甘酒はスーパーフード!お祝い事に飲むだけじゃ勿体ない!

 

 

甘酒とは、基本的には米麹とお米、酒かすなどで作られている飲み物です。甘酒は今やジャパニーズヨーグルトと呼ばれた海外からも人気を集めていて有名女優さんも欠かさず飲んでいるとか。お祝いの席だけの飲み物じゃもったいない!そんな甘酒の意外な効果効能をまとめてみました。

甘酒は縁起の良い飲み物の代表!

 (31520)

甘酒は家族みんなで飲める縁起物

甘酒は栄養ドリンクのような存在であったため、お祝い事のときだけに飲む特別なものではなかったようです。

しかし、ひな祭りなどで縁起の良い飲み物とされる白酒は肝心の子供が飲めないということで、甘酒で代用したことからお祝い事に甘酒をという習慣が広まったとされています。

アルコール分がなく栄養満点な甘酒は、お子様からお年寄りまで誰にとっても健康的な飲み物。
まさに家族みんなで楽しめる縁起物です。

甘酒の効能・効果は?

 (31521)

甘酒の効果効能6つ

美白美肌効果
保湿効果
ダイエット効果
アンチエイジング効果
便秘解消効果
免疫力アップ効果

どの効果も女性が誰もが求めて病まないもの。
「飲む点滴」とまで言われている甘酒にはこんなにたくさんの効果があるんですね。
ポイントはやはり多くの酵素のようです。
生きた酵素を手軽に取り入れられる甘酒は、注目度大です。
ビタミンB1,2,6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖、アミノ酸、大量のブドウ糖などの成分が含まれています。

大切なのは体内への吸収率がなんと90%以上だということ。
一般的なサプリメントのビタミン剤は、ほとんど吸収されないと聞きます。
ブドウ糖は脳の唯一のエネルギー源。疲労回復や集中力を促します。
これがたくさん含まれた飲み物は他にないところが、「点滴」と呼ばれる所以ですね。

甘酒は菌が生きているのでローフード、リビングフードと呼ばれ、私たち人間にとってとても大切な消化酵素を無駄使いせず、代謝酵素を増やし代謝を活発にするので、もちろん美肌になります。

生きた甘酒の作り方♪

甘酒って少しの材料で簡単に作れるってご存知ですか?
生きた材料を使う事、そして温度の管理。
この2つさえクリア出来れば、簡単に生きた甘酒をたくさん作る事が出来ます!
Instagram (27910)

自分で作る甘酒は、米飯+米麹で作る方法と、酒粕で作る方法があります。

酒粕で作る方法ではアルコールが残る場合があるし、砂糖などの甘味料を添加しないと甘みが強くならなりません。
ローフードダイエットには、米麹で作る甘酒の方が良いでしょう。
米飯を麹菌で醸すので、厳密に結うとロー(生)ではなく、リビングフードですね。

作り方は、これまた簡単です。

<甘酒の作り方>
1、米を炊飯器で炊く。
2、お米の倍くらいのお水を足し、お米の1/2くらいの米麹をまんべんなく混ざるように混ぜ込む。
3、60℃で10時間保温する。
4、出来上がり。

ヨーグルトを作る機械があると、温度管理も楽で簡単に出来るそうですが、なくても大丈夫!
炊飯器の保温機能を使って温度を一定に保てるようにしてみましょう。

甘酒の健康ドリンク!【豆乳甘酒】

Free photo: Soy Milk, Soy, Soybean, Soy-Milk - Free Image on Pixabay - 2084018 (31522)

豆乳甘酒とは、甘酒を豆乳で割ったドリンクです。

豆乳と甘酒と聞くと意外な組み合わせと驚く方もいるかも知れません。
ですが一度飲んでみると優しい甘さと風味がクセになりますよ。

そもそもこの豆乳甘酒はTBSの「はなまるマーケット」という番組から認知されるようになりました。
番組の中で、女優の永作博美さんが毎日豆乳甘酒を飲んでいるとおっしゃったことから、特に女性からの注目が集まったのです。

永作博美さんと言えば、40代には見えない少女のような笑顔と透明感のあるお肌が印象的です。その秘訣と豆乳甘酒の関係は一体なんなのでしょうか。

素敵な永作博美さんを見ていると、チャレンジしてみたくなりますよね。

実は豆乳には肌の老化防止の働きがあり、また甘酒には血行を良くする作用があります。豆乳と甘酒の効果はそれだけではありません。

美容や健康に強い味方であるイソフラボンを多く含んでいる豆乳を合わせる事で、
更なる相乗効果が期待出来るそうです。
飲む量や時間帯を工夫すれば、より効果的に栄養を摂取して様々な効果が期待できそうです。
あまみをつけたりショウガを添えたりと、味にもバリエーションをつけて長く愛飲していきたくなる飲み物ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ひな祭りで使うだけではもったいない甘酒。
日々の食習慣に是非取り入れてみたくなる効果効能がたっぷり。
今やネットで簡単にヘルシーな甘酒が手に入りますし、簡単なレシピも見つけられます。
一度美と健康の為に試してみたいですね。

ピックアップ記事

  1. 蛇はお金の神様として広く知られています。ですが、実はそれだけではないのです。特に蛇の…
  2. 見た目が可愛いカエルですが、中にはカエルが苦手という人もいるかもしれませんね。そんなカエルは実は幸運…
  3. 宝くじを当てたいとは誰もが思うことですね。でも、実際にはなかなか当たらない人も多いのではないでしょう…
PAGE TOP