お喜びの心を込めて♪縁起のよいお土産セレクション!

 

 

結婚式や出産祝いなど、慶事に手土産を用意するなら、縁起のよいお土産が喜ばれますよね。親類や仕事関係はもちろん、親しい友人であれば尚更でしょう。そこで今回は、贈って喜ばれる縁起のよいお土産についてまとめてみました。そこには、日本人の心情が込められていたんです!

◆縁起菓子その①:福寿堂秀信の福ふくべ

名物縁起菓「福ふくべ」 | 帝塚山本店限定 | | 福壽堂秀信 オンラインショップ (18290)

帝塚山本店限定販売の名物縁起菓「福ふくべ」は、
本店では、毎月29日を「ふくの日」として、その前後3日間(28・29・30日)だけ限定販売いたしております。(2月は8・9・10日の販売となります。)

瓢箪は古来「福もの」の一つとして、不老長寿の仙界を内に秘めた、おめでたい縁起物とされてきました。
世の悪気邪気を無限に吸い込んで、世界に幸せをもたらし、
また下ぶくれの姿も、末に栄えるおめでたい形といわれます。

その瓢箪の形をかりた縁起のよいお饅頭(焼菓子)には、
五つそれぞれに吉祥五色の帯(煉切製)をかけ、十勝産小豆で作った漉し餡を包んでいます。

さらにお福分けとして、本店ギャラリーでお馴染みの弊店オリジナル和硝子細工「福福ひょうたん」根付を添えています。
お饅頭と根付、合わせて六つの瓢箪は、六瓢つまり無病のおまじない。

豊臣秀吉が好んで集めたという話は、日本史の中でも有名な逸話となっています。
戦に勝利する度に瓢箪を増やしていた事から、必勝祈願のお守りとされてきました。
現在でも、受験や就職活動にご利益があるとされ、財布に入れておく人も多いとか・・。

◆縁起菓子その②:桃林堂の初笑

おいしいお取り寄せ・幸せのお菓子・縁起の良いお菓子や引き菓子、ブライダルプチギフトにぴったりなお菓子を紹介します (18293)

毎年12月20日ころから1月中旬まで発売される期間限定のお菓子です 笑う門には福来る。お正月からちょっぴり可愛くて笑みのこぼれる「ひょっとこ」「おかめ」のお菓子。中には白餡(こしあん)が入っています。皮は卵の味のする皮でおいしいです。お正月の手土産、お年賀にも最適です
笑いを福の神に例えた逸話は、古代史にも記述されています。
特に新年の初笑いには、その年1年を通して福をもたらすと信じられており、
故郷に帰省する時に持ち帰る人も多いとか・・。
毎年期間限定で発売されていますから、早めに予約しておきましょう♪

◆縁起菓子その③:諸江屋の福徳せんべい

福徳せんべい -- 落雁 諸江屋 (18301)

おめでたい福俵、打出の小槌、砂金袋をかたどった餅種を焼き、金を表す黄と銀を表す白に仕上げる。中に金沢の婚礼調度に用いられる土人形のミニチュアと、小型の金花糖を入れたところが妙味である。
明治以降、正月菓子として金沢の菓子屋がこぞって売り出したが、現在も扱っているのは諸江屋のみである。
福を呼ぶ事で知られているアイテムをモチーフにした、おめでたいお土産。
大切な人に手土産を用意するなら、心温まる縁起物が喜ばれます。

◆縁起菓子その④:三芳野のめでたい最中

三芳野 | 祝い菓子 (18304)

平安時代に書かれた七福神の恵比須さまが、鯛を小脇にかかえた姿から分かるように、
日本では古くから 鯛は祝いの席には欠かせない縁起のいい、最も格の高い魚とされています。
さて、めでたいという言葉の意味をご存知でしょうか?
めでたいの『めで』は『賞賛する』といった意味の『愛でる(めでる)』。
めでたいの『たい』は『甚だしい(はなはだしい-普通の程度をはるかに超えている)』
といった意味の『甚し(いたし)』。
つまり『めでたい』とは、『愛で甚し(めでいたし)』を 縮めて『めでたい』になり、
『賞賛する以外にないほど素晴らしい』という意味を持つ言葉になります。
当店のめでたい最中は、結婚式引出物、入学、就職、誕生祝、お祝い返しなど、おめでたい事に
お使い頂ける祝い菓子です。
披露宴や結納でも定番となっている鯛ですが、縁起を担いだ和菓子も不動の人気を誇っています。
お祝いの席に相応しいのはもちろん、鯛が持つ意味合いにも日本の心を感じますね。

◆縁起菓子その⑤:獅子柚子

縁起の良いお土産いただきました (18307)

画像にある「獅子柚子(鬼ゆず)」は縁起物としてお店などに飾られたりするのですが、獅子や鬼は邪悪なものを払うことからだそうです。また、実が大きいことから、実入りが大きい→千客万来の縁起物として扱われています。
昔から、日本の冬に欠かせないとされてきたのが柚子。
ビタミン不足の解消に役立つのはもちろん、湯船に浮かべて入浴すると風邪を引かない・・、
と言われている縁起物なんです。
特に、今回ご紹介した「獅子柚子」には、格別な意味合いが含まれており、お歳暮の品として
用いられる事も少なくありません。
ちなみに、邪気を払うという意味合いから、快気祝いに喜ばれる事でも知られています。

ピックアップ記事

  1. これで金運アップ!お守りを財布に入れるときの注意点や財布の扱いかた
    最近では、金運アップのために財布にお守りや縁起物を入れているという人も増えてきました。お守り…
  2. 恋愛運をアップするなら知っておきたい“縁結びのお守り”の持ちかた・選びかたを徹底解説!!
    「素敵な出会いがほしいなぁ…」「片思いしているあの人と結ばれたい.…」こんな思いで縁結びのお…
  3. 厄除けのお守りで1年を無事に!効果の出る持ちかたや扱いかたとは?
    今年は厄年で悪いことが起らないか不安だな。厄年ではないけど、これ以上悪いことが起こらないようにしたい…
PAGE TOP