小松菜は勝負運がアップする縁起物の食べ物!たくさん食べて勝負強くなろう!

 

少し苦みのある小松菜。鍋料理にもよく入っていますが、実は縁起物の食べ物だという事実は意外と知られていません。

縁起を担いで小松菜を食べる人もいるくらい、縁起物の野菜なのですよ。そんな小松菜についてご紹介しましょう。

小松菜は勝負運をアップさせる縁起物

小松菜は昔から勝負運をアップさせる縁起物の野菜として愛されてきました。

その理由について調べましたので、ご紹介しましょう。

小松菜の語呂合わせから

小松菜が勝負運をアップさせる縁起物の野菜とされているのは、語り合わせが理由と言われています。

「こまつな」を「5(合格の5)」と「2(ブイサイン)」と、「7(ラッキーセブン)」と表すことができるからだそうです。少し無理があるような気もしますが、「ブイサイン」と「ラッキーセブン」というとても縁起のいい言葉が入っていることから、小松菜は縁起物の食べ物とされているようです。

小松菜を数字で表記するなんて、なかなか斬新ですよね。ただ、数字で表記した方が縁起物としての認知度も上がると考えたようです。数字はとてもわかりやすい表記ですから、そのようが小松菜を縁起物として受け入れてもらいやすいと考えたのかもしれませんね。

冬に食べられる栄養価が高い野菜だから

小松菜は冬に食べられる栄養価が高い野菜だからという理由も、縁起物とされている理由の一つと言えます。

冬はなかなか野菜が手に入りにくい季節ですよね。そんな中で小松菜は冬でも手に入る栄養価が高い食べ物でした。今のように農業技術が盛んではなかったため、冬に手に入る栄養価が高い食べ物は大変貴重だったのです。

昔は病気が何より恐ろしいものでした。その病気を退けるためには栄養価が高い食べ物を食べる必要があったのです。小松菜は庶民でも比較的手に入れやすい食べ物でした。病気を退けられる強い肉体が手に入る食べ物として、縁起物と考えられていたのです。

苦みがある野菜は薬と同じと考えられていた

小松菜は少し苦みがあって癖がありますよね。小松菜の苦みが苦手という人も意外と多いのではないでしょうか。小さなお子さんは苦みがある小松菜が苦手という人も多いでしょう。

昔から苦みがある野菜は薬と同じ効果があるとされていました。ことわざにも「良薬口に苦し」という言葉がありますよね。苦いものはそれだけ身体にとってはとても良い影響をもたらしてくれると考えられていたのです。

薬のように苦みのある小松菜も、薬の一部として考えられていました。元気な間から小松菜を食べておくことで、病気知らずな健康な肉体が手に入ると考えられていたのですね。小さな子供には「強い体を手に入れるために」と説得して小松菜を食べさせていたのだとか。

視力低下を防止すると言われている

小松菜の成分には、視力低下を防止する効果があると言われています。年齢と共に進んでいく視力低下に歯止めをかける効果が、小松菜には含まれているのです。

昔は現在ほど夜は明るくありませんでした。小さなろうそくの火だけで夜を過ごしていた家はたくさんあったのです。そのため、若くして視力を低下させてしまっている人も多かったのだとか。そのような人たちは好んで小松菜を食べていたと言われています。

小松菜の成分には確かに視力低下を抑制する効果があります。そのことを昔の人は知っていたのでしょう。目が見えなくなってしまうと仕事に支障をきたしてしまいますよね。それを防ぐことができる小松菜は縁起物の野菜と考えられていたのです。

若返りの効果もあった?

