縁起の良い象徴♪鯉は「強さ」「勇気」「忍耐力」のシンボル

 

 

日本人にとって馴染みの深い生き物、鯉。見た目がとても鮮やかでおめでたい感じがしませんか?実は鯉は「滝昇り鯉」の古い伝説が象徴するように、強さ、勇気、忍耐のシンボルとして有名で、縁起の良い魚とされています。

鯉は縁起が良いと言われるのは何故?

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (11276)

【 鯉にまつわる伝説】

その昔、山西省、江西省の省境を流れる黄河の氾濫をくい止めた功績を認められた「う」は後に「夏」という国(この国は殷の前にできた国だから三千五百年以上も前の話)を建てたが、彼が治水した黄河の急タン(竜門)を遡った鯉が昇天し龍になったという伝説があります。 この伝説から後漢の終わりころ出世する関門を登竜門と呼ぶようになり、鯉は縁起の良い魚となりました。

「川魚の長」といわれる鯉は、日本人にとって昔からめでたい魚。 祝儀の席には必ず出たものでした。
鯉の別称を六々魚と言い、中国に「六々変じて九々鱗となる」という諺があります。 「中国大陸を流れる黄河は、その源を遠く崑崙山脈の奥に発し、積石山を経て竜門に至る。奔流すこぶる急で、鯉のみが見事竜門を登り、九々鱗つまり竜になるという」・・・有名な登竜門伝説のことです。

これが古くから日本にも伝えられ、鯉にあやかって男の子の節句に、鯉のぼりが立てられるようになりました。 また鯉は決して共食いしない習性も、日本では縁起ものとして重宝されている理由です。

鯉の起源は大変古く、鯉発祥の地の1つである中国の鯉が日本にもたらされたのが
紀元1世紀頃と言われています。
その後、鯉は日本人独特の感性をもって独自の文化を築いてきました。
日本人と鯉の関係にはとても長い歴史があるのです。

日本書紀には、景行天皇が鯉を池に放ち鑑賞していたという記述があります。
また、江戸時代には男の子の出世を願って、端午の節句に「こいのぼり」を空に泳がせていました。
絵画や神話、ことわざにも鯉は数多く登場しており、日本人が鯉をこよなく愛してきたことがわかります。

今からおよそ200年前に新潟県で生まれた、日本の名産「錦鯉」は、
現在ではアメリカやヨーロッパ各国、およびアジア諸国へ輸出され、
世界中で愛好家を増やし続けています。

鯉を表すことわざ。

 (11282)

●鯉の滝登り
鯉は激流をさかのぼりあらゆる障害を克服できる魚と信じられています。 大きな目的を成し遂げる強さと勇気、忍耐力を備え持つもののシンボルとされています。 中国に古くから伝わる登龍門の神話に1匹の鯉が急流の激しい川を挫折しながらも泳いでいき、難所の龍門という急流の滝を登り切った時に霊力が宿り、鯉は龍となり天へ昇っていったという、中国に古くから伝わる登龍門の神話に由来することわざです。
●俎上(まないた)の鯉 (そじょうのこい)
俎上の魚とは、相手の思うがままにするよりしかたない、逃げ場のない状態にある者のたとえ。
まな板の上に載せられ、じっと料理されるのを待つしかない運命におかれた魚の意味から。
「俎」は「まな板」のこと。
●鯉のー跳ね (こいのひとはね)
諦めがいいこと。潔いこと。捕らえられた鯉は一度跳ねるだけで、あとはじたばたしないという意から。
●麦飯で鯉を釣る(むぎめしでこいをつる)
わずかな元手で大きな利益を得ることのたとえ。海老(えび)で鯛(たい)を釣る。
●鯉が躍れば泥鯖(どじょう)も躍る
鯉の跳ねるのを見て、泥鯖もその真似をするという意で、分不相応なものが、優れた人の真似をすることをたとえていいます。

端午の節句に「鯉のぼり」を飾るのはなぜ?

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (11292)

◆わが家に男児が誕生したと天の神に告げ、「この子を守ってやって下さい」と守護を願って目印にしたものが鯉のぼりです。

・「鯉が竜門の滝を登ると竜となって天をかける」という中国の故事があります。
「登竜門」という「男児の成長と出世を願う」言葉になりました。

・もともと鯉は、清流だけでなく、池でも沼でも生きられる生命力の強い魚です。
この中国の伝説から、鯉のぼりは環境の良し悪しにかかわらず、立派に成長し、立身出世するように願って飾られるようになったとも言われています。

・江戸時代、武家にに男の子ができたら玄関の前に馬印やのぼりを立てて祝う風習がありました。
それが一般にも広まってのぼりを立てるようになり、庶民によって鯉のぼりが考案されました。

・ 鯉のぼりは町人の家庭でよくあげられるようになったと言われています。

・登竜門の話を<鯉のぼり>という形で、青空を泳がせるという発想は、世界に類を見ない日本人独特の感性です。

◆吹流しと鯉のぼりの関係は?

・端午の節句に、武家が旗指物や吹流しを飾ったのに対抗して、町家が鯉のぼりを掲げたとの説もあります。

・黒の真鯉がお父さん、赤い緋鯉がお母さん、青や緑は子供たち。

・五色の吹流しは、幼子の無事な成長を願って「魔よけ」の意味で飾られました。
カラカラと回る矢車も同様な意味をもっています。吹流しは家を象徴しているとも考えられます。

美しく人懐っこい「錦鯉」は、世界中で人気の観賞魚。

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (11296)

●伝統ある観賞魚

錦鯉が新潟県で生まれたのは今からおよそ200年前の、江戸後期とされています。 その後、盛んに品種改良が行われ、大正時代に開かれた東京大正博覧会(1914年)で新潟の「変わり鯉」として出品されたことから、全国に知れ渡ることとなりました。

当初は「色鯉」「花鯉」などと呼ばれていましたが、第二次世界大戦中に「錦鯉」と呼ばれるようになり、この名が定着しています。「国魚」という言葉は、国を代表する観賞魚、名産といった意味を込め、1968年の第一回全日本総合錦鯉品評会でつけられたものです。

●平和主義者 / よく馴れる魚

観賞魚にはいろいろな気質の魚がいますが、錦鯉の性格は温厚です。 他の魚と争うことはほとんどありません。 気まぐれに群れながら泳ぐその様子から、飼育者がストレスを感じることはないでしょう。
たいへんよく人に馴れ、人が近づくと水面から顔を出して餌をねだったりします。 美しい色彩もさることながら、「ペットフィッシュ」としてとても優れた資質を持つ魚なのです。

●世界中で人気者

日本の名産である錦鯉ですが、昭和30年代から海外への輸出が盛んになり、現在ではアメリカ、ヨーロッパ各国、アジア各国など世界中で愛好されています。 また、日本で開かれる大きな品評会では海外の愛好家、取材班も目に付きます。

錦鯉は、新潟県長岡市の棚田の上の方に作られた池で、突然変異で生まれました。
池で飼われていた鯉の中に、ある日突然美しい色模様の鯉が生まれたのです。
後に世界中で人気を博すことになる錦鯉のルーツです。
人々が最初は食用で飼っていた鯉は、次第に観賞魚として飼育されるようになり現在に至っています。

ピックアップ記事

  1. あなたは座禅をしたことがありますか?サラリーマンの間では、朝活の一環として座禅を組むことが習…
  2. あなたは写仏を知っていますか?文字通り仏様の絵を描き写すことです。実は、この写仏が静…
  3. 写経は難しいと思っていませんか?写経は仏の道を極める修行の一つですが、実はそんなに難しいもの…
PAGE TOP