2017年3月2日 更新

いろんな種類があります♪個性的で縁起がいいお守り6選♡

神社ではお守りを授与していただくことができます。お守りは持っているだけで安心するし、大切な方へプレゼントしてもとても喜ばれますよね♡今回のまとめでは、ちょっと変わった種類のお守りにスポットを当ててみました♪ぜひ参考にしてみて下さいね。

23 view お気に入り 0

個性的な見た目のお守り

お守りを肌身離さず身に着けていると、あらゆる厄災から守られ、運気が向上すると言われます。
せっかく持っているなら、普通とはちょっと違うインパクトがあるものがいいですよね!
見た目が珍しいお守りを見つけてきました♡

縁結び鈴蘭守り

 (30100)

「幸福が訪れる」という花言葉を持つ鈴蘭の純白の花をかたどったお守りは、縁結びのお守りの中でも特に人気があります。
鈴蘭を模した、可愛らしい縁結びのお守りです!
形がキュートで、思わず持ち歩きたくなりますね♡
恋に関する効果が大いに期待できそうなお守りです。

ペット守

 (30114)

肉球を模した御守です。青、赤色の二種類ございます。飼い主用とペット用二体セットになっています。片方はペットのリードに付け、もう片方は飼い主が根付としてお持ちください。
飼い主とペットがおそろいで持てる、ペットのお守りです!
肉球が可愛いくて、思わずキュンキュンしちゃいますね♡
こんなキュートなのにちゃんとした霊験あらたかなお守りなので、大切なペットにも安心してつけられますね♪

和合御守(なかよしまもり)一対

 (30122)

和合御守(なかよしまもり)は
男性用と女性用の
ペアでお頒ち致します。

ふたつの模様が、ぴったり合うのは世界で一つです!

いつまでも仲良く元気に
結ばれた御縁を
より深く!より強く!

恋人たちも、
お友達も、
ご夫婦も、
兄弟姉妹も、
ご家族も、
みんな揃って仲良く!
結ばれたご縁を、
さらに深めて下さい。

厄難を避け
健康と調和をもたらす
「麻の葉」の寄木模様は
3種(3色)ございますので
ご自身のお心に添った
模様をお選び下さい!

大事なものに結び
身に付けてお持ち下さい
いつまでもいつまでも、末永く仲良しでいられるように願いが込められるお守りです!
伝統工芸品として有名な寄木細工でできた巧みな柄が、他にはないインパクトを与えてくれます。

しっぺい 学業守

29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

これであなたもハッピーに!おススメ良縁地蔵待ち受け

これであなたもハッピーに!おススメ良縁地蔵待ち受け

良縁のご利益があるとされ、人気パワースポットとなっている鎌倉の長谷寺。今回は、長谷寺の紹介を兼ねておススメの良縁地蔵の待ち受けをご紹介していきます。毎日眺めて和むもよし、良縁を願うもよし!あなたの心にそっと寄り添う1枚が見つかりますように。
2525sanatan | 124 view
お守りの紐の結び方は色々あります!縁起の良い結び方も♪

お守りの紐の結び方は色々あります!縁起の良い結び方も♪

神社で授与して頂くことができるお守り。ご利益を期待して、肌身離さず身に付けている方も多いでしょう。 そんなお守り、ほとんどのものに白い紐がくくり付けられていますよね。その紐の結び方によって、意味合いが変わってくることはご存知でしょうか?今回は、お守りの紐の色々な結び方について調べてみました。
しとしと | 191 view
開けてはいけないお守り袋の中身。気になるその内容とは?

開けてはいけないお守り袋の中身。気になるその内容とは?

「お守り袋の中には何が入っているんだろう?」小さなお守り袋を片手に考えたことはありませんか?「開けてはいけない」ということだけを知っているという方も多いでしょう。実際どういった物が入っているのかを理解し、更にお守り袋のありがたみを理解していきたいとも思います。
kirakira | 294 view
効果を期待して。縁起担ぎと厄除けのお守りをご紹介

効果を期待して。縁起担ぎと厄除けのお守りをご紹介

厄除けのお守りは多く存在し、 お土産や贈り物などで手にされる方も多いですよね。 今回は神社などで購入するお守り袋などとは少し違い、古来より伝えられてきた逸話などが元にされている、厄除けや縁起を担ぐ『物』にフォーカスをおき、ご紹介いたします。
リボン | 37 view
思いを込めて。参考にしたい手作りお守りデザイン集

思いを込めて。参考にしたい手作りお守りデザイン集

お守りを手作りしてみたいという方は多いようです。自分で作るお守りは、祈願の内容や好みによって自由に作れるのが良いところですが、どんなデザインがいいのか迷ってしまいますよね。 色々なアイディアを参考にすると、イメージも湧きやすいですよ。
yuchiko | 92 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ann ann