何をどんなときに贈るのがいい?”贈り物”に最適な縁起物特集♪

 

 

贈り物をしたいけど、何を選んだらいいか分からない、というときにはシチュエーションに合わせた縁起物はいかがですか?縁起のいいものであれば、贈られたほうはうれしいこと間違いなしです!
縁起物を贈る時のシチュエーションや、最適な縁起物をまとめましたので、参考にしてみてください。

開店祝いには「金色の招き猫」

 (33648)

招き猫には様々な色合いのものがありますが、開店のときなど金運にまつわるお祝い事のときには「金色の招き猫」を贈ります。金色の招き猫は小判を持っていることが多く、その小判に書かれた文字も「千万両」と、縁起のいい文字です。

金運以外にも、ピンクは恋愛運、青は学業、緑は家内安全や交通安全という意味があり、贈る相手の状況などによって色も考えましょう。

結婚祝いには「八角鏡」

 (33649)

八角形は風水的に縁起がいいとされています。8は末広がりの数字と言われ、縁起のいい数字と昔から言われています。西洋でも8は魂の再生や復活を意味していて、世界中で縁起のいい数字と考えられています。

八角鏡は気の流れをスムーズにする働きがあるといわれており、家庭内に悪いものがとどまらないようにする、いい気の流れを作るという効果があるため結婚祝いに最適な贈り物です。

安産祝いに「昆布」

 (33650)

昆布は「よろこんぶ」との語呂合わせでお祝い事には欠かせない存在ですが、実は安産祈願としても使われます。

「子生婦」という漢字を当てて、安産祈願として産休や育休に入る人への贈り物として喜ばれます。知っている人も少ないため、周りの人と被らない贈り物がしたいという人にもオススメです。

シチュエーションに合わせて「達磨」

 (33651)

達磨は「七転び八起き」の縁起物とされていますが、招き猫と同様に色によって意味合いが異なります。

一般的に目にする赤色は魔よけ、白は勤勉、黒は出世や商売繁盛、緑は健康、金は金運となっています。贈り物をするシチュエーションに合わせて色を選ぶのを忘れないように、意味を間違えないようにすることが大切です。

出世の象徴「富士」

 (33652)

富士は初夢に見ると縁起がいいとされていますが、贈り物としても喜ばれます。

富士は高い目標や理想を表すため、贈る相手の出世を願う贈り物として最適です。また富士の中でも「赤富士」は特に縁起がいいとされています。赤富士はほとんど見ることが出来ないため、赤富士を見た人は災厄から逃れたり、商売繁盛の願いがかなうとも言われています。

また、子宝に恵まれるというジンクスもあるため、子供を望む人への贈り物とされることもあります。

まとめ

いかがでしたか?
縁起物はたくさんありますが、それぞれ意味や効果が違うため、贈る方にあった縁起物を贈るのが良いですよね。
縁起物をプレゼントするときに、意味を伝えてあげればなお良し!
ぜひ意味も一緒に伝えてプレゼントしてみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 宝くじを当てたいとは誰もが思うもの。でも、実際にはよく当たる人もいれば、まったく当たらない人もいます…
  2. お墓参りに出かける年中の行事と言えば、お彼岸やお盆が挙げられます。年2回あるお彼岸に、家族でお墓参り…
  3. お彼岸にお墓参りや法事に行く人は多いでしょう。そんなお彼岸にもマナーがあるのをご存知ですか?お彼岸に…
PAGE TOP