Loading...

日本文化体験がしたい!クラフト感覚で楽しめる提灯づくり&ほっこりお抹茶を味わいに「和空 下寺町」へ | 縁起物に関わる情報サイト「縁起物百科事典」

日本文化体験がしたい!クラフト感覚で楽しめる提灯づくり&ほっこりお抹茶を味わいに「和空 下寺町」へ

 

プロローグ:気分をリフレッシュさせるために、和風クラフトとプチ茶道体験に挑戦

仕事や家庭のことなどで忙しく過ごす日々。

ショッピングや美味しい食事をするために出かけたり、アウトドアを楽しんだりすることで気分転換をする人がたくさんいると思います。

最近は、リフレッシュする方法として、文化体験やクラフト体験にも注目が集まっているそうです。

私も何か、非日常的なことをして気分をリフレッシュさせたいと思い、提灯づくりに挑戦してみることに!

きっかけは、このwebページ

日本文化も好きですし、畳や木、お線香の香りがするような空間でちょっと癒されたいなと思いたちました。

どうやら一緒にお抹茶を点てることもできるようで、日本文化を感じられるクラフト体験と、癒しの空間を求めて、「和空 下寺町」に行ってみました。

提灯づくりの流れとポイント

大阪市内に、気軽に立ち寄れる和文化体験ができるスポットがあるという情報を聞きつけ、今回訪れたのが、大阪・四天王寺近くにある「和空下寺町」です。

和風モダンな外観のエントランスをくぐると受付があり、スタッフの方々が笑顔で迎えてくれました。

和空下寺町は、「縁起の宿」というコンセプトのもと、和文化体験もできる施設のため、多岐にわたるプランが用意されています。

座禅や、写経と写仏を組み合わせた「絵写経」に加え、ミニ掛け軸づくりの書道体験や提灯づくり、プチ茶道体験などさまざまです。

もちろん、提灯づくりは私も初めて。

提灯づくりとは一体どのようなことをするのか興味が湧き、スタッフの方にお話を伺いました。

すると、白地の提灯に、好きな文字や絵など自由に筆を入れることができ、その制作物を持ち帰ることができるとのこと!

「家の寝室に飾ったら、素敵かも…」

今まで挑戦したことがない作業であることに加え、オリジナル作品を作ることができる、クリエイティブな魅力を感じたので、体験してみることにしました。

さすがに、じゃばら状の提灯にいきなり筆を入れるのは、緊張するし、どのような文字を入れて良いのか迷っていたところ、スタッフの方が優しく声をかけてくれました。

漢字が書かれたサンプルをいくつか見せてもらい描く文字を決定。

提灯に筆を入れる前に、書道半紙を使って思う存分練習できると聞いて、一安心です。

書道は、幼少の頃に小学校の授業で体験したことがありましたが、長らく墨と筆を使う機会などなかったため、とても新鮮な気持ちになりました。

提灯に筆入れする文字を、ひたすら書道半紙で練習したら、白地の提灯に鉛筆で下書きをスタート。

提灯の真ん中にキレイに文字を収めるために、鉛筆でラフな線を入れていきます。

中心軸を意識しながら文字のバランスを取るのが、思いのほか難しく感じました。

スタッフの方が、丁寧にアドバイスしてくださり、下書きが完了。

そして、いよいよ筆を使って墨入れです!

和紙に勢いよく筆を入れてしまうとにじんでしまうため、まずは細い線でゆっくりと、鉛筆の下書きを塗っていく感じで進めていくことがポイント。

出来上がりを想像しながら、 バランスを取りながら文字を太らせていきます。

スタッフの方のサポートにより、スムーズに行うことができました。

完成品がこちら!

我ながら、上出来な作品を作ることができたので、大満足です。

提灯に何かを描くということは、平な紙に筆入れする作業とは全く異なるため、想像力が必要だと感じました。

また、バランスを意識したり、筆を進めながら修正を加えていったりするので、まさにアートです!

