2017年4月13日 更新

縁起物としても優秀!金運・恋愛運なんでもござれのだるまってスゴイ♪

だるまは選挙事務所で候補者が目玉を入れているのをテレビで見たことあるわ!という人も多いでしょう。大人なら誰でも縁起物としてのだるまの存在は知っていると言っても過言ではないですね。でも、ちょっとまって!だるまは何も選挙の立候補者だけのものではないんです。あまり知られていないだるまのすごさをご紹介します。

358 view お気に入り 0

縁起物「だるま」について♪

 (33034)

だるまって、いったいどんな物なのか。聞かれても色や形などは言えてもそれがどういう由来で作られて、どんな意味を持つのか詳しい知っている人は少ないのではないでしょうか?
だるまのモデルとなったのは禅宗の始祖・達磨大師というお坊さんです。禅宗と言えば座禅。だるまに手足がないのは、座禅を組んでいる姿を現しているからとも言われています

だるまの赤い色は「魔除けの色」

それでは、なぜだるまは赤い色をしているのか?
赤い色とは、魔除けの意味があります。神社の鳥居が赤いですよね。それと同じ意味を持っています。だるまが家にあるだけでも災いをはねのけ、家内安全の意味があるのです。
でも、縁起物としてのだるまのご利益はそれだけではありません。

縁起物であるだるまを買う時期・使い方

 (33036)

だるまが売られているのをご覧になった事があるでしょうか。だるまには、白目しかない状態で売られています。
だるまは、1月お正月が明けた頃に購入するのが正しい作法と言われています。去年使った古いだるまは小正月(旧暦の正月。今でいう1月15日くらいの時期)に神社でお焚きあげされて処分されます。だるまは、1年契約で家を守ってくれる守り神であるとと共に、購入したらすぐに、新しい願掛けをされ片目に黒目を入れられます。
その願掛けが叶ったらもう一方の目を入れてあげます。これがだるまの正しい使い方です。

色によって違う縁起物・だるまのご利益

 (33035)

これは、近年になって見られることなのですが、観光地などで様々な色のだるまが売られています。
その色によって、だるが叶えてくれるお願いの効果が違うとも言われています。
一例として

赤色・・・家内安全

金色・・・金運

白色・・・受験

青色・・・学業全般

19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

『めでたい』でお馴染みの縁起物♪金運アップ効果の強い「鯛中鯛」と"鯛"にまつわるお話♪

『めでたい』でお馴染みの縁起物♪金運アップ効果の強い「鯛中鯛」と"鯛"にまつわるお話♪

鯛はどうしてめでたい縁起物とされているのでしょうか。単に「めでたい」との語呂合わせだけでなく、鯛には様々な由来があり、たくさんの場面で登場する縁起物だったんです。ここでは、縁起物「鯛」に関する事をご紹介致します♪
美穂 | 296 view
『金運アップ』や『長寿』の縁起物♪ご利益満載の"亀"が縁起物になった由縁と亀の置物の効果

『金運アップ』や『長寿』の縁起物♪ご利益満載の"亀"が縁起物になった由縁と亀の置物の効果

「鶴は千年、亀は万年」と言われるように、亀は長寿の縁起物です。なぜ亀が縁起がいいとされるのか、亀のご利益にはどんなものがあるのか、「亀」について紹介します。
美穂 | 1,216 view
【お金が欲しいなら今すぐ実行だ!】お財布に入れておきたい金運アップの縁起物&おまじないまとめ♪

【お金が欲しいなら今すぐ実行だ!】お財布に入れておきたい金運アップの縁起物&おまじないまとめ♪

常に持ち歩いているお財布、お金をしまっておくお財布だからこそ、金運アップの縁起物を入れておきましょう。お金の出入りをさせるお財布だからこそ、金運アップの縁起物を持っておくとお金を呼び込んでくれるかも!?
美穂 | 2,352 view
【金運象徴の縁起物】癒しだけじゃない生きた縁起物"金魚"の魅力♪

【金運象徴の縁起物】癒しだけじゃない生きた縁起物"金魚"の魅力♪

見た目にも美しい金魚といえば代表的な日本の観賞魚。 お祭りの風物詩「金魚すくい」も誰しも一度は体験したことがあるのではないでしょうか。 可愛く癒されるだけでなく実は金運の象徴。生きた縁起物でもあるんです! 今回は、そんな身近で知らなかった!?縁起物である金魚の魅力をお伝えしちゃいます♪
サラリー | 368 view
【知ればあなたも金運アップ♪】おめでたい縁起物"宝船"の由来と幸福につながる知っトク情報♪

【知ればあなたも金運アップ♪】おめでたい縁起物"宝船"の由来と幸福につながる知っトク情報♪

見た目にもめでたい宝船。お正月によく目にする宝船は笑顔の七福神に山積みの鯛や金銀財宝が美しく、見ているだけで福が訪れるような華やかさがあります。縁起物の宝船とはいったいどんなものなのでしょうか。
| 273 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ねず ねず