会社繁栄や商売繁盛を願うための縁起の良いものとは?

 

 

会社やお店などの事業をスタートされる方への贈り物は縁起がよいとされるものを渡すのがベストです。では、会社繁栄、商売繁盛によさそうな縁起物にはいったいどんなものがあるのでしょうか。おススメのものをご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

福助さん

かわいらしいお人形の福助さん

かわいらしいお人形の福助さん

陶器や磁器で作られているものが多いようです。
福助さんの御利益

裃(かみしも)姿で末広(扇)を腰にさしたとても礼儀正しい福助さんはお客さんを呼び寄せると言われ、商店の店先などに置かれている事が多いですね。

また、願いが叶う願掛けの縁起物としても人気が高く、ご家庭の玄関などに置かれる事も多いようです。

愛らしい姿の福助さんは、お客さんを呼び寄せてくれるご利益があるといわれている縁起物。
猫や招き猫など、いろいろなバリエーションの福助さんもあるようですね。

縁起物の左馬

縁起物の左馬

人生をつまずくことなく過ごさせてくれるとされる縁起物の馬
家を新築した方や商売を始めた方への贈り物として重宝されている「馬」の字が逆さに書かれている「左馬」(ひだりうま)。もともとは天童で生まれた天童独自の将棋駒です。

この左馬には様々な縁起がかけられています。

・馬を逆さから読むと「まう」=「舞う」とおめでたい席を連想しますよね。

こうした理由から昔より左馬は「幸福を招く」駒と言われてきました。

・「馬」の字の下の部分がなんとなくお財布の巾着の形に似ていませんか。

きんちゃくは口がよく締まって入れたお金が逃げていかないとされ、富のシンボルとされています。

・人が馬を引いていきますが、その馬が逆になっている為「人を引いてくる」=「商売繁盛」に繋がるとされています。

馬は神の使いとされており、神聖な動物として扱われてきたのだそうです。
特に、左馬は商売繁盛や富のシンボルとされており、縁起がよいとされています。

熊手

福をつかむとされる熊手

福をつかむとされる熊手

商売繁盛の縁起物としておすすめ
福をがっちり「かき込む」、財を「掃き込む」、運を「わしづかみ」するといった縁起物として飾られる熊手。

もともと熊手は農具、掃除の道具として使われてきた日常品です。
熊手のかたちは鷲(ワシ)が獲物を捕らえる足の形に似ていることから、「運をわしづかみにする」といわれ、縁起物と考えられるようになりました。

このようないわれから日本では、幸運や金運を「かき集める」という意味を込めて、商売繁盛の縁起物として熊手を飾る習慣があります。

福をかき込む、財を掃き込む、運をわしづかみなど、熊手には縁起の良い意味がたくさん込められているのです。
酉の市に熊手を買うのが良いといわれています。

タヌキ

縁起が良いタヌキ

縁起が良いタヌキ

他を抜くという意味があり、開店・開業におすすめ
狸(タヌキ)のご利益
「他抜き」という語呂合わせから「人より抜きん出る」という願いが込められ、商売繁盛、開運、出世、招福、金運向上のご利益がある縁起物とされています。

縁起物タヌキは開店、開業、新築、引越しなどの際の招福の縁起物としてのギフトに贈られることが多いようです。

たぬきの名前の語呂合わせで、人より抜きん出るという縁起が良いとされているようです。
愛くるしいたぬきの姿も福を招いてくれそうですね。

招き猫

人を招いてくれる招き猫

人を招いてくれる招き猫

左手を挙げている招き猫がおすすめ
反対の左手があがっているものは、人を招くとされています。

人が寄ってくることから多くは商売繁盛にご利益があるとされ、お店に置かれている招き猫は、意味をご存知の場合はこちらの方が多いですね。
(これまた全然知らずに置いている場合は別ですヨ)

色は白、又は黒が多く見かけられます。

もちろん、両方置いてあるお店も結構みかけます。

ちなみに、最近では両手が上がっている招き猫もあります。
これはもちろん、金運・商売繁盛の両方にご利益があるとされています。
なんとも贅沢な招き猫ですよね!

ただし、実は商売を行う上ではあまり良くないとされています。

なぜなら、商売では両手を上げることを「バンザイ」という言い方をし、通常は破産や倒産を意味する言葉なのです。

会社繁栄、商売繁盛におすすめなのは、左手を上げている招き猫のようですね。
両手を挙げている招き猫は、避けたほうがよいかもしれません。

白い胡蝶蘭

根付くとされる鉢植えのものが縁起が良い

根付くとされる鉢植えのものが縁起が良い

会社のスタートの贈り物には、胡蝶蘭がおすすめ
定番は白い胡蝶蘭
植物を贈る場合は、その業界や地域に”根付く”という意味を込めて
鉢植えの花や植物を贈るのが良いとされます。
胡蝶蘭の花言葉、「幸福が飛んでくる」も商売繁盛、繁栄や発展につながり、
会社のスタートや節目の贈り物にとても向いています。

「赤」はNG
一方で、「赤字」を連想させる真紅の花や贈り物はタブーとされます。
胡蝶蘭を贈る場合も赤いラッピングは避けた方が良いでしょう。

縁起の良いお花を贈るなら、定番の胡蝶蘭がおすすめです。
見たい目も美しいですよね。
ただし、お花の色には注意が必要です。

青年の樹などの観葉植物

縁起が良いとされる植物

縁起が良いとされる植物

開店祝いには、観葉植物がおすすめ
次々と新芽を出す元気なその姿から「青年の樹」と言われる観葉植物で成長・発展のシンボル。
開店や開業などにとっても縁起良いと贈り物に人気でオススメの観葉植物です。
風水では成長・発展以外にも魔除け効果のある観葉植物。
観葉植物の中でも、特に、青年の樹、モンステラなどは、開店祝いなどのギフトとして人気が高いようですね。

ピックアップ記事

  1. 秋分の日と言えば、国民の祝日のひとつで春分と同じく昼と夜の長さが同じになる日だと言わ…
  2. 5月5日はこどもの日、端午の節句ですね。男の子の成長を祝い、願うこの日に、手作りのち…
  3. 夏一番の海の日、楽しみにしている人も多いと思います。海の日だからって海だけが出か…
PAGE TOP