非日常的な作業だったので、最初は戸惑いながらも、スタッフの方の協力のもと、楽しく取り組むことができました。

楽しみながらも、真剣に物事に集中する時間を過ごすことができた点もポイントです。

提灯の中には、ペンライト式の器具を取り付けることができるので、もちろん明かりを灯すことができます。

照明器具も合わせ、箱に入れて持ち帰ることができました。

気軽にできるプチ茶道体験

提灯づくりのあとは、別室でお抹茶をいただくことに。

一般的な茶道体験は、専用の茶室で正座をして行われ、主に亭主(先生)に点ててもらった本格的なお抹茶を、お茶菓子などと一緒にいただきます。

その際、お点前や作法などについて学ぶことも。

敷居が高く、難しそうなイメージがありますが、和空下寺町では、プチ茶道体験をすることができます。

椅子とテーブルが用意されているので、正座が苦手な人でも安心!

完全セルフサービスのため、全くの初心者でも気軽にお抹茶を点て、味わえることが特長です。

相手を思いやる「おもてなし」の心や、日本独特の美意識である「侘び・寂び」の精神に基づいた日本古来の芸道であると言われている茶道。

茶道にはどのような道具が用いられるのかをはじめ、お抹茶の点て方、いただき方の基本を体感することができます。

堅苦しくない雰囲気の中で、自分のペースで行うことができたので、リラックスしながらお抹茶を点てることができました。

ほっと一息、ひとりの時間を楽しむことはもちろん、仲の良い友人と一緒に訪れたり、外国人の友人を連れて、日本的なティータイムを過ごしたりするのも良いのではないでしょうか。

大阪・下寺町とは

今回、提灯づくりとプチ茶道体験をするために伺ったのは、大阪の上町台地、和宗総本山四天王寺にほど近い場所にある「和空下寺町」です。

今もなお、聖徳太子ゆかりの地として知られる四天王寺周辺は、約80の寺院が集中する国内でも珍しい寺町です。

浄土宗開祖の法然上人が住んでいたと言われる一心寺などがあり、日本の仏教界において1つの聖地であったとも伝えられています。

下寺町は、日本の歴史に大きくゆかりのある、四天王寺をはじめ、愛染堂勝鬘院、安居天満宮、清水坂などが点在するエリアです。

この近辺は神社やお寺が本当に多いので、少しお散歩するだけでも歴史や日本文化を身近に感じることができますよ。

一方で、近年は、日本一高い高層ビル・あべのハルカスが視線の先に見え、近隣には、天王寺動物園や通天閣などがあり、エンターテインメント性をたっぷり堪能することも!

少し電車に乗ればキタの梅田エリアやミナミの難波エリアに出ることもでき、観光にも便利な立地。日々変化し続けるエリアとして、注目を集めています。

大坂・下寺町は、歴史や文化を感じることができる地域であることに加え、時代に合った進化を遂げる必見のスポットと言えるでしょう。

新世代型の「宿坊」和空下寺町

和空 下寺町は、聖徳太子ゆかりの地・四天王寺周辺に、和の癒しを現代に伝えるべく誕生しました。

座禅をはじめ、絵写経などの和文化体験はもちろん、精進料理をいただいたり、朝のお勤めに参加したりすることができます。

同施設では、日帰りでの日本文化体験だけでなく、充実した時間を過ごせる「1泊2食&修行体験付きプラン」なども用意されています。

他にも、「恋愛成就」のお部屋や「金運成就」のお部屋など「縁起」をコンセプトにしたプランもあります。

もちろん、今回の私のように、宿泊者以外でも和文化を体験することもOK。

今回、私がチャレンジした提灯づくりやプチ茶道体験の他にも、ミニ掛け軸づくりの書道体験なども用意されています。

地域に寄り添い、下寺町の活性化につながるよう、寺社や日本の歴史・文化が凝縮された「和の空間」として佇んでいる施設です。

「お香のかおりのハンドクリーム」や「写仏セット」など和風雑貨を取り扱うギフトコーナーも併設されているので、ぜひ覗いてみてください。

また、和空下寺町の受付では、「下寺町おさんぽマップ」が配布されているので、そのマップを利用して、周辺を散策し、大阪・下寺町をゆっくり歴史探訪するのもおすすめです。

