【入学祝いに使う!】のし・袱紗の選び方と購入について

 

 

入学祝いにのし袋を用意しようとしたけれども、どれを選んだら良いのか判らないという人は珍しくありません。
そうであれば、同様に袱紗も何処で販売されているのか、知らないのは無理の無い事です。
ここでは前述の品物の選び方から、購入場所の紹介等について調べてみました。

入学祝いの、のし袋はこう選ぶ

入学祝いだから、のしが付いている物ならどれでも良いんでしょ?

あまり日本的な慣習に慣れていない人は、近くの文房具店等に出掛けて行き、幾つか並んでいるのし袋の中から、目に付いたものを購入してしまう人がいるかも知れません。
しかしこうした縁起を担ぐ代物は恥を欠かない為にも、ルールに習う必要があります。
受け取る人、あるいは親族等の中には、このような慣習を重んじる人がいますから、十分に注意する必要がある訳です。
また、様々な人間関係の中で要らぬ誤解を受けない為にも、慎重を期すべきです。
適切なのし袋を選ぼう

適切なのし袋を選ぼう

結論から言うと、入学祝い用として選ぶ場合、右側の蝶結び型を選ぶのが正解です。
しかし購入するお店に、たまたま左側の結び切り型しかおいていなければ、間違えそうです。
事前に、予め良く確認しておいた方が良いでしょう。

袱紗も必要です

何故、袱紗が必要なの?

袱紗(ふくさ)の役割と種類
なぜ金封を袱紗で包むの?
袱紗は先方の気持ちを考え、礼節を重んじていますという心遣いの表れ。また、のし袋の水引がくずれたり汚れたりするのを防ぐのを防ぐ実用的な役割があります。
袱紗の種類
袱紗の形は開くと正方形をしており、金封が外れないよう一方の端にとめ爪のついた「爪付き袱紗」、内側に金封をとめる台のついた「台付き袱紗」などがあります。最近では、たたむ手順が省ける封筒の形をした金封袱紗も出回っています。これらはお好みで選んで構いません。
袱紗の色の違い
袱紗にはさまざまな色がありますが、慶事では赤やピンクの暖色系、弔事では紺や緑の寒色系を用います。紫色は慶事・弔事どちらにも使えます。
袱紗の様な物は、昔からの慣わしだけに意味がありそうに感じるかも知れませんが、のし袋を汚れ等から守るという合理的な側面もあるのは驚きです。
袱紗

袱紗

入学祝い等のお祝いには、ピンクが慶事用としてありますが、紫色は様々な用途で利用出来ます。

のし袋を何処で買ったら良いの?

時間がある場合は、デパートが一押し!!

時間的猶予がある場合、デパート等の知識のあるスタッフのいる所で購入するのが、最も確実と考えて良いでしょう。
デパートであればのし袋と共に、袱紗も一緒に入手する事が出来るからです。
更にはデパートでは、のし袋や袱紗等の商品がおかれる場所には、それ相応の知識を持つスタッフを置く体制が取られています。
ですからどののし袋を、どのような立場の人に対して贈るのか、あるいは予算に応じた袱紗選びの提案もしてくれるでしょう。
また、のし袋の名入れサービスを行ってくれるデパートもある様なので、利用価値は十分あると言えるでしょう。
少々お値段は張るでしょうが、確実性の高い安心感を得られたとするなら、お買い得と言えます。
デパートなら、のし袋や袱紗が手に入る

デパートなら、のし袋や袱紗が手に入る

のし袋への、達筆なスタッフの名入れサービス等、行き届いたサービスが期待出来ますが、夜遅くまでは営業していないので注意して利用しましょう。
結婚式に必ず用意しなければならないアイテムの一つに祝儀袋があります。
その祝儀袋に関して知っておくと便利な情報を教えます。
それは「百貨店で購入する」ことです。
なぜか。
それは百貨店で祝儀袋を買うと、タダで文字入れしてくれるからです(しかも達筆!)。
自分の名前と包む金額を伝えるとプロの人が筆で文字を書いてくれるのです。
待ち時間はほんの数分。
自分で書いて失敗することもないし、手間もかからない。
このサービスは使えます。
結婚式の出席を控えている人はぜひ百貨店でこのサービスを利用してみてはいかがでしょうか。
ここでの例は結婚式のご祝儀袋を用意する事が、書かれていますが、入学祝いの場合も同様に当てはまると解釈して良いでしょう。

のし袋等を入手する時間が取れない場合

何時でも開いているコンビニエンスストアが便利です。
但し、袱紗を置いている店舗は少ないとおぼえておきましょう。
最近では、コンビニの多くの店舗で、ご祝儀袋は取り扱われていますが、
袱紗(ふくさ)に関しては、取り扱っている店舗は少ない様です
なお、ご祝儀袋はコンビニで数種類取り扱われている事が多く、
私が確認した限りでは、値段は安いもので約60円から、
高いもので約400円ぐらいとなっていました
袱紗が無い場合は、別に対処方法があります。

袱紗が用意出来ない場合

ふくさがなく急を要する時は、小さな風呂敷や大判のハンカチなどで代用してもかまいません。最近は売り場にも、風呂敷やハンカチに似たタイプのものが売っていたりします。絹やレーヨン、ポリエステルのフォーマル感があるもので、ご祝儀袋をしっかり包めるサイズのものを使いましょう。
ただ、マナーを守り、より相手に気持よく受け取っていただくために、やはり1枚はふくさを用意しておくとよいでしょう。
ハンカチ等でも代用出来ますが色柄等に配慮し、尚且つしっかりしたものを選ぶ事が大切です。

風呂敷の使い方: お祝いごと用のふくさとして – How to use Furoshiki: Celebration

風呂敷やハンカチ等を代用する事が出来ます。

ピックアップ記事

  1. あなたは座禅をしたことがありますか?サラリーマンの間では、朝活の一環として座禅を組むことが習…
  2. あなたは写仏を知っていますか?文字通り仏様の絵を描き写すことです。実は、この写仏が静…
  3. 写経は難しいと思っていませんか?写経は仏の道を極める修行の一つですが、実はそんなに難しいもの…
PAGE TOP