酉年の意味と由来は?縁起物も知っておこう♪

 

 

酉年についての意味や縁起など、詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか?また、酉年産まれの方の為に酉年についてもまとめてみました。酉年の縁起物も含めて、酉年についていろいろな事を詳しく説明していきます。酉年について詳しくなり一年を過ごしてみませんか?

酉年の意味と由来は?

酉年

酉年

十二支10番目の動物である「とり」は神鶏とも呼ばれ、神の使いとされています。

太陽が昇るとき必ず鶏が鳴くため、鶏の鳴き声には太陽の神を呼ぶ力があるとされていました。

本来、酉は「酒」のもとの字と言われています。
酉には収穫した作物から酒を抽出する、収穫できる状態、成熟した状態などを表すため、「成る」「実る」「成熟」の意味があります。

酢、発酵、醤油などの漢字を見るとわかりやすいですね。

このように酉年には、縁起の良い意味がありました。「成る」「実る」「成熟」の意味を思うと、酉年の一年は恋愛でも仕事でも何かと実ったり成熟して良い一年を過ごせそうですね。酉年の意味や由来がわかったところで、酉年の縁起についてもっと詳しく見てみましょう。

酉年の縁起について

鳥

鳥は人に時を報せる動物です。

また、「とり」は「とりこむ」と言われ、

商売などでは縁起の良い干支です。

さらに、酉の干支の特徴として、

“親切で世話好き”とあります。

干支にはそれぞれ色んな縁起がありますが、酉年は取り込む!という言葉とかけて、商売に縁起の良い年だと言われています。お祭りに「酉の市」というのがありますが、これは商売の神様を祭るお祭りとされ、熊手を買い求めて商売繁盛を願う人たちであふれます。
酉年の縁起は、商売繁盛に繋がるものなんですね。
酉年に商売を始めてみたり、商売をやっている方はよりいっそうのお客様獲得に熱を入れる年にするといいですね。
酉年の縁起についてわかったところで、次は酉年の縁起物について詳しくみてみましょう。

酉年の縁起物には何があるの?

縁起物

縁起物

縁起物の熊手などが並び、開運招福や商売繁盛を願う酉にあやかった

年中行事として知られていますね。

正月三が日も終わり、食事も豪華なおせちから普通の食事に切り替えるという人も多いと思います。仕事始めならぬ、最初の料理始めは、酉年にちなんで鶏料理からスタートしませんか?今回ご紹介するのは、縁起物の鶏をさらにパワーアップさせた一品です。さっそくチェックしてみて。
酉年の縁起物は、やはり商売繁盛に繋がる「熊手」が良いみたいですね。
関東では、毎年11月の酉の日に酉の市というお祭りがあるそうなので、
縁起物を買いに行ってみましょう。
お料理でも酉年ということで、鶏料理を縁起物として振舞ってみてはいかがですか?

酉年産まれの方の性格

酉年生まれの人は世話好きで交際範囲も広く、情報に敏感で時代を先取りする能力にすぐれています。
そのため、生来を持っている器用さが発揮されると、副業で成功しそうです。

また、せっかちに人を急ぎ立てたり気をまわしすぎたりするために周囲から浮き上がり、うとまれたり孤立することがあるでしょう。

酉年生まれの人は、もともと転職の多い宿命を背負っています。
あまりに多くの転職を繰り返し本業をおろそかにしてしまい、チャンスを逃してしまうことがあります。
運を生かすには、多少の忍耐力が必要です。

衣食に不自由はしないが、住には苦労するという宿命をもっています。
中年期の努力の度合いで運勢が上向くか傾くかがきまります。
早くから子ども達が家を離れることが多く、夫婦の結びつきがいっそう強くなる傾向があります。

酉年産まれの方の性格を見てみましたが、身近な酉年産まれの方を想像して当てはまっていましたか?酉年の縁起にちなんで、情報に敏感で時代を先取りする能力があるそうなので、
酉年産まれの方は商売をしてみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

酉年の縁起についてや意味・縁起物などを説明してきましたがいかがでしてでしょうか?
酉年の酉は、鶏ということも忘れずにいましょう。酉年は商売繁盛と覚えておくといいですね。
後、酉年の年は仕事でも恋愛でも実りのある成熟した一年を過ごせる年と覚えておきましょう。

ピックアップ記事

  1. アーユルヴェーダはインドのスリランカ発祥の医学。生命の科学とも呼ばれています。その効果は体質…
  2. 大変縁起が良い日とされている一粒万倍日。この日は、何を始めても良い結果が得られると言われています。多…
  3. これで金運アップ!お守りを財布に入れるときの注意点や財布の扱いかた
    最近では、金運アップのために財布にお守りや縁起物を入れているという人も増えてきました。お守り…
PAGE TOP