桃の節句!菱餅は食べますか?意味があるので知っておこう

 

 

桃の節句には、菱餅を食べる機会もあるでしょう。
毎年行われる行事ですが、何気なく菱餅を食べていて意味は知らないという方も多いのではないでしょうか。
普段食べる方も食べない方も、意味を知ることで菱餅や桃の節句について興味が湧くでしょう。

菱餅とは?

 (24264)

菱餅といえば現在は、緑、白、桃色と春らしいパステルカラーの3色が重なった菱型のお餅。
赤白緑の3色(地域によって違う)の餅を菱形に切って積み重ねた形状のういろうのようなお餅。
3月3日の桃の節句に雛人形を飾る際に、それと共に供える菱形の餅であり、桃の節句の行事食である。
菱餅とは、上から桃色、白、緑を積み重ねたお餅のことです。
緑と白と桃色が使われていることは知っていても、
どの色がどの順番に並んでいるのか、なかなか言えない方も多いでしょう。
この機会に覚えておきたいですね。
菱形の形をしていますが普段は長方形や丸型のお餅が多く、
桃の節句以外で菱形のお餅を食べる機会は少ないでしょう。

菱餅の色

 (24273)

赤は先祖を尊び、厄を祓い、健康を祝うためであり
桃の花をあらわしていて

白は菱の実を入れ、清浄を表し、残雪を模しているそう

緑は初めは母子草(ハハコグサ)の草餅であったが
『母子草をつく』と連想され、代わりに蓬を使い
春先に芽吹く蓬の新芽によって穢れを祓い、萌える若草を喩えた

桃色…解毒作用のある赤いクチナシの実が入る。赤は魔よけの色。
白……血圧を下げるひしの実が入り、子孫繁栄、長寿、純潔を願う。
緑……強い香りで厄よけ効果があるよもぎもち。健やかな成長を願う。
菱餅は上から、桃色、白、緑と積み重ねて作ります。
それぞれの色にも意味があることをご存知でしたか?
桃色は魔除けの色と言われています。
小豆など赤色は魔除けの意味があることと、神様が喜ぶ色とも言われているので、
菱餅も神様が守ってくれる縁起物だなと思わされます。
白色は子孫繁栄という意味もありますので、子沢山に恵まれますようにとお願いしても良いですね。
緑色は健康に育ちますようにとの意味があるので、元気に育って立派な大人になってくれるのではないでしょうか。
 (24282)

一番上:桃=桃の花
真ん中:白=雪の純白
一番下:緑=草萌える大地

春近い季節【雪の下には緑の草が息づき始め、溶けかかった雪の残る大地には桃の花が芽吹く】という季節感を盛り込んだ風情有る組み合わせとなっている様です。

また、この3色を重ねる順番で春の情景をあらわしています。
・下から緑・白・桃色の順番で、“雪の下には新芽が芽吹き、桃の花が咲いている”
・下から白・緑・桃色の順番で、“雪の中から新芽が芽吹き、桃の花が咲いている”
どちらの順番もあるので、おうちのひしもちをチェックしてみてね!
一般的に、上から桃色、白、緑の順番です。
しかし中には上から桃色、緑、白の順番に並べる菱餅もあります。
雪の下から新芽が芽吹いて桃の花が咲くか、雪の中から咲くかの違いですが、
どちらも頑張って新芽が咲こうとしているということが伝わってきます。
店頭等で菱餅を見たら、どちらの順番になっているのか見てみてください。
それぞれ見つけることが出来たら良いですね。

ヒシの実

 (24287)

ひな人形の飾りに欠かせない菱餅。菱餅は湖沼に生息する水草ヒシを由来とします。ヒシは非常に強い繁殖力を持つ植物です。水の底に沈む種から芽を出し、茎は水面まで伸び続きます。葉は空気を含み、浮き袋のように水面を覆い尽くします。花は白く、果実は菱形です。ヒシの実はさまざまな効能があり、インドでは幼い女児を救った植物として知られ、古くから縁起物として扱われていました。
菱餅を作る際には、ヒシが使われてきました。
滋養強壮や健胃効果があると言われていますし、デンプンも多く含んでいますので、
是非摂取したいですね。
また、インドで女児を救った植物としても知られていますので縁起物でもあります。
最近ヒシの実が使われていない菱餅もありますが、用意される際にはヒシの実が入っている菱餅を探してみてはいかがでしょうか。

なぜ菱形?

 (24294)

菱形という形も、陰陽道における女性を意味します。
(陽=男性、円形、天)(陰=女性、方形、地)
そもそも、ひな祭りの原型である流し雛自体、陰陽道ですしね。

ピックアップ記事

  1. あなたは座禅をしたことがありますか?サラリーマンの間では、朝活の一環として座禅を組むことが習…
  2. あなたは写仏を知っていますか?文字通り仏様の絵を描き写すことです。実は、この写仏が静…
  3. 写経は難しいと思っていませんか?写経は仏の道を極める修行の一つですが、実はそんなに難しいもの…
PAGE TOP