奇数が重なる日の「五節句(ごせっく)」は厄払いの日だった!

 

 

四季の節目の年中行事に五つの節句があります。1月7日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日で、どれも奇数が重なっている月日です。奇数が重なると陰(いん)となり厄が強くなると信じられています。五節句の日には厄を払う行事が行われていました。

五節句

 (10815)

「五節句」は七草、桃、菖蒲、笹、菊の節句などと名付けられ、日本人に親しまれています。
まずは節句の由来を調べてみました。
五節句の「節」というのは、唐時代の中国の暦法で定められた季節の変わり目のことです。暦の中で奇数の重なる日を取り出して奇数(陽)が重なると陰になるとして、それを避けるための避邪〔ひじゃ〕の行事が行われたことから)、季節の旬の植物から生命力をもらい邪気を祓うという目的から始まりました。この中国の暦法と、日本の農耕を行う人々の風習が合わさり、定められた日に宮中で邪気を祓う宴会が催されるようになり「節句」といわれるようになったそうです。
五節句には、3月3日、5月5日のように奇数の重なる日が選ばれていますが、1月だけは1日(元旦)を別格とし、7日の人日(じんじつ)を五節句の中に取り入れています。
「五節句」の制度は明治6年に廃止されましたが、今での年中行事の一環として定着しています。
季節の変わり目に行われる五節句は旬の植物などで邪気を祓い、
供物である飲食物で無病息災を祈る行事といいます。

それぞれの由来や風習とともに、どんな植物が厄を払い、
どんな飲食物がパワーを与えてくれるのか、ご紹介します。

1月7日:人日(じんじつ) 七草の節句

春の七草

春の七草

「七草」として知られている1月7日。この日は五節句の一番最初、《人日(じんじつ)の節句》にあたります。昔、中国には元日から六日までの各日に、獣畜をあてはめて占いを行う風習がありました。元日には鶏を、二日には狗(いぬ)を、三日には羊を、四日には猪(いのしし)を、五日には牛を、六日には馬をというように占っていき、それぞれの日に占いの対象となる獣畜を大切に扱いました。そして新年七日目は、人を占う日にあて、これを人を大切にする「人日(じんじつ)」という節句としました。またこの日は、七種類の若菜を入れた温かい吸い物を食べて一年間の無病息災を祈る日でした。
現代にまで伝わる、1月7日に七草粥を食べるという風習は、もともと日本にあった、七種類の食材で作った粥を食べて健康を願う風習と、正月に若菜を摘む風習とが、中国から伝わった「人日(じんじつ)」の風習と混じり合って、人々の間に根づいたものです。
よく知られた昔の和歌に「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ 春の七草」という歌があります。これら7種類の草を粥に入れたものが七草粥です。この七草粥を人日に食べて無病息災を祈ります。
今でも1月7日の食卓には七草粥がのぼります。現代では、冬でも青物が簡単に入手できますが、昔は、七草粥は冬に不足しがちなビタミンCを補う貴重な料理で、まさに健康食でした。

3月3日 :上巳(じょうし) 桃の節句

 (10936)

「桃の節句」の起源は平安時代より前であり、京の貴族階級の子女が、天皇の御所を模した御殿や飾り付けで遊んで健康と厄除を願った「上巳の節句」が始まりとされている。
やがて武家社会でも行われるようになり、江戸時代には庶民の人形遊びと節句が結び付けられ、行事となり発展して行った。その後、紙製の小さな人の形(形代)を作ってそれに穢れを移し、川や海に流して災厄を祓う祭礼になった。この風習は、現在でも「流し雛」として残っている。
桃の花は美しいだけではなく、厄払いや魔除け、長寿をもたらす力も持っているといわれています。桃が持つ不思議な力によって人々が救われたという数多くの伝説からも、そのパワーの強さがわかります。このような理由から、生命力の象徴ともいえる桃をひな祭りに飾る習慣が続いているのです。
桃の節句のお料理といえば、
地域や家によっても異なるようですが、一般的に菱餅・ちらし寿司・白酒・はまぐりのお吸い物・ひなあられ、などでお祝いをしているのではないでしょうか。彩りも華やかで春らしいお料理が並びます。
お料理の由来などはいろいろあるようですが。
例えばはまぐりのお吸い物は女の子のお祝いということで、幸せな結婚を願うことを象徴しています。
(蛤は他の貝とは絶対にあわないことから一夫一婦の願いを込めているそうです)。
そして菱餅の蓬(よもぎ)は健康、赤(桃や紅花)は魔よけ、白は清浄の意味を表すそうです。

5月5日:端午(たんご)  菖蒲の節句

 (12968)

端午の端は「はじめ」という意味で、「端午(たんご)」は5月最初の午(うま)の日のことでした。それが、午(ご)という文字の音が五に通じることなどから、奈良時代以降、5月5日が端午の節句として定着していきました。

江戸時代に入り、勢力の中心が貴族から武家に移るとともに、「菖蒲(しょうぶ)」の音が、武を重んじる「尚武(しょうぶ)」と同じであることから、「端午の節句」は、「尚武(しょうぶ)」の節句として、武家の間で盛んに祝われるようになりました。この節句は、家の後継ぎとして生れた男の子が、無事成長していくことを祈り、一族の繁栄を願う重要な行事となったのです。3月3日のひなまつりが、女の子のための節句として花開いていくのに呼応するように、5月5日の端午の節句は、男の子のための節句として定着していきました。

 この日、菖蒲や蓬を屋根や軒に挿して邪気を払い、香りの良い「菖蒲湯」につかり、菖蒲酒を飲んだり、粽や柏餅を食べたりします。また、鯉のぼりや旗のぼりを立て、鎧兜や武者人形、刀、槍などを飾る風習があります。
菖蒲や蓬で邪気を払う行事が、武士の時代になって、「菖蒲」を「尚武」とかけて、男子の節句として祝うようになったともいわれています。
柏餅が日本の歴史に登場したのは、寛永年間(1624~1644)頃のようです。
柏の葉は、新芽が出ないと古い葉が落ちないという特徴があるので、 「子供が産まれるまで親は死なない」即ち「家系が途絶えない」という縁起に結びつけ、「柏の葉」は「子孫繁栄」につながります。

7月7日 :七夕(たなばた)  笹の節供

笹の葉と短冊

笹の葉と短冊

旧暦の7月7日の夜に行われる行事。
星祭りとも呼ばれる、五節句の1つです。
中国に古くから伝わる、牽牛星(けんぎゅうせい・わし座のアルタイル)、織女星(しょくじょせい・こと座のベガ)の伝説に基づいた星祭りの説話と日本古来の農耕儀礼や祖霊信仰と結びついたと言われています。※月遅れの8月7日に行う地方もあります。
現在は7日の夜の行事になっていますが、本来は6日の夜に、短冊をつけた笹竹を軒下に飾り、7日の朝に川に流します。
後醍醐天皇の時代、宮中における七夕の儀式で、そうめんの原型といわれる「索餅(さくべい)」を供えたという記述があります。索餅は熱病を流行らせた霊鬼神が子供時代好きな料理で祟りを沈めるとされていました。やがて、索餅は舌触りのよい素麺へと変化し、七夕にそうめんを食べるようになったようです。
そうめんの他に、旬の野菜、瓜や茄子を食したという記述もあります。

9月9日:重陽(ちょうよう)  菊の節供

菊の花

菊の花

重陽(ちょうよう)は、五節句の一つで、9月9日のこと。旧暦では菊が咲く季節であることから菊の節句とも呼ばれる。
陰陽思想では奇数は陽の数であり、陽数の極である9が重なる日であることから「重陽」と呼ばれる。奇数の重なる月日は陽の気が強すぎるため不吉とされ、それを払う行事として節句が行なわれていたが、九は一桁の数のうち最大の「陽」であり、特に負担の大きい節句と考えられていた。後、陽の重なりを吉祥とする考えに転じ、祝い事となったものである。
邪気を払い長寿を願って、菊の花を飾ったり、菊の花びらを浮かべた酒を酌み交わして祝ったりしていた[1]。また前夜、菊に綿をおいて、露を染ませ、身体をぬぐうなどの習慣があった。
旧暦の9月といえば今の10月で作物の収穫が終わった頃。栗ごはんを炊いたり、お餅をついたりするなど、収穫を祝う習慣もあり、「栗の節供」ともいわれています。
五節句は、厄落としの行事として、古代、中国から日本に伝わり、
その習慣は時代とともに暮らしの中で受け継がれ定着しました。

七草や菖蒲、桃菊、笹という季節の植物で厄を払い、旬の食べ物で無病息災を願う。
こうしたことに節目の環境変化に対応する先人たちの知恵が感じられました。

五節句は、今でも旧暦の月日で行われていますから、
およそ、ひと月ほど遅い時期になり実際の季節に違和感があると思う人も多いでしょう。

しかし、今の暦に生き、旬のものに気づかずに生きるわたしたちは、
五節句を迎える時々に、その由来や意味などに思いを馳せ、
自然の恵みに感謝することが大切なのかもしれません。

ピックアップ記事

  1. 赤い糸
    愛染堂は縁結びのパワースポットとして大変有名な場所です。連日、好きな人との強い絆を願って多くの参拝者…
  2. 椅子に座っている高齢者
    愛染堂は縁結びや恋愛で有名なパワースポットです。ですが、実は腰痛を治すというご利益があるのをご存知で…
  3. 水面に広がる水紋
    大阪で大変有名な愛染堂勝鬘院。連日多くの参拝者で賑わっています。それは愛染堂勝鬘院をお参りすると、さ…
PAGE TOP