庚申の月・庚申の日」に当たっていたため、この地に青面金剛を祀り、悪病を持ってくるという「三戸(さんし)の虫」を退治することを願ったのだとか。

この「三尸(さんし)の虫」というのも、なかなか個性的な輩で、「コンニャク」と「猿」が大嫌いなのだとか(猿が仲間と毛づくろいする姿が「三尸の虫」退治しているように見えるため)。
そこで悪病や災難を遠ざけるためのおまじないとして、家の軒先に「身代わり猿」を吊るすという風習が生まれたのだそうです。
毎年3月と11月に庚申堂(こうじんどう)で「庚申まつり」が開催され、そこでこんにゃくと大根の田楽がふるまわれます。

「庚申信仰」とは。

 (11490)

庚申堂は奈良の人の間では「庚申さん」と親しみを込めて呼ばれている「青面金剛」をお祀りする祠で、奈良町の庚申信仰の中心です。

庚申信仰とは諸説がありますが中国の道教思想と日本の仏教、神道、医術が合わさった複合信仰のことです。 また、お祀りされている「青面金剛」は人の体内にいて60日に一度、その人が犯した悪事を天帝へ報告する「三巳(さんし)の虫」を抑える神のことです。

庚申堂には、ならまちでお馴染みの「身代わり猿」が数多くぶら下げられています。 「身代わり猿」は青面金剛のお使いの猿をかたどった魔除けで、災いを代わりに受けてくれることから「身変わり猿」と呼ばれています。
庚申信仰【こうしんしんこう】

庚申の日に徹夜して眠らず,身を慎めば長生できるという信仰。
十干十二支の一つ庚申の日の禁忌を中心とする信仰。中国では道教の説で,庚申の夜睡眠中に体内の三尸虫(さんしちゅう)が逃げ出してその人の罪を天帝に告げるといい,虫が逃げぬよう徹夜する風習があった。
庚申堂は青面金剛をお祀りする祠で、青面金剛明王とも呼ばれる夜叉神です。
「身代わり猿」は、その青面金剛のお使いをしている猿を型どったもので、
代わりに災いを受けてくれる魔除けのお守りなのです。

「庚申待」の風習とは。

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【厄年の方にも】家族や友達にあげたい縁起物の"獅子舞お守り"おすすめ4選♪

【厄年の方にも】家族や友達にあげたい縁起物の"獅子舞お守り"おすすめ4選♪

お正月やおめでたいときによく見る獅子舞。獅子舞に頭を噛まれると無病息災で過ごせると言われています。 そんな縁起物の獅子舞はお守りにもなっています♪獅子舞をかたどったものなど、かわいいものも多いのでプレゼントにもおすすめですよ!今回はおすすめの獅子舞のお守りを4つご紹介します。
みさと | 70 view
持ち歩きたい素敵な縁起物のお守り!

持ち歩きたい素敵な縁起物のお守り!

お守りといえば、毎日身につけて持ち歩くもので自分の身を守ってくれるものが多いですが、今回は良いことがあるように祈って作られた縁起物のお守りについて紹介します。仕事や恋愛など自分の悩みに合わせて縁起担ぎを行いたい方はお守りを購入してみてくださいね。
麻衣 | 97 view
これであなたもハッピーに!おススメ良縁地蔵待ち受け

これであなたもハッピーに!おススメ良縁地蔵待ち受け

良縁のご利益があるとされ、人気パワースポットとなっている鎌倉の長谷寺。今回は、長谷寺の紹介を兼ねておススメの良縁地蔵の待ち受けをご紹介していきます。毎日眺めて和むもよし、良縁を願うもよし!あなたの心にそっと寄り添う1枚が見つかりますように。
2525sanatan | 1,947 view
お守りの紐の結び方は色々あります!縁起の良い結び方も♪

お守りの紐の結び方は色々あります!縁起の良い結び方も♪

神社で授与して頂くことができるお守り。ご利益を期待して、肌身離さず身に付けている方も多いでしょう。 そんなお守り、ほとんどのものに白い紐がくくり付けられていますよね。その紐の結び方によって、意味合いが変わってくることはご存知でしょうか?今回は、お守りの紐の色々な結び方について調べてみました。
しとしと | 3,725 view
開けてはいけないお守り袋の中身。気になるその内容とは?

開けてはいけないお守り袋の中身。気になるその内容とは?

「お守り袋の中には何が入っているんだろう?」小さなお守り袋を片手に考えたことはありませんか?「開けてはいけない」ということだけを知っているという方も多いでしょう。実際どういった物が入っているのかを理解し、更にお守り袋のありがたみを理解していきたいとも思います。
kirakira | 2,067 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

うさこ うさこ