【2017年版】破魔矢や熊手などの縁起物の正しい飾り方と置くべき方角

 

 

正月の縁起物として、初詣で気軽に購入できる破魔矢や熊手。しかし、これらの飾り方や置くべき方角を間違ってしまうと、逆に縁起が悪くなってしまう恐れも。そこで、2017年版の縁起物の正しい飾り方と置くべき方角をご紹介します。

まずは縁起物の意味をおさらい

 (33735)

「縁起がいい」というだけで、初詣のノリで購入しがちな破魔矢や熊手。
しかし、それらの意味をきちんと理解している人は少ないのではないでしょうか?
そこで、まずは縁起物として名高い、破魔矢と熊手の意味をおさらいしてみましょう。

♦破魔矢

「一年の幸運を射止める」という意味の縁起物であり、魔除けの意味も併せ持つ。

破魔矢の「ハマ」は「的」を意味し、「ハマ」が「破魔」に通ずることから、男の子の成長を祝う縁起物としても有名です。

また、家屋を新しく建てた際の上棟式で、棟の上に鬼門に向けて弓矢を立てておくという習慣がある地域もあるようです。

 (33734)

♦熊手

「福をかき集める」という意味の縁起物で、商売繁盛・開運招福としての意味も併せ持つ。
「前の年よりも大きな熊手を買って飾ると商売がより繁盛する」とされることから、サイズや飾り物のバリエーションが豊富なのも特徴です。
 (33733)

縁起物の飾り方とは?

 (33736)

神棚がある家の場合は、神棚に置くのがベスト。
神棚のない家であれば、大人の目線よりも上に飾るのがベターです。
破魔矢も熊手も、神様から授かる縁起物です。
そのため、「神様を見下ろす」ことにはならないように、飾る高さにも注意することが大切です。

破魔矢や熊手を置くべき方角とは?

破魔矢を上棟式で使う場合は、「鬼門に向ける」というルールがありますが、それ以外の場合は、「どの方角に向けてもOK」というのが一般的な考え方です。

しかしながら、熊手は「福をかき集める」とされ、破魔矢には「魔除け」の意味もあることから、それらの縁起物を玄関に飾る人が多いようです。

 (33739)

方角選びは願い事次第!

 (33743)

破魔矢の場合、「凶の方角」に向けることで悪い運気を避けるという考え方もあります。
その場合、2017年の凶方位は「卯の方角(東の方角)」になりますので、東向きに破魔矢を立てるのも効果が期待できるでしょう。
また、熊手の場合は、かき集めたい福がある方角に向けて飾るのもオススメの飾り方です。
例えば、受験生の場合は志望校の方角、自営業の場合はお客様がいる方角(お店の入り口)などです。

縁起物で幸運を引き寄せ!

これらの縁起物は、きちんとした場所に飾ったからと言って、確実な効果を必ず実感できるというものではありません。
しかし、やらないでいるよりも、できることはやっておいた方が、幸運は引き寄せられる感じがしませんか?

縁起物を飾ったら、日々の出来事に感謝して。
また、何事もなかった日には、無事に過ごせたことに感謝して。
縁起物で更なる幸運を引き寄せられるように、これらの飾り方をしっかりとマスターしておいてくださいね。

 (33744)

ピックアップ記事

  1. 宝くじを当てたいとは誰もが思うもの。でも、実際にはよく当たる人もいれば、まったく当たらない人もいます…
  2. お墓参りに出かける年中の行事と言えば、お彼岸やお盆が挙げられます。年2回あるお彼岸に、家族でお墓参り…
  3. お彼岸にお墓参りや法事に行く人は多いでしょう。そんなお彼岸にもマナーがあるのをご存知ですか?お彼岸に…
PAGE TOP