周辺寺院や神社、縁起スポットの写真をいくつか

事前予約をすれば、周辺スポットを知り尽くすガイドによる歴史ツアーを楽しむこともできますよ。

和空下寺町を展開する「和空」グループ

和空下寺町は、新世代型の宿坊として、宿泊だけでなく、さまざまな体験ができる場としての役割も担っているため、宿泊者以外の人でも気軽に訪れることができる点が特長です。

和空下寺町を運営する「和空」は、お寺に宿泊するという、従来は敷居が高かったサービスを気軽に利用できる事業を手がけています。

奈良県生駒郡に「門前宿 和空法隆寺」、滋賀県大津市に「宿坊・和空 三井寺」も展開しているため、ぜひチェックしてみてくださいね。

和空

和文化体験やクラフト体験は気分転換に最適

今回、日本の歴史にゆかりのある地、大阪・下寺町を訪れ、和空下寺町で初めて提灯づくりとプチ茶道体験に挑戦しました。

まず思ったことは、アクセスの良い大阪の都心部に、宿坊兼寺社文化を体験できる施設があるなんて!という驚きです。

宿泊者以外でも、気軽に立ち寄り、和文化体験をすることができ、非日常的なことにチャレンジすることで、気分をリフレッシュさせることができます。

提灯づくりは、オリジナルのアート作品を制作するような感覚を味わえることに加え、墨や筆、和紙を使うことで、日本的なクラフトを楽しむことができることがポイントだと感じました。

どこにも売っていない、自分だけのオリジナルの提灯を作り、その制作物を持って帰ることができるので、誰かのことを想って制作し、プレゼントしてみるのも良いのではないでしょうか。

また、プチ茶道体験は、セルフサービスのため、全く堅苦しくなく、ちょっと茶道をかじってみるといった感覚で行うことができました。

とても気軽に日本文化を感じることができ、美味しいお抹茶とお茶菓子をいただいて、日々の疲れから解放されたような気がします。

今回は、お試し感覚でしたが、いつか機会があれば、専用の茶室で先生についてお点前や作法などについて学ぶ本格的な茶道体験もしてみたいと思いました。

クラフト体験とお茶の時間は、ひとりでも十分満喫することができますが、親しい友人と一緒に行っても楽しめること間違いないでしょう。

日常生活から少し抜け出して、普段はなかなかできないような体験をすることで、心身ともにリフレッシュすることができますよ。

みなさんも、ぜひ一度、訪れてみてください。

和空下寺町へのアクセス

【電車】
◆地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘」駅5番出口より徒歩約6分
◆地下鉄堺筋線「恵美須町」駅1-A出口より徒歩約6分
◆JR・地下鉄各線「天王寺」駅より徒歩約15分
◆あべの・上本町シャトルバス(松屋町筋経由)「下寺町二丁目(和空下寺町前)」下車すぐ
【自動車】
◆環状線方面よりお越しの場合:阪神高速1号環状線夕陽丘出口から約2分(620m)
◆松原方面よりお越しの場合:阪神高速14号松原線文の里出口から約9分(2.7km)

〒543-0076 大阪府大阪市天王寺区下寺町2丁目5-12
Tel:06-6775-7020(受付17:00~24:00)
Fax:06-6775-7030
Email:info@waqoo-pj.jp
Web:https://waqoo-shitadera.com/

絵写経

ピックアップ記事

  1. 絵画と額縁
    自宅に絵を飾るのなら、縁起のいい飾り方をしたいものです。そんな時は風水を取り入れることをおすすめしま…
  2. 招き猫とお金
    商売をしている人だけではなく、仕事をしている人も商売繁盛のグッズがあると何かと心強いものです。そこで…
  3. 贈り物
    「縁起物で運気を上げたい」「縁起の良いものを贈りたい」そんなときに、何を選べばいいのか迷いま…
PAGE TOP