小松菜には若返りの効果もあったと言われています。

昔から不老不死の薬は多くの人たちの憧れの的でした。いつまでも若々しく、そして永遠の命を手に入れることができれば最高だと考えられていたのです。不老不死の薬としてさまざまな薬が市場に出回っていた時期もありました。

実際小松菜には、老化を防止する効果があります。昔の人はそのことを知っていたのかもしれませんね。永遠の若さと命を手に入れたい人は好んで小松菜を食べたのだとか。若返り効果がある小松菜はまさしく縁起物の野菜だったのですね。

ちなみに若返りを望んだのは女性だけではなく、男性も多かったようです。そのため、お金持ちはこぞって小松菜を買い占めた、なんてこともあったそうですよ。

小松菜の縁起物の効果とは?

小松菜の縁起物の効果にはどのようなものがあるのか、気になる人もいるでしょう。

その効果について調べましたのでご紹介しましょう。

病気知らずの身体が手に入る

小松菜を食べると病気知らずの身体が手に入るという嬉しい効果があります。

小松菜は昔から苦みがあって、薬の代わりとして考えられてきました。その効果は今も変わっていません。大変栄養価の高い野菜ですから、たくさん食べることで病気に強い肉体がつくられるのですね。

特に冬は鍋物に入れて食べると苦みが和らいでおいしく食べることができます。ゴマ油でいためたり、濃い味付けの煮物などに入れてもおいしく食べることができますから、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

いつまでも若々しくいられる

いつまでも若々しくいられるという嬉しい効果もあります。

小松菜には確かに老化を防止する成分が含まれています。髪の毛や肌の艶を整えたり、血行を良くしたりする効果があるのです。それが若返りの効果と昔から言われていたのですね。血行が良くなると肉体も若返るからです。

特に女性は髪の毛やお肌の調子を整えるつもりで小松菜をたくさん食べましょう。体調も整ってくるので、女性特有の身体の悩みも解決してくれるでしょう。医学的にも証明されていますので、ぜひ試してみてくださいね。

受験などの試験に合格できる

受験などの試験に合格できるという嬉しい効果もあります。

こちらは小松菜の語呂合わせからきている効果です。受験シーズンになると小松菜を意識して食べる人がいるのだとか。もちろん本人の努力も必要ですが、運も大切になってきますよね。そんな願掛けの気持ちも込められているのです。

小松菜自体は栄養価の高い食べ物でもあります。小松菜をたくさん食べて受験を乗り越えることで、試験での合格を掴み取ることができるでしょう。

人生での成功を引き寄せることができる

人生での成功を引き寄せることができる、という縁起物の効果もあります。

人生では数々の勝負どころがあります。その時、自分の力では不安になることもあるでしょう。不安は悪いことを引き寄せる原因になってしまいます。ですが、わかっていても不安はなかなか消えないものです。

そんな時は小松菜を食べてみてください。小松菜は活力をアップさせてくれる効果があります。やる気やモチベーションも上げてくれますから、不安を吹き飛ばすサポートもしてくれます。不安が吹き飛ばされれば成功を引き寄せる力もアップしますよ。

厄除けの効果もある

小松菜には魔除けの効果もあります。

苦い食べ物は鬼が嫌うと言われています。小松菜もかなり苦みがある食べ物ですから、鬼が嫌うのです。

最近悪いことが続いていると感じたら、小松菜を食べてみることをお勧めします。気っと悪い気が浄化されて嬉しことがたくさん起こるようになるでしょう。

まとめ

小松菜は勝負運にとても強い縁起物の野菜です。

あなたもここぞという時には小松菜の力を借りてみてください。嬉しい結果を手に入れることができるかもしれませんよ。

絵写経

ピックアップ記事

  1. かごいっぱいのお茶
    奈良で古くから受け継がれている大和茶をご存知ですか?大和茶は仏教が絡むという深い歴史があります。大和…
  2. お守り
    法隆寺で拝受して頂くお守りは効果絶大だと言われています。他の神社仏閣で拝受して頂くお守りよりも強力な…
  3. パルテノン神殿
    法隆寺の柱はギリシャ神殿を模して作られたと言われているのをご存知でしょうか?その柱の形をエンタシスと…
PAGE TOP