2017年3月10日 更新

初鰹の意味や旬な時期は?美味しい食べ方もご紹介します♪

「初鰹」とはよく耳にしますが、その意味や旬な時期について、知らない方は意外と多いと思います。 そこで今回は、初鰹の意味や食べごろの時期、そして美味しい食べ方について調べてみました。 縁起物と言われる初鰹を食べて、運気をアップさせましょう♪

16 view お気に入り 0

初鰹って?普通の鰹と違うの?

Free photo: Bonito Fish, Taxidermy, Fish Mount - Free Image on Pixabay - 1617338 (18001)

鰹は回遊魚の一種で、春になると九州南部~岩手県の三陸海岸沖まで餌を求めながら北上していきます。
その時に各地で取れる鰹のことを「初鰹」と呼んでいます。

ですが特に3月頃高知で水揚げされるものを、一般的には「初鰹」と呼ぶことが多いようです。
鰹は獲れる時期によって呼び名が変わります。
ちなみに初鰹のほかに「戻り鰹」と言う呼び名がありますが、
戻り鰹は、秋ごろに餌の捕食を終えて南下を始めた鰹のことを言います。

初鰹の旬な時期

無料の写真: 釣り, 海, 伝統的な漁業, ネット, マリン, 漁師のボート - Pixabayの無料画像 - 1750077 (18002)

初鰹の水揚げ時期は、九州沖で3月~4月頃、
本州沖で4月~6月頃となります。
三陸海岸沖では7月~9月頃に最盛期を迎えます。
初鰹の旬な時期は、地方によって少し違うようですが、春から夏にかけてが旬と言われています。
鰹で有名な高知県では3月に水揚げされますが、その時期は脂の乗りが少なく型もそろっていないため、鰹の数が増える5月から6月ごろが最も旬な時期と言われています。

初鰹の食べ方

[5/4]今朝獲れた勝浦の初鰹がKEIHOKUにやってきます!! - KEIHOKUスタッフブログ | 食と環境を考える京北スーパー (18005)

初ガツオは脂身が少なくさっぱりとした食感が魅力です。
あっさりとした赤身のようで
身もしまっていてプリプリとして美味しいですよ。
かつおの身はまぐろなどと同様
熱を通すとパサついた食感となってしまいます。

多くの場合は生のままか
それに近い状態で利用されます。
初鰹は生か、生に近い状態で食べるのがベストです!
鰹節やツナ缶、タタキなどが定番でしょうか。
次にタタキをはじめ、鰹の美味しいレシピについてご紹介します♪

いくらでも食べられそう♪厳選鰹レシピ

定番♡鰹のタタキ

27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

鏡開きはいつ行えば良いのでしょうか?鏡開きの意味は?

鏡開きはいつ行えば良いのでしょうか?鏡開きの意味は?

鏡開きと聞くと、お正月のお餅を下げなくてはと思いますよね。下げただけでは意味がないのは御存じでしたか?食べなくてはいけないのですよ。鏡開きとなぜ言うのかとか、関東と関西では日にちが異なっているので、ここら辺をまとめてみました。
snow | 9 view
革婚式(かわこんしき)・草婚式(くさこんしき)意味は同じ

革婚式(かわこんしき)・草婚式(くさこんしき)意味は同じ

結婚記念日といえば金婚式・銀婚式がもっともメジャーどころでしょう。実は結婚記念日には他にも種類があって、様々な呼び方があるのですよ。現在ではイギリスやアメリカなどの諸外国から入ってきたものも合わさって、非常にたくさんの種類があります。
ときたま | 10 view
結婚10周年の「錫婚式」そこに込められた意味とは?

結婚10周年の「錫婚式」そこに込められた意味とは?

結婚記念日10周年を指す「錫婚式(すずこんしき)」。最近では錫(すず)というもの自体に馴染みがない方も少なくないのではないでしょうか?今回はそんな錫婚式について、いろいろな角度から見ていきたいと思います。
ときたま | 14 view
結婚15周年を祝す「水晶婚式」に込められた意味とは

結婚15周年を祝す「水晶婚式」に込められた意味とは

結婚記念日15周年を指す「水晶婚式(すいしょうこんしき)」。最近では水晶(すいしょう)というもの自体に馴染みがない方も少なくないのではないでしょうか?今回はそんな水晶婚式について、いろいろな角度から見ていきたいと思います。
ときたま | 11 view
【聞いたことある?】茶寿、不枠って?どういう意味?

【聞いたことある?】茶寿、不枠って?どういう意味?

みなさんは「茶寿」「不枠」という言葉を聞いたことがありますか?これは、長寿のお祝いを表す言葉なんです。いったい何歳を指す言葉なのでしょうか?由来は何?どんなお祝いをするの?順番に説明していきたいと思います。
momonomi | 37 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

engawa engawa