バレンタインの起源と日本のバレンタイン事情

 

 

現在では、バレンタインの習慣が当たり前のように定着している日本ですが、その起源を知る人や日本以外の風習を知っている人は少ないと思います。そんな、日本に定着しているバレンタインデーという行事が生まれたヒストリーと、日本や海外のバレンタイン事情をお伝えしていきたいと思います。

バレンタインの起源

バレンタインデーの起源は、ローマ帝国の時代までさかのぼります。当時のローマでは、2月14日が司る女神ユーノーを讃える祝日になっていて、翌日の2月15日にルペルカリア祭が始まる日になっていました。ローマ帝国の皇帝であるクラウディウス2世は、兵士の士気が下がるとの理由で兵士の婚姻を禁止しまいた。それを嘆き悲しむ兵士たちを見て、キリスト教の司祭だったウァレンティヌスは内緒で結婚式を行ってあげていました。ですが、ウァレンティヌスの行いが皇帝クラウディウス2世に知られてしまい、ウァレンティヌスに止めるよう命令します。命令を無視したウァレンティヌスに対し、皇帝クラウディウスは女神ユーノーの祭日である2月14日に決め、ルペルカリア祭の生贄として処刑が執行されました。そして、皇帝に逆らってまで男女のために結婚式を行っていたウァレンティヌスの命日が恋人たちの日となったという説があります。

バレンタインデーにチョコレートを贈る風習の始まり

 (35358)

日本では、1958年頃にバレンタインデーが流行だし、2月14日に女性が男性にチョコレートを贈り、秘めた想いを伝えるというのが一般的な風習だと思います。一方、海外ではチョコレートを贈るという決まった風習はなく、クッキーやマフラーなどを贈って気持ちを伝えたりします。では、どうして日本はチョコレートを贈ることがスタンダードになったかというと、1970年代の後期に物流業界や製菓業界の販売促進の効果が出始め、バレンタインデーにはチョコレートを贈るという風習が定着したというのが説の一つになっています。

日本と異なる海外のバレンタイン事情

海外では異なるバレンタイン事情があり、親愛の気持ちを伝えるスタイルは各国で違いがでてきます。バレンタインデーの発祥地であるヨーロッパでは、バレンタインデーは恋人の日となっていて、恋人同士でメッセージカードを交換し、プレゼントなどの贈り物は男性から女性に贈るのが一般的になっています。ヨーロッパでは、男性が女性に花束を贈るのもスタンダードなスタイルになっていて、この風習はイギリスで始まったと言われています。イギリスから渡ってきたとされるアメリカのバレンタイン事情も、イギリスと似ていて男性から女性に花束やカードを贈るというスタイルになっています。このように、国ごとに少しずつ違っているバレンタイン事情ですが、日本と大きく違うのは恋人や夫婦の行事になっているヨーロッパに対し、日本ではパートナーではない人に想いを伝えるというスタイルになっている点です。

変化するバレンタインデー

最近の日本では、バレンタインデーの形が少しずつ変化していると感じます。少し前ですと、会社などで配られる義理チョコという言葉が流行し、会社でチョコを配っている女性社員を見かけました。しかし、会社で配られる義理チョコの習慣は少しずつ減ってきていると思いますし、義理チョコを配るのを禁止している会社も少なくないと思います。その代わりに、最近では男性に贈るだけではなく、女性同士でチョコを交換する友チョコという言葉を耳にするようになりました。この様に、日本のバレンタイン事情は時代と共に変化していますし、より気軽で楽しい行事に変化していると思います。

ピックアップ記事

  1. シルクロードとは、中国から地中海の各地へ伸びる歴史的な交易ルートのことです。主な交易の商品は絹でした…
  2. 日本全国には有数のパワースポットがありますよね。ご利益を求めて、様々な地域を訪れたことがある人も多い…
  3. 法隆寺は日本で初めて世界遺産に指定された場所として、海外からの観光客もたくさん訪れています。小さい頃…
PAGE TOP