【待ち受け画像で開運】毎日見て恋愛運と全体運をUP

 

 

待ち受け画像は毎日見るものなので意識が高まりやすく、運気UPには非常に有効なツールです。待ち受け画像を変えただけで全体運をあげつつ、恋愛運もUPできたら最高ですよね。そこで今回は、様々な運気を上げる画像を紹介します♪

1・電子の世界からでも運は開ける!!

毎日見るものだからこそ

毎日見るものだからこそ

意識を高めていく必要があります。そこを怠ると金運などの運気も悪化するという事です。全体の運を上げて恋愛運も上げたいです。
毎日毎日見ることによって、モチベーションを保つことにもなりますし、設定した時の気持ちを、思い出すこともできるからでしょう。
それが習慣化することで、自然と常に収入などに意識がいくようになり、結果、お金が増えることになるからでしょう。
風水の世界でも、毎日見るものは運気に関わるといわれています。つまり、スマホの待ち受けも毎日見るので、運気をあげるにはとても重要な存在となります。
むげにしてはいけないという事ですね。

2・それぞれに意味がある

色って大切だ!

金は

金は

全体の金運だけでなく運気を20パーセント以上上げるといわれています。ですからこういった金の文字を使う祈願をつければ、試験にも就職試験にも合格できるかもしれませんよ。是非試してみてください。

恋愛運アップ

2017年の恋愛運には、干支である酉年と同じ「鳥」の壁紙がオススメです。特に、幸せを運ぶといわれる「黄色い鳥」の写真がいいでしょう。かわいらしい感じのオブジェやイラストでもOKです。
2017年の干支は鳥ですから、ちょうどよいですよね。リアル系よりもキャラクターものの方が女の子ぽくてよさそうな気がします。
カップルの

カップルの

鳥なら効果が二倍になりそうです。ピンクですとさらに運気が上がるらしいのでいかがでしょうか?
ちなみに、目の色が金色の鳥さんを飾れば
金運アップにもなっちゃうんですよ。
金運と恋愛運の相乗効果があれば、とても頼もしい気がしますね。鳥だけにこだわるのではなく、ついているものにも着目しましょう。
 (24127)

ちなみに効果は

・新しい恋を呼ぶ
・嬉しい知らせを運んでくる
・遠方からの知らせを運んでくる
・冷めてきた恋人とまたラブラブになれる
・仲直りする
・夫婦仲を円満にする

などだそうです。

西洋では、鳥には神様の使いという意味もあるのと
桜には全体的に恋愛運を底上げしてくれる恋愛運アップ効果があるので、
恋愛面で神様の奇跡が起こるかも知れませんね

とてもきれいな画像です。
いかにも開運!という感じの画像は恥ずかしいという方もいらっしゃるでしょう。
でもこんなオシャレな画像ならさりげなく運気をUPしてくれそうですね♪

やはり定番のこれ

招き猫

招き猫

招き猫は幸運や商売繁盛だけでなく、永遠の幸せがあるといわれています。あまり浮き過ぎないので、使いやすいのではないのでしょうか。見た感じも愛くるしいですしね。
富士山

富士山

日本人ならこれが一番かもしれません。富士山に金があれば健康運から恋愛運、金運などが相乗効果が期待できるのが魅力です。色々なパターンがあるので是非探してみてください。

パワースポットを活用してみよう。

神社や仏閣、自然が残る場所など多くのパワースポットが存在しますが、このパワースポットを待ち受け画像にするだけでも運気は良くなります。
肌身離さず持ち歩いている携帯なので画像だけでも効果があるということですね。
パワーがある地域の写真をスマホに収めるだけでも、ご利益を得る事ができるのです。これはとてもあり難い話しです。
靖国神社

靖国神社

靖国といえば、日本で一番のパワースポットかもしれません。右の写真は軍神大村益次郎で、これを収めておけば、受験戦争にも余裕で勝てそうです。彼は軍神だけでなく、医者だったので医大目指す方はいかがでしょうか?

終わりに

こういった

こういった

攻略本も販売されています。あなたの望む恋愛に合った、待ち受け画像を選んでみましょう。組み合わせによれば、金運等の運気にも影響が出るはずです。
この様に、待ち受け画面は基本的に毎日見るものです。ですから、一定のパワーが含まれる機会があるわけで、なるべくいい待ち受け画像を選んでいきたいものですよね。こうした画像や様々な本を参考にして、あなたにあった一番の待ち受け画像を選んでくださいね。きっと毎日が楽しくなるはずですよ。

ピックアップ記事

  1. あなたは座禅をしたことがありますか?サラリーマンの間では、朝活の一環として座禅を組むことが習…
  2. あなたは写仏を知っていますか?文字通り仏様の絵を描き写すことです。実は、この写仏が静…
  3. 写経は難しいと思っていませんか?写経は仏の道を極める修行の一つですが、実はそんなに難しいもの…
PAGE TOP