お財布について考えたことはありますか?開運にもなります!

 

 

お財布は必要だから持っている。という方も少なくないでしょう。
使い勝手が良いものを選ぶこともありますが、
開運については考えたことはあるでしょうか?
必要だからと持つのであれば、縁起が良いお財布を選んでみませんか?

お気に入りのお財布

 (18256)

例えば、金運UPの縁起のいいお財布って売っていますよね。

色々と考えられたお財布が・・・大体、2~3万くらいしますかね。

そして、毎年買い替えて新しいのを持つのがいい、

というものがあったとします。

「金運が上がるから買おうと思う、でも、ダッサイな・・・

かっこ悪いな、ブランドの財布の方がモチベーション上がるんだけどな。

でも、毎年買い替えられないよ…3年で買い替えるのももったいないし」

・・・みたいな状態ですと、財布に気持ちが乗らない。

言い換えれば、財布が発する周波数と自分が財布に発する周波数の

不協和音になる事でしょう。不協和音を感じるお財布には、

金運乗りませんでね。

赤でも、二つ折りでも、大のお気に入りで、

好きだから手入れもして、スッキリさせて、

大切に長く遣う・・・これこそ、金運UPです。

あなたは今、使用中の財布を気に入っていますか?

気に入る=「気」が入る=「金運が入る」です。

もしも今お使いの財布が、

「プレゼントされて何となく使っている」
「セールで安いから買っちゃった」
「あまり気に入っていないけど、とりあえず使っている」

上記のような理由で使っているのだとしたら、残念ながら、あなた元へはお金が入りづらい状態です。

財布はお金が入る入口です。その入り口となる財布は、お気に入りのものを使うことで運気UPにつながるのです。

ぜひ、「使っているだけでテンションが上がりますアップ」 と思えるお気に入りの財布を見つけて使ってくださいねラブラブ

それが、あなたに幸せをもたらす開運財布となる基本中の基本です。

気に入ったお財布を使う。ということはとても大切でしょう。
気に入っているわけではないが、知り合いにもらったから、とりあえず間にあわせで使っている。
という状態では、お財布を大事にする気持ちが半減してしまう場合もあります。
少し汚れたぐらいでは手入れをしないでしょうし、お財布の中身も知らず知らずのうちに、把握できなくなるかもしれません。
そうすることで、お財布の管理が出来なくなって、金運も逃げてしまいそうですね。
その反面、気にったお財布であれば毎日中身を確認をして、そして綺麗に使うことが出来そうです。
お財布の中身も把握できて、開運に繋がるでしょう。
是非、お気に入りのお財布を見つけて欲しいです。
 (18260)

お財布をプレゼントする場合、せっかくであれば気に入って使ってもらいたいですよね。
欲しいお財布は何か?とあらかじめ相手に聞いておくのも良いですね。
自身が使うお財布でも、プレゼントをする際も、市販品で気に入るものがなければ、オーダーをするという方法もあります。
使い勝手が良いように、可愛らしい、シンプルなデザインが良いなど、納得がいくお財布に出会うために、是非活用してください。

お財布を買う日、使い始めの日

 (18276)

大安などの吉日は、

お財布の購入や、使い始めに良い日と言われています。

開運について、縁起のいい日を気にかける方にとっては、

大安、一粒万倍日、寅の日、巳の日、天赦日の吉日だけではなく、

新月、満月の日までわかるカレンダーがあると便利ですね。

使い始めに最適な日はいつなのか。

一般的に立春が良いとされているようですが立春よりもさらに最適な日があるようで

財布の使い始めに最適なのは、「一粒万倍日」だそうです。

「いちりゅうまんばいび」と読みます。

この言葉、私も昨年結婚記念日をいつにしようか迷っていた時に初めて知ったんですが…Σ(o゚ω゚o)

一粒万倍日とは、一粒のモミが万倍にも多くの稲穂に実る日で、昔から種まきに適した日という意味があります。

「物事が何倍にも膨らむ」ことから「お金が何倍にも膨らむ」と考えられているため、この日にお財布を購入したり使い始めると良いとされているようです。

お財布を買う日や、使い始めの日も大切だと言われています。
ただ安かったから、今日はたまたま休みだったからと、お財布をつい買ってしまいがちですが、
開運を願うのであれば、日にちにも気をつけるようにしましょう。
一般的に大安を選ぶ方も多いですが、立春ですとか、一粒万倍日などもあります。
無理のないように選べば良いと思いますが、
可能な限り縁起が良い日を選ぶと、幸せな気持ちにもなって、結果運を呼び込むことに繋がりそうです。
財布の新調には寅の日(とらのひ)も吉日とされています。

寅は「千里を行って千里を帰る」ことから俊敏な力を持つとされていて、寅の日に財布を買ったり使い始めると「使ったお金がすぐに戻ってくる」とか「お金を招いてくれる」とされていて金運アップが期待できる日です。

黄色でシマ模様の虎は金運の象徴でもあるので、ゲン担いで寅の日に財布を新調する人も多いと言われています。

2017年の虎の日は以下の通りです。

寅の日2017
1月3(火)15(日)27(金)
2月8(水)20(月)
3月4(土)16(木)28(火)
4月9(日)21(金)
5月3(水)15(月)27(土)
6月8(木)20(火)
7月2(日)14(金)26(水)
8月7(月)19(土)31(木)
9月12(火)24(日)
10月6(金)18(水)30(月)
11月11(土)23(木)
12月5(火)17(日)29(金)

 (18275)

新しいお財布を買う際には、寅の日を選ぶ方も多いです。
開運の為にも、選んでみてはいかがでしょうか。
寅の柄のお財布を選んでも良いですし、
そうでなくても、寅の日だけは守って買うというのも良いですね。

2017年にも寅の日があります。
年々変わりますので、確認をしてみてください。

お財布の掃除

 (18281)

財布の掃除を最後にしたのは、いつですか。
こう聞いて、驚く人も多いでしょう。
「部屋の掃除」はよく耳にしますが「財布の掃除」は、あまり耳にしません。
「財布の掃除はしたことがない」という人も、多いのではないでしょうか。
しかし、財布にも、定期的な掃除が必要です。
財布は、頻繁にお金の出し入れをするため、よく汚れます。
財布の中は、もう1つの自分の部屋です。
汚れた部屋には人が入りたくないように、汚れた財布にも、お金は入りたくはありません。
お金が、どんどん逃げる財布になります。
金運が下がってしまうのです。
さあ、財布の掃除を始めましょう。
不必要なレシートは、全部捨ててしまいましょう。
財布の表面を湿ったティッシュで磨けば、財布も喜びます。
財布の底にたまっているごみやほこりも、きれいに取り除きましょう。
定期的に財布をきれいにすると、金運が上がります。
財布を大切に扱おうとする気持ちは、お金を大切に扱おうとする気持ちとして表れるからです。
きれいな財布になると、お金は財布の中に入りたくなります。
自然と金運が上がっていくのです。
財布はお金の出し入れとともに、金運と金毒が入ってきます。うまく使えば金運がどんどんよくなりますが、使い方が悪いと金毒がどんどんついて金運ダウンに。

月に一回きちんとリセットすることで金毒を追いだすことができます。
金毒ってウイルスみたいなもので、お金にくっついてくるので月1リセットは絶対にやります。

お財布を掃除するというのも、開運を願う際に大切なことと言われています。
自身の身の回りを掃除する際に、部屋の掃除だけではなくて、お財布も掃除をしてみてはいかがでしょうか。
部屋が綺麗になると、明るい気持ちになり、何かはじめてみようかなと思うことがあるでしょう。
お財布も同様で汚れていると、だらしない生活を送ってしまうということにも繋がります。
それでは運が逃げて行きそうですね。
定期的にお財布を掃除する日を決めておいて、きちんと手入れするようにしましょう。
お財布に溜まっているゴミを取り除くことで、長持ちさせることにもなります。
整頓されていないと、何がどこに入っているのか分からなくなり、
いざ使うときに探し物が見つからずイライラしたり、乱暴に扱ってしまうということも考えられます。
綺麗にすることで、お財布に愛着を持てるようになり、良い気を呼び寄せてくれそうですね。

ピックアップ記事

  1. シルクロードとは、中国から地中海の各地へ伸びる歴史的な交易ルートのことです。主な交易の商品は絹でした…
  2. 日本全国には有数のパワースポットがありますよね。ご利益を求めて、様々な地域を訪れたことがある人も多い…
  3. 法隆寺は日本で初めて世界遺産に指定された場所として、海外からの観光客もたくさん訪れています。小さい頃…
PAGE TOP