2017年3月7日 更新

お正月とは違う?『小正月』って聞いたことありますか?

最近はあまり聞き慣れなくなった『小正月』という言葉。元旦に迎えるお正月とは異なるのか…?皆さんはこの小正月の意味をご存知でしょうか。今回は小正月の意味をひも解きながら、いまだ各地に残っている小正月の風習などを調べてみました。

23 view お気に入り 0

小正月って一体いつのことかご存知ですか?

1月15日までが小正月?

1月15日までが小正月?

元日を中心とした「正月(大正月・おおしょうがつ)」に対し、1月15日(厳密には14日の日没から15日の日没まで)を「小正月(こしょうがつ)」と言います。「月」を暦の基準にしていた大昔の日本では、「満月から次の満月まで」が一カ月でした。昔の人は満月をめでたいものの象徴としていたようで、一年で初めての満月の日を「正月」にしていました。これが「小正月」の起源です。
関西では、小正月までを松の内とします。
年神様や先祖を迎える行事を行う大正月に対して、小正月は家庭的な行事を行う正月で、盆と同様に大切な節目でした。
月を暦の起源としていた大昔までさかのぼる言葉だったようですね。
昔の人にとって漆黒の空に煌々と輝く満月は、とても美しくおめでたいものだったのでしょう。

女正月ともいわれるとか。どうしてでしょう?

 女正月は、1月15日のことを指し、この日で正月のすべての行事が終了します。この日は、女性たちが暮れのおせち料理作りから年始客の接待など、何かと忙しかった正月の疲れをとるための休息日とされています。
昔はお正月というと一族が集まってお祝いするため、客人をもてなしたり、その準備をするために女性は大変だったのでしょう。その労をねぎらったことからこういう呼び名がついたのですね。

それでは小正月に行われる行事にはどんなものがあるのでしょう

まず、小正月と関連が深い餅花ってどんなものなのでしょう?

Instagram (31428)

餅花(もちばな)とは、日本の一部地域で正月とくに小正月に、ヌルデ・エノキ・ヤナギなどの木に小さく切った餅や団子をさして飾るもの。東日本では「繭玉」(まゆだま)の形にする地域が多い。一年の五穀豊穣を祈願する予祝の意味をもつとされる。
農業が生活の中心であった昔の人にとって、年の初めに五穀豊穣を祝うのは自然の流れだったのですね。

1月15日に小豆粥を食べる風習も!

特に東日本の地域で1月15日の朝に小豆粥を食べる風習がまだ残っているようです。これは小豆の赤い色が邪気を払う力があると思われていたことから始まったようです。この小豆粥を使って、その年の天候や作物の豊凶を占うことも行われていたようですね。
Instagram (31435)

23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

小正月って何?意外と知らない行事ごとの意味について

小正月って何?意外と知らない行事ごとの意味について

みなさんは小正月とは何のことか知っていますか?小正月とは正月シーズンの行事の一つであり、地域によって様々なことが行われます。こういう行事ごとについて実は詳しく知らないという人も多いでしょう。そこで本稿では小正月の意味について解説します。
りんごっこ | 20 view
縁起のいいお正月の締めくくり。【小正月】ってどんな行事?

縁起のいいお正月の締めくくり。【小正月】ってどんな行事?

正月は新年を祝い、良い年になるように縁起の良いことをいっぱい行いますよね。しかし、実は1月15日の小正月こそ、お正月を締めくくる縁起の良い行事だったんです。小正月には一体何をすると良いのか、必見です!
toluckylucky | 203 view
作るのは大変だけれども、お正月はやっぱり用意したいおせち料理

作るのは大変だけれども、お正月はやっぱり用意したいおせち料理

お正月には当たり前のように食べていたおせち料理ですが、ライフスタイルの変化や核家族化の影響でおせち料理なしでお正月を迎える人も増えてきています。特に小家族の場合には作るのも大変という事情もありますが、それでも日本人なら食べたいと思うのがおせち料理です。
ゴマさん | 38 view
お正月の大人気レシピ!金色に輝く「栗100%」栗きんとんで一年の幸せを願う

お正月の大人気レシピ!金色に輝く「栗100%」栗きんとんで一年の幸せを願う

甘くておいしいおせち料理の定番、栗きんとん。実はとても縁起が良い食べ物だったのです!一年の始まりに食べたいその理由を大解説!さらに、一般的に知られている栗きんとん以外の「栗100%」栗きんとんが存在した⁉みんな大好き栗きんとんの秘密を解き明かします!
るるる | 48 view
最近あまり見なくなった正月の熊手

最近あまり見なくなった正月の熊手

昔から正月の縁起物というと色々ありますがその中でも今と昔でかなり変わった感じる縁起物があります。それは熊手です。若い人の中に熊手自体全く知らないという人もいるかもしれないです。それぐらい最近は熊手自体あまり正月で見かけなくなったという印象を受けます。
ゴマさん | 14 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cyucyu cyucyu