粋な商売人♪縁起物【熊手】を売っている酉の市がおもしろい!

 

酉の市で売られている縁起物【熊手】。熊手はざくざく福をかき寄せるといって縁起のいいものなんです。その熊手は酉の市で売られ、その酉の市は粋でとても縁起のいいところだったんです。そんな熊手や酉の市について調べてみました。

酉の市ってご存知ですか?

 (1763)

元々は、関東地方に多く存在する鷲神社や酉の寺といった鳥にちなんだ寺社の年中行事として知られていましたが、現在は大阪や名古屋といった関東以外の地方でも開催されています。

酉の市で見掛けるのが縁起物をたくさんつけた熊手。

 (11906)

だるまや招き猫、小判、鯛と言ったあらゆる〝縁起物〟を飾った熊手。この熊手は、商売人にとって必須のアイテムとされ、昨年より大きな物を買って飾ると、商売がより繁盛されるとされ、年々大きさも飾りも大きくて派手なものを買っていく人もいるようです。
熊手に付いた縁起物や大きさなど、お店によってさまざまです。

有名なキャラクターの付いたかわいいものから、まさに縁起のいい昔ながらのものまで。

フィーリングも大切なようです。

これだって言うものを探しましょう。

落ち葉を「かき集める」道具の熊手が
商売人のしゃれとでもいうのでしょうか
「運をかき込む」「金銀をかき集める」道具として
次第に縁起物とみなされるようになりました。

それに伴って、実用性のある熊手から
宝船に乗った七福神、大判小判、松竹梅など様々な飾りが施され
「運をかっ込む」「福を掃きこむ」縁起物の熊手と変化し、現在に至っています。

「運を鷲づかみにする」
 この言葉になぞらえて、鷲の4本ある爪のうち
 3本を熊手の手に、1本を柄とした3本ツメの熊手が
 後々5本ツメになり「運をかっこむ」熊手守りになった。

熊手を購入するときのポイント。

 (11907)

まずは、
あなたのお気に入りの熊手を見つけましょう。

最初はなるべく小さいものを選んだ方がいいですよ。
最初から大きな熊手は買わないようにしましょうね。

「えっ!大は小を兼ねるんじゃないの?」

いえいえ、
熊手は 「福をかき込む」といわれ縁起をかつぐもの です。
1年後ごとに大きくしていくのが良いとされているのです。

なので、
前年よりも多くの福をかき込むように、
少しずつ大きなものに買い換えて行くのがいいんです。

予算があるからといっていきなり大きいものを買ってはいけないんですね。

少しずつ毎年大きくしていきましょう。

予算上、これ以上大きくは出来ない場合は同じ大きさのものでも大丈夫だそうです。

これが醍醐味!!酉の市での値引きバトル。

 (11908)

欲しい熊手が決まったら、いよいよ熊手屋さんとの商談開始です。

そうですねぇ~値引きバトルとでも言いましょうか。

押してもだめなら引いてみなっ♪
どれだけ値引いてもらえるか?は、あなたの腕しだい!?

うまく商談がまとまったら、熊手の代金をお支払いした他に
値引いてもらった分を「ご祝儀」として、熊手屋さんに渡します。

その後、商談成立の手締めをして、
家族や会社の弥栄えをお祈りします。

これが、江戸時代から続く「粋」な熊手の買い方です。

当時のお客様は、ご祝儀を出すことで
ちょっとした旦那衆(大名)気分を味わい
熊手屋さんは、ご祝儀を頂くことで儲かった気分を味わいました。

熊手屋さんとのかけ引きと共に
「粋な江戸っ子」気分を、充分に味わう事ができるのも酉の市の醍醐味です。

縁起物の熊手は願いや夢を込めて買うものです。
値切るとその分、
あなたの願いや夢を小さく見積もったことになるそうです。

だから、
買った(勝った)まけた(負けた)と言い交わして商談を楽しんだ後、

あなたはご祝儀を出してちょっとしたお大尽気分を味わい、
熊手屋さんはご祝儀を頂いてより儲かった気分を味わうのです。
とにかくケチな買い方はご法度なんです。

これは面白そうですね。

縁起物を値切るなんて・・・!と思いましたが、値切るのは掛け合いを楽しむためで、当初の金額分支払い

おつりをご祝儀にするなんて、本当に粋です。

買うとしてもらえるかも?!手締め

熊手屋さんとの値引きバトルの上、値引き金額をご祝儀として渡して「よぉーっ!」と手締めするのが酉の市の“粋”な伝統だとされています。
とはいえ、値段の低い熊手では手締めをしてもらえないことも多いとか。五十嵐のご主人に伺ったところ「最近は、1万円くらいの熊手から手締めをすることが多いようですね」とのこと。1万円の熊手ということ、横幅30cmくらいが定番。
「毎年買いに来てくれる常連さんには、手締めをしてますよ」とご主人。熊手屋さんの常連になるなんて江戸っ子らしくてステキ、と思いえる人は数年がかりで酉の市に通ってみてはいかがでしょうか?
ちなみに、熊手屋さんによって手締めのかけ声やテンポが異なるので、常連になる前に気に入った手締めをする熊手屋さんを見つけるのもよいでしょう。
酉の市に行くと威勢のいい掛け声がそこかしこから聞こえてきます。

〈よぉー!!〉というあの声が手締めです。お店によって掛け声が違うんですね。

熊手にはいろいろな縁起物が付いてきます。福を招きたいと思い人には招き猫、

金運上昇を願うなら小判が多くついたものを、いつも笑顔で過ごしたい方はおかめの面がついたものが

お勧めです。

商売繁盛以外の福もざくざく熊手で掻きこんでいきましょう。

ピックアップ記事

  1. あなたは座禅をしたことがありますか?サラリーマンの間では、朝活の一環として座禅を組むことが習…
  2. あなたは写仏を知っていますか?文字通り仏様の絵を描き写すことです。実は、この写仏が静…
  3. 写経は難しいと思っていませんか?写経は仏の道を極める修行の一つですが、実はそんなに難しいもの…
PAGE TOP