2016年4月8日 更新

【愛らしい♪】福島県の名物! 縁起物と有名な牛【赤べこ】

「赤べこ」は赤い牛の縁起物です。ゆらゆらする首が可愛いです。今回はそんな福島県のご当地名物の「赤べこ」について、またその関連について調べてみました。福島に行った際はぜひ見てみてくださいね。お土産にもぴったりです。

1,790 view お気に入り 0
今から四百年ほど前の1611年に会津地方を襲った大地震でここ柳津も大被害を受け、虚空蔵堂をはじめ僧舎・民家が倒壊し多くの死者が出ました。その後の1617年に初めて虚空蔵堂(本堂)は現在の巌上に建てられたました。
本堂再建に使われた大材は、只見川上流の村々からの寄進を受け、只見川を利用して運ばれましたが、ここから巌上に運ぶのに大変困り果てていたところ、仏のお導きか、どこからともなく力強そうな赤毛の牛の群れが現れ、大材運搬に苦労していた黒毛の牛を助け、見事虚空蔵堂を建てることができたのです。
赤毛の牛の群れはなぜか虚空蔵堂の完成を待たずにいずこへともなく姿を消したと言われ、後に大材を運んでくれた牛に 感謝の気持ちと、ねぎらいをこめて建立されたのが開運「撫牛」であり、一生懸命手伝った赤毛の牛を「赤べこ」と呼び、忍耐と力強さが伝わりさらには福を運ぶ「赤べこ」として多くの人々に親しまれるようになりました。(福島県柳津町HPより)
その後も、この赤べこは、会津地方で伝染病が流行した時、赤べこを持っていた人が、病気にかからなかったということで、災難をよけたり、願いを叶えたりと縁起物のお守りとして有名になりました。
「撫牛」とは牛の銅像・石像のことで、頭を撫でたり身体に触るとご利益があるとされています。
この「撫牛」は福島県だけではなく、全国にあるので見かけた方も多いのではないでしょうか。
銅で造られた「撫牛」は頭のところや身体がツルツルになっているのが特徴ですね。

牛(べこ)について

 (11737)

こうして赤べこについて記事を作っていて、ふと思い出したのは、牛がつく言葉には神聖な意味、つまり縁起が込められているのではないかと疑問に思いました。牛がつく言葉、例えば英語では"Holy cow"、漢字には、特別の"特"と言う字に、牛がついています。
最後になりますが、牛について調べてみました。
「holy cow」という言葉は、そのまま訳すと「聖なる牛」という意味なのですが、「なんてこった!」のように驚きを表現するために使われます。このスラングはアメリカとカナダでよく使われるようですが、その語源はたくさん存在しており、どれが本当なのか誰もわかっていないようです。一説では、ヒンドゥー教において牛は聖なる生き物として見なされているので、インドで車を運転する時に牛に当たりそうになった時に、「holy cow!(聖なる牛だぞ!)」と叫んだことから、そういうスラングが生まれたようです。

しかし、説はそれだけではありません。「オーマイゴッド!」のように「holy christ(聖なるキリスト)」と神に対して驚きを示す表現で、「chirist」が「cow」に変化していったという可能性もあるようです。

さらに、「バットマン」の初期のアニメシリーズでバットマンの相棒であるロビンが驚きを表現する時に、強調したい後の前に「holy」をつなげて、「holy batman!(なんてバットマンだ!)」、「holy headache!(なんて頭痛だ!)というように驚きを表すことが多かったようで、そこで彼が言った「holy cow」という言葉をファンが面白いと思ったことから、人々が流行語のようにその言葉をよく使うようになったという説もあります。

また、「holy」には「hole(穴)」という言葉がかけられているとも考えられており、「Holy buckets!」のようにして、同じく「なんてこった!」という驚きを表すの意味で使われるときもあります。

はたして、スラングである「holy cow」の語源は、「牛」なのか、「神」なのか、「バットマン」なのか? さまざまな説があるので、そのことに対して「holy cow!(なんてこった!)」と言ってしまいそうです。
洋画を観たり、英語圏の国に行くとよく耳にする"Oh My God" や"Jesus"と言う表現。
困った時に、神様に頼っていることが分かります。英語圏ならではの表現ですね。
牛の字はウシを意味する。『説文解字』ではウシの二つの角、頭、肩、尾の象形とするが、甲骨文字を見ると、ウシの頭部のみの象形である。ウシは中国において古くから飼育された家畜であり、六畜(馬・牛・羊・鶏・犬・豚)の一つに挙げられている。家畜であるウシはその肉が食用され、乳が飲用される他、農耕や運搬のための労働力としても利用されてきた。また古くから祭祀の生贄として用いられ、その血や肉が神や祖霊に捧げられてきた(これを犠牲という)。このように牛は身近な動物であり、その形に象る独自の字を持ち、部首ともなっている。

偏旁の意符としてはウシやウシに類似した動物に関することを示し、またウシは家畜として農耕牧畜や祭祀の生贄(犠牲)に用いられたので、そのようなことに関することも示している。

牛部は上記のような偏旁を構成要素にもつ漢字を収める。

なお牛部の漢字ではないが「牛」を構成要素にもつ「告」について康熙字典では篆書にもとづき縦棒が下に貫く字形としているが、日本の新字体や中国の新字形では筆記体により貫かない字形に改めている。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2017年はお金を貯めるぞ!金運UPの【寅の日】はいつ?

2017年はお金を貯めるぞ!金運UPの【寅の