【幸運の兆し】つばめが「巣」を作ると縁起がいい理由とは?

 

 

つばめはツバクラメ、ツバクロとも呼ばれ古くから親しまれてきました。そして、春になるとつばめがやってきてあちこちに巣を作り始めます。物語やことわざにも多く取り上げられ、つばめが巣を作ると縁起がいいと言われています。

つばめが巣を作る家はなぜ縁起がいいの?

ツバメの巣作りを防止する方法は?玄関やベランダの対策方法 | 見つけた (13859)

風水的に縁起がいい

ツバメは渡り鳥だから、色々な環境を察知するその鳥が、居心地の良い環境を選んで巣を作るわけだから、温度湿度的に考えてもいい家と言えるのではないか。

確かに自然の摂理に適った家は風水的にも良いみたいですし、総じて良い家として縁起がいいと言われます。

占い的に鬼門には彼らは作らないし、環境的に風邪通しがよい、外的から身を守れる(あるいは来ない)湿気の少ない場所。

祖母いわく。
賑やかで、いい気持ちの家にやってくる。
(福の神?)
風水と自然の摂理は適ってるから信じていいかも。

つばめが巣を作る場所が不思議と風水と通じていることから、縁起がいいと言われるようになったようです。
動物の本能ってすごいですね。

つばめは豊作をもたらしてくれる

ツバメは、昔より水田の稲の害虫を食べてくれる益鳥として とても大事にされてきました。

お米がたくさん取れることが裕福にくらせることにつながることから、

ツバメは縁起の良い鳥として言い伝えられてきたのだと思います。

古くから稲作が盛んな日本では、農作物に付く虫を食べてくれるつばめは大歓迎だったということですね。

つばめに関する縁起のいい言い伝え

 (13873)

つばめの言い伝えにはどんなものがあるのでしょうか。
つばめに関する縁起の良い言い伝えをまとめてみました。

つばめが巣を作る家は繁栄する

 (13870)

ツバメは人間に慣れていて、巣を作るのはその家の人を見て判断すると祖母から教わりました。
自分たちを守ってくれるから、その家またはお店を選ぶそうです。
ツバメが人目につきやすい所で営巣するのは、巣や卵や雛を、他の鳥の攻撃やヘビなどから守るためで、人間をガードマン代わりに利用しているためのようです。人がいつもいるところ、人の出入りが多いところでは、巣を奪うスズメや卵や雛を狙うカラスなどが近づかないことから、力の弱いツバメは人間の近くで営巣することによりその非力をカバーしていると考えられます。
つばめは安心して子育てをするために、その家の人をよく見ているそうです。
繁盛しているお店や家は自然と人の出入りが多く、
カラスなどの外敵から守ってくれる人が多いとつばめが判断し巣を作っているんだとか。
お客さんが少なくなると、つばめは自然と寄り付かなくなります。

つばめが巣を作る家は病人が出ない

元気な男の子のイラスト | 無料イラスト かわいいフリー素材集 いらすとや (13880)

清潔で、火事にならない・病人が出ない家=安全で運気の良い家の象徴。
つばめが巣を作る家は風水的にもパワーがあり、
日当たりも良いので病気になりにくい環境が整っているという意味合いがあります。

つばめが巣を作る家は火事にならない

リフォーム後のピカピカの家のイラスト | 無料イラスト かわいいフリー素材集 いらすとや (13883)

ツバメ」は火事を出す家には巣づくりしない。(秋田、山形、愛知、山口など)
(なので、「ツバメ」が巣をつくらなくなったら火事に気をつけるように、と言われる地方も
あるそうです。また、「ツバメ」を殺すと火事になる、とも言われています。
この言い伝えは、ツバメが巣をつくるような家の中をきちんとしている家なら、火事もおこらない、
といういましめの意味もあるようです。また、「火」と結びつけた言い伝えが多いのは、「ツバメ」の喉が赤いからだという説もあります)
福を呼ぶ、幸運を運んでくると大事にされているつばめですが、
本当に良いことがあるかどうかが気になりますね。
実際に縁起のいいことがあった方の実例をご紹介します。

実際に良いことが起きた人も

 (13888)

ベランダの角にツバメが巣を作り始めたな~と思ったら…

今まで一度も当たったことがなかった懸賞が4回続けて当たりました。
・ニット帽
・缶ビール24本
・ギフト券2万円分
・ホテルペア宿泊券

そして、極めつけは、私の妊娠で~す!!!

実家の玄関につばめが巣を作ってひなが誕生したのが1年半くらい前。「これってとても縁起が良いことで、その家が栄えたり子宝に恵まれるんだよね」と母。で、家の事業も俺の仕事も軌道に乗ってきて、来月俺に娘が誕生する。ツバメの巣、すげえ!
つばめは帰巣本能があるので、気に入った家には10年、20年と続けて巣を作るそうです。
巣を見つけたら大事にしてあげたいですね。

ピックアップ記事

  1. 秋分の日と言えば、国民の祝日のひとつで春分と同じく昼と夜の長さが同じになる日だと言わ…
  2. 5月5日はこどもの日、端午の節句ですね。男の子の成長を祝い、願うこの日に、手作りのち…
  3. 夏一番の海の日、楽しみにしている人も多いと思います。海の日だからって海だけが出か…
PAGE TOP