2016年4月12日 更新

着物や手ぬぐいの文様には意味がある!生活に取り入れよう♪

着物の華やかな柄の下にある文様という柄をご存知ですか?手ぬぐいなどでも使われています。それは実はただのデザインじゃないんです。文様は1つ1つに意味があります。縁起が良いものが多いのでぜひ生活に取り入れて、福を呼び込みましょう!

3,083 view お気に入り 0

そもそも文様ってなに?

 (3249)

文様とは、形、色、構成の全てを表すときにいいます。
紋様とは織地紋を、文様は染めたものををいいます。
模様とは図柄の構成を指し、柄は単一のモチーフのことをいいます。
和風の柄全てのことを指すようですね。
これから夏に向けて、浴衣を作られたり買われたりするとき、
また手ぬぐいなどを買われるときの指針と思ってご覧ください。

願う目的別で文様をご紹介

平穏無事を祈る(青海波)

 (3251)

波を扇状の形に描き表す幾何学模様で、
どこまでも広がる大海原に絶えず繰り返される穏やかな波のように、
平穏な暮らしがいつまでも続くようにという願いを込めた吉祥文様です。
青海波という名前は、源氏物語にも登場する
雅楽の舞曲の名前から付けられたとも言われています。
まずは全てに通ずるであろう平穏無事を表す文様を、ご紹介します。
この柄は他にも次々に生まれる波を幸せに例えて、
何度起こっても幸せなこと(お子さんがたくさん授かるように...etc)を祈る意味でも使われます。
どんな願いを叶えるにも、根本には平穏無事な毎日があってこそです。

金銭的なゆとりが欲しい(宝尽し)

 (3252)

吉祥文様のひとつで、宝物を集めた文様です。
如意宝珠(願いのかなう宝のたま)、宝やく(かぎ)、打ち出の小槌、金嚢(きんのう、金銭を入れる袋)、隠れ蓑(かくれみの)、隠れ笠、丁子(ちょうじ)、宝剣、宝輪、法螺などを散らします。
福徳を招く文様として喜ばれ、祝儀のきものや帯などによく用いられます。
宝尽しはお宝に関わる柄が合わさった柄です。
書かれている柄1つ1つにも意味があり、とてもおめでたい柄です。

幸福に満ち溢れ、お金に困らないように(金魚)

 (9904)

金魚は幸福と豊かさの象徴と言われ、両方の意味を持ちます。
また、中国では「魚」と「余」が同じ読み・音である事から

金魚=金余

にかけて、「お金が余る」という事で金運・縁起物という意味もあります。
土佐錦などの尾が広がる柄は末広がりで縁起良く見えますし、
コロコロとした見た目は大変可愛いものです。夏の時期に金魚をみると大変風情がありますよね。

前に進み続ける力をくれる(トンボ)

 (9905)

24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

女性にとって大切な風習、針供養。その由来と意味を知ろう

女性にとって大切な風習、針供養。その由来と意味を知ろう

「針供養」をご存知でしょうか。若い方には聞きなれない言葉かもしれませんが、針供養は江戸時代から続く由緒ある風習です。今回は、針供養の由来や、そこに込められた意味についてまとめてみました。針一本にも感謝の気持ちを忘れない、日本人の物を大切にする優しさを感じることが出来ます。
くるる | 40 view
着物の柄に込められた縁起★晴れの日に着たい訪問着♪

着物の柄に込められた縁起★晴れの日に着たい訪問着♪

結婚式や七五三などのお慶びの日に相応しい着物と言えば、「訪問着」ですよね♪せっかく和装で出席するなら、縁起の良い柄にこだわってみてはいかがでしょうか?日本の民族衣装である着物には、縁起の良い和柄がいっぱいなんです!
福猿0224 | 291 view
【着物の柄にも縁起が!】着物選びに困ったら柄に注目♪

【着物の柄にも縁起が!】着物選びに困ったら柄に注目♪

七五三や卒業式、成人式や結婚式など、少ないながらも着物を着る機会もありますね。着物は色やデザイン重視で選んでいませんか?実は着物の柄に縁起物が使われていることが多いんです。色やデザインだけでなく、縁起物の柄について知っておきましょう。
smiling_N | 5,678 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

confidence.m-0706 confidence.m-0706