2016年4月7日 更新

お正月だ!凧あげしよう!【凧】も実は縁起物なんです!

小さい頃凧あげをした事があるという方は多いのではないでしょうか?私は自分で作ってあげておりました。空と優雅に飛ぶ凧はとてもすがすがしく楽しそうです。そんな縁起のいい凧について由来や種類を調べてみました。

2,292 view お気に入り 0

お正月といえば、凧あげ!

実家や現在の自宅の近くに大きな河川や海岸があった場合、
日曜日には子どもと凧あげをする方もいらっしゃると思います。
ビニールが破けないように割り箸で自分流に補強したり、
どっちの凧が高く美しくあげられるかを競ったりと楽しい遊びですよね。
私の場合は一本100メートルの凧糸を38本付けて、富士山よりも高く揚げることを目標に子どもの頃、
よく親と凧揚げをしに行った覚えがあります。

凧あげの由来

 (11011)

凧揚げは、独楽まわしとともに正月の男の子の代表的な遊びでした。
もともとは、年の初めに両親が男子の出生を祝い、その無事な成長を祈る儀礼として行われていたものです。
また、子ども自身にとっても、願いごとを凧に乗せて天に届けるという意味もあったのです。
凧は平安時代に中国から伝わりましたが、一般庶民のあいだで盛んになったのは江戸時代のことで、全国各地にさまざまな凧が生まれました。
凧の呼び方も地方によって異なり、東京では「たこ」、閑西では「いか」、長崎では「はた」、東北では「てんぐばた」、群馬や長野では 「たか」、中国地方では「たつ」などと言われます。
凧をお正月に揚げる理由は、
「立春の季に空に向くは養生の一つ」
(=暦の上で春がはじまる2月4日立春。そろそろ外で空を見上げると健康に良い)

という言葉から、転じてお正月に凧揚げが行われるようになりました。

明治初期までは、
関東の方言では「タコ」
関西では「イカ」と呼ばれていました。

ちなみに海外では、英語でトビ、フランス語でクワガタ、スペイン語で彗星など、基本的に「空を飛ぶ何か」が名付けられる中で、日本のように水中の生き物が名付けられているのは珍しいようです。

一種の社会現象

 (11603)

凧は関東では「タコ」と呼ばれますが、関西ではしばしば
「いかのぼり」と呼ばれます。
しかし江戸時代初期までは関東でも
凧は「いかのぼり」と呼ばれていました。

その当時、人々は

凧が原因で喧嘩し、けが人や死者が出るほど

凧にのめりこみ、ついには

「いかのぼり禁止令」が出ました。

そこで、禁止令の隙間をつくように、
「タコ」という名に変わったと言われています。

ちなみに、江戸城に火のついた凧が落ち、
直接幕府が被害を受けたという話もあるので、

幕府からしたら大変な社会現象だったのでしょう。
 (11070)

いかのぼり禁止令が江戸の町に出てましたが、いかのぼりを辞める人が減ることはなかったそうです。

その大きな理由としては、いかのぼり流行の時は
関東の人も関西の人と同じようにタコの事をイカと呼んでましたが、
イカが駄目ならタコはどうだということで、
「私たちが揚げているのはイカではなくタコです」という屁理屈をして言い逃れしたそうです。

江戸時代の凧は四角いものが主流でしたが、後に奴凧(ヤッコダコ)というのが登場しました。
奴さんは身分の低い人間つまりは一般庶民のことですね。
殿に仕えてる者や自分よりも高い身分の人からの憂さ晴らしに調度いいとして、
江戸の町で流行したそうです。

縁起の良い凧

扇凧

 (11601)

扇だことは、扇の形をした和凧。

川越を中心とした武蔵野一帯で広く普及した和凧で、江戸時代末~明治初年にかけてつくられ初めたと言わています。
最盛期の明治時代には、なんと年間2万個が生産されていました。

扇だこの創始者は、現埼玉県富士見市上沢の大曽根龍蔵氏。
現在は4代目の大曽根力雄さんが、一つ一つ手作業でつくられています。

形が末広がりで縁起物としても。
18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お正月に飲む縁起物【大福茶】で新年をお祝いしよう♪

お正月に飲む縁起物【大福茶】で新年をお祝いしよう♪

「大福茶」は関西地方でお正月に飲まれる新年を祝うお茶です。大変縁起がいいものとされ、大福茶を飲めば邪気が払われ、新しい一年に幸福をもたらすとされています。全国的にはあまり知られていませんが、その謂れは古く、平安時代から続いている風習です。
kintuba | 1,912 view
大切なお正月の縁起物【お屠蘇】ってどんな飲み物?♪

大切なお正月の縁起物【お屠蘇】ってどんな飲み物?♪

お正月の定番と言えば、おせち料理はさることながら「お屠蘇」も忘れてはいけません。「お屠蘇」は体に良く、子どもでも微量ではありますが飲むこともあります。今回は、そんな縁起物「お屠蘇」についてご紹介します。
s16ak009 | 644 view
お正月の縁起物【門松】どれくらいの期間飾れば良いの?

お正月の縁起物【門松】どれくらいの期間飾れば良いの?

お正月に多くのお家の玄関には門松が飾られていますよね。門松は日本の大切な縁起物です。松竹梅や蘭、菊、千両・万両、南天、ひとつひとつに意味が込められています。ところで、門松はどれくり飾っていれば良いのでしょうか?
tktyan | 508 view
お正月に食べる【鏡餅】や正しい【鏡開き】の方法を伝授!

お正月に食べる【鏡餅】や正しい【鏡開き】の方法を伝授!

毎年クリスマスが終わるとスーパーやデパートで鏡餅がたくさん売られていますよね。お正月の縁起物「鏡餅」。その由来や飾りの意味、飾る際の正しい方向をご存知でしょうか。あと、「鏡開き」についても知っておきたいですね。
tktyan | 585 view
お正月に縁起物「おたふく」「おたふく豆」で福を呼ぼう♪

お正月に縁起物「おたふく」「おたふく豆」で福を呼ぼう♪

お正月に登場するおたふく。福笑いをやった事がある方も多いでしょう。おたふくは幸運をもたらす縁起物であることは分かっているものの、その実態を知る人は少ないはず。おたふくって一体何だろう?おたふくについて調べてみました。
tantoto2000 | 884 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

tktyan tktyan