古代奈良は日本酒発祥の地!?その理由と長屋王との関係を大調査!

 
日本酒樽

古代奈良は日本酒発祥の地と言われています。その証拠に奈良には日本酒にまつわる神社仏閣もたくさんあります。なぜ、奈良は日本酒発祥の地と言われているのでしょう。また、古代奈良の酒と関係が深いとされる長屋王についても解説します。

古代奈良は日本酒発祥の地

春日社の鹿
古代奈良は、日本酒発祥の地と言われています。なぜ、そのように言われるようになったのでしょうか。そこには確かな証拠がありました。古代奈良と日本酒の関係について解説します。

古事記や日本書紀に記述あり

古代奈良が日本酒発祥の地と言われるのは、古事記や日本書紀にそのような記述があるからです。

古事記や日本書紀には、日本をつくったとされる神様がたくさん登場します。そのお話の中に、「神様が日本を治めていたとされる神代に、奈良でお酒を造り、神々はそのお酒に舌鼓を打っていた」とされる記載があります。昔から神様はお酒好きと言われていましたが、その多くは奈良の地で作られたものだったようです。

このような古事記や日本書紀のお話から、古代奈良は日本酒発祥の地と言われるようになりました。畏れ多い神様が奈良の地でお酒を飲んでいたのですから、古代奈良が日本酒発祥の地としても誰も文句は言わないでしょう。

酒造り発祥は三輪

古代奈良は日本酒発祥の地とされていますが、その中でも三輪は酒造りの発祥の地とされています。理由は万葉集にそのような記述があるからです。

万葉集では奈良の三輪がよく登場します。その奈良の三輪が詠った枕詞には「味酒(うまさけ)」という言葉が多く使われています。このような枕詞が使われているのは奈良の三輪を詠った歌だけなのだそうです。このことから、既に奈良の三輪では日本酒が作られていたことを窺い知ることができます。

このことから酒造りの発祥は三輪だとされています。

清酒発祥は正暦寺

ちなみに、日本酒の中でも特に清酒と呼ばれているお酒の発祥は正暦寺です。

正暦寺では平安時代の頃に、現代の醸造技術の基礎を確立させています。もともと日本酒は神様に捧げるためのお供え物だったため、お寺では日本酒が作られていたのです。その中でも特に清酒と呼ばれる澄んだ美しい日本酒を多く醸造していたのが正暦寺でした。

また、室町時代に書かれた「御酒之日記(ごしゅのにっき)」という酒造りの技術書には、正暦寺で醸造されていた清酒の製造方法が記録として残されています。

この二つの理由から、正暦寺は日本酒の中でも特に清酒の発祥の寺と呼ばれているのです。

奈良の三輪には酒にまつわる神社が多い

奈良県の大神神社
奈良の中でも、特に三輪には酒にまつわる神社が数多くあります。その中でも、とくに有名な神社を2つ、ご紹介します。

酒造りの神様として信仰されていた大神神社

奈良の三輪には日本最古と言われる大神神社があります。この神社には酒の神様として大物主大神(おおものぬしのおおかみ)が祀られていますが、本殿はありません。実は、三輪山をご神体として祀っているのです。

この三輪山には「三諸山(みむろやま)」という別名があり、「うま酒みむろの山」と呼ばれて親しまれていました。この「みむろ」には「実醪(みむろ)」という別の意味が隠されています。「実醪(みむろ)」とは、「酒のもと」」という意味があり、大神神社は酒の神様として信仰されてきました。

現在も、大神神社は酒造りの神様として信仰され、酒造りにかかわる多くの人たちが参拝に訪れます。毎年11月には新酒の醸造安全祈願大祭が執り行なわれ、その際には新種ができたことを知らせる「酒林(さかばやし)」という大きな杉の玉を神前に飾ります。

杜氏の神様が安置されている活日神社

酒造りの神様として信仰を集めている大神神社の接社に、活日神社(いくひじんじゃ)があります。ここには、杜氏の神様として高橋活日命(たかはしいくひのみこと)が祀られています。

日本で疫病が蔓延していた遠い昔、当時日本を治めていた天皇は夢で「酒を奉納しなさい」というお告げを受けます。このお告げを受けた天皇は、高橋活日命を呼び寄せて一夜で酒を造らせ、神酒としてお供えしました。すると、たちまち疫病は治まり、国は豊かになったのだそうです。

このお話から、大神神社の接社として活日神社が建てられ、高橋活日命が杜氏の神様として祀られることになりました。現在でも、日本中の杜氏が参拝に訪れます。

長屋王と古代奈良の酒

日本酒樽
突然ですが、長屋王という人物をご存知でしょうか?長屋王は古代奈良の酒とは切っても切れない縁深い人なのです。と言って、古代奈良の酒を有名にするために、直接何かしたというわけではありません。

長屋王という人物についてはもちろん、古代奈良の酒との関係についても解説します。

長屋王とは?

長屋王という人物を知っている人はあまり多くないでしょう。学校でも歴史の授業で長屋王について学ぶことはありません。あまり多くの記録が残っていないからです。ですが、伝説の人ではありません。日本に実在した人物です。

長屋王は天武天皇の孫として生まれました。天武天皇の孫ですから、時代は飛鳥時代から奈良時代にかけて実在していた人物です。長屋王は大変勉強熱心だったようで、お爺さんにあたる天武天皇からも特別に目をかけてもらっていました。その証拠に、当時では考えられないような若い年齢でスピード出世をします。

ただ、そのような特別目を掛けられている人は、周囲から疎まれてしまうものです。特に飛鳥時代から奈良時代にかけては、跡目争いが多発していた時代でした。勉強熱心で頭が良く、天皇からも特別愛されていた長屋王は勢力争いで敵視されてしまいます。

長屋王が政権を取ってしまうことを恐れた人物が朝廷に、「長屋王は国家を傾けようと模索している」というデマを流します。それを信じた朝廷は、長屋王の邸宅に軍隊を差し向けます。完全な言いがかりなのですが、朝廷はそのデマを完全に信じてしまい、長屋王の訴えに耳を傾けようとしません。追い詰められた長屋王は、自分の家族も道連れにして自害してしまいました。

これが長屋王のお話です。現在、長屋王のお墓は奈良県の生駒郡平群町にあります。

長屋王邸宅で発見された酒のレシピ

長屋王のお話の中では、古代奈良の酒に関することは何一つ登場しませんでした。それなのに、どうして長屋王と古代奈良の酒は関係があると言われているのでしょう。それは、長屋王邸宅跡から発見されたたくさんの木簡にあります。

長屋王は大変勉強熱心な人だったようで、長屋王邸宅跡からは6万点以上にも及ぶ木簡が発見されました。その木簡の中には歌を詠んだものも含まれており、いかに勉強熱心で賢い人であったかということを窺い知ることができます。

そんなたくさん見つかった木簡の中に6種類の酒のレシピと思われるものが発見されました。どうやら長屋王は独自に酒の醸造方法を研究し、自分用に造って楽しんでいたようです。勉強のためだったのか、それとも自分で楽しむためだったのかは定かではありません。ですが、木簡の内容から明らかにそれが酒のレシピであることは確かだとされました。

6つのレシピのうちの1つは中本酒造店 「山鶴」で再現されました。その名も「長屋王」です。限定品として醸造され、販売されると同時にすぐに完売になるほどの人気があります。ちなみに味は甘口だそうです。

まとめ

古代奈良の酒と長屋王について解説してきました。ちなみに長屋王も出生地は奈良県だと言われています。奈良県は本当にお酒と深い関係があるのですね。ぜひ、奈良を訪れた際は長屋王のお墓参りと共に、日本酒も楽しんでみてください。

絵写経

ピックアップ記事

  1. かごいっぱいのお茶
    奈良で古くから受け継がれている大和茶をご存知ですか?大和茶は仏教が絡むという深い歴史があります。大和…
  2. お守り
    法隆寺で拝受して頂くお守りは効果絶大だと言われています。他の神社仏閣で拝受して頂くお守りよりも強力な…
  3. パルテノン神殿
    法隆寺の柱はギリシャ神殿を模して作られたと言われているのをご存知でしょうか?その柱の形をエンタシスと…
PAGE TOP