厄年の縁起物ってどんな種類があるの?

 

 

「厄災が降りかかる」とされる年齢が昔から日本で定められていて、その年齢になると厄払いを行ったり、縁起物を取り入れたりと厄年の対策を行う日本人は多いです。そこで、厄年の縁起物って実際にどんな種類があるのかまとめてみました。参考にしてみてくださいね。

厄年の人には”長いもの”を贈ることが多い

「長いものには巻かれろ」という言葉があるように、長いものは縁起のいいものと日本では昔から言われていることが多いためか、厄年の時には長いものを贈る習慣があります。
長いというのは、長生きという意味もあり長寿の意味を込めて贈るという意味があります。身に付けるものもあれば、麺など食べるものを贈る方もいます。

・マフラー

手を温めるマフラーの女の子|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (33162)

首に巻くことができる防寒アイテムですが、巻かれろという言葉がしっくりきそうなアイテムです。
プレゼントとして気軽に贈ることが出来るので、チョイスされることも多いです。
厄年の厄払いは、お正月に一緒に行うことも多いので寒い時期に贈るにはぴったりです。

・アクセサリー

天然石ローズクォーツ|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (33172)

少し長めのネットクレスや、厄除けの意味を込めたブレスレットなど、身に付けるアクセサリーも長いものとして扱われます。
ブレスレットは、パワーストーンで作られているものも多く1つ1つの石に意味を込められていて、持っているだけで厄除けしてくれるので嬉しいですよね。

・ネクタイ

[フリー写真] 黄色のバラと父の日のプレゼントでアハ体験 - GAHAG | 著作権フリー写真・イラスト素材集 (33173)

男性が日頃から身に付けるものが多い長いものといえば「ネクタイ」が多いです。
厄年の男性に、「ネクタイ」を贈ることによって普段から身につけて厄除けを行うことができます。
柄はいろんなものがあるので、縁起がよい柄が入っているものやどの場面でも身につけられるようなシンプルなものを選ぶのがおすすめです。

7色のカラーの縁起物

[フリーイラスト] 10色の蝶リボンのセットでアハ体験 - GAHAG | 著作権フリー写真・イラスト素材集 (33174)

数字の8、9は並べると「厄」となることからその前の数字の7は厄がないとされています。
また、七福神など7にちなんだ縁起のよい物も多いので、7色のカラーの縁起物を使ったものを贈ることも多いです。
7色のカラーが連なっている動物モチーフのアクセサリーや、ブレスレットなど厄年専用の縁起物を売っているお店も多いので、是非身につけてみてください。

まとめ

人生で必ず訪れる「厄年」は、縁起物を身につけることで厄災を防ぐことができます。
お気に入りの縁起物を身につけたり、贈ったりすることで気分を上げることができます。
厄年を控えている方は、是非お気に入りの縁起物を手に入れてみてくださいね。

ピックアップ記事

  1. シルクロードとは、中国から地中海の各地へ伸びる歴史的な交易ルートのことです。主な交易の商品は絹でした…
  2. 日本全国には有数のパワースポットがありますよね。ご利益を求めて、様々な地域を訪れたことがある人も多い…
  3. 法隆寺は日本で初めて世界遺産に指定された場所として、海外からの観光客もたくさん訪れています。小さい頃…
PAGE TOP