縁起の良いお賽銭はいくら?お賽銭の意味と入れ方は?

 

 

縁起の良いお賽銭っていくらか御存じですか?そもそも、縁起の良いお賽銭の金額が有ることも知らなかった方の為に、神社やお寺にお参りに行く時に、作法はもちろんのことお賽銭についても意味や縁起の良い相場を知っておくことでより一層のご利益を頂きたいものです。

縁起の良いお賽銭はいくらか御存じですか?

Free photo: Origami, Crane, Offertory Box - Free Image on Pixabay - 343818 (24896)

神社やお寺でお参りの時に欠かせないお賽銭ですが、お賽銭の意味や縁起の良いお賽銭の相場を知っている方は少ないのではないでしょうか?今回は、お賽銭にまつわる縁起の話や意味などを詳しくご紹介していきます。

お賽銭の意味

そもそもお賽銭は「お願いをきいてもらう」ものではなく、日々の感謝の気持ちを形にしたものです。

お賽銭は「お供えするんだ」という気持ちで丁寧に投げ入れ、まずは神様にしっかりと日々の感謝を捧げます。お願いごとがある場合は、その後にきいていただくようにしましょう。

お願事ではなく「感謝」が大事ということですね。お賽銭の意味を知るだけでも、今後お参りする時の気持ちが変わります。

お賽銭は投げ入れないこと

お賽銭の意味や起源には諸説があります。現在では神社にお参りすると、お賽銭箱に金銭でお供えしますが、このように金銭を供えることが一般的となったのは、そう古いことではありません。

もともと、御神前には海や山の幸が供えられました。その中でも特に米を白紙で巻いて包み「おひねり」としてお供えしました。

私たちは祖先の時代から豊かな自然に育まれ暮らし、秋になるとお米の稔りに感謝をして刈り入れた米を神様にお供えしました。こうした信仰にもとづき、米を「おひねり」としてお供えするようになったのです。しかし、貨幣の普及とともに米の代わりに、金銭も供えるようになりました。

そもそも米は、天照大御神がお授けになられた貴重なものとされ、人々はその大御恵(おおみめぐみ)を受け、豊かな生活を送ることができるよう祈ったのです。現在でも米をお供えする方もいますが、金銭をお供えすることも、この感謝の気持ちには変わりはありません。

お賽銭箱にお金を投げ入れるところをよく見かけますが、お供物を投げてお供えすることには、土地の神様に対するお供えや、祓いの意味があるともいわれています。しかし、自らの真心の表現としてお供えすることなので、箱に投げ入れる際には丁重な動作を心掛けたいものです。

お賽銭を投げ入れる方をよく見かけますが、これはしてはいけない行為なんですね。感謝の気持ちを込めてお賽銭箱に静かに入れましょう。

そもそもお賽銭とは?

賽銭(さいせん)とは、祈願成就のお礼として神や仏に奉納する金銭のこと[1]。元は金銭ではなく幣帛・米などを供えた[2]。
賽は「神から福を受けたのに感謝して祭る」の意味
元々は、お賽銭はお金ではなく「お供え物」だったんですね。お賽銭の意味を知れば知るほど、お賽銭をする時に感謝の気持ちが高まります。

縁起の良いお賽銭はいくら?

Free photo: Coins, Money, Currency, Specie - Free Image on Pixabay - 1637334 (24911)

5円(ご縁)、11円(いい縁)、20円(二重に縁)、25円(二重にご縁)、41円(始終いい縁)、45円(始終ご縁)
一円玉 ご縁がありますように
五円玉 ご縁がありますように※金額の詳細は下記
十円玉 遠縁(とおえん)という意。縁が遠のくので×
五十円玉 五重の縁
百円玉 100の縁
五百円玉 これ以上大きな硬貨(効果)なしなので×
千円札 ○
五千円札 ○
一万円札 ○
5円玉4枚で「よいご縁」の意味がありますが、中には『415円(よいごえん)』を使って、「良いご縁」をお願いする人もいます。
(さすがに全部5円玉で用意するわけではありませんが)

神社で毎回415円を使ってしまうと経済的ではありませんね^^;
「ここぞ!」という時に使ってみるのは良いかもしれません。

さらに、485円で「四方八方からご縁がありますように」という意味もあります。

縁起の良いお賽銭の金額にはいろいろな意味がありますね。神社やお寺のお賽銭箱は一つとは限らないので、どちらにしてもお参りのときに5円玉はたくさん持っていたほうが良さそうですね。しかし、お賽銭については金額が高ければ良いものでもないという話もあります。ご自分が丁度良いと思う金額を設定して、お賽銭を決めるのが一番です。

お賽銭であまり良くない金額は?

五円玉

五円玉

13枚(65円) ろくがご縁にあわない
15枚(75円)泣くようなご縁にあってしまう
17枚(85円)矢継ぎ早にご縁を受けられる
19枚(95円)苦しいご縁にあう

まとめ

縁起の良いお賽銭はいくら?やお賽銭意味などをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?神社やお寺にお参りに行く時には、お賽銭の意味や金額にも注目をして、お賽銭箱に投入するときはお供えする時の感謝の気持ちで静かに入れる事をお忘れなく!

ピックアップ記事

  1. 秋分の日と言えば、国民の祝日のひとつで春分と同じく昼と夜の長さが同じになる日だと言わ…
  2. 5月5日はこどもの日、端午の節句ですね。男の子の成長を祝い、願うこの日に、手作りのち…
  3. 夏一番の海の日、楽しみにしている人も多いと思います。海の日だからって海だけが出か…
PAGE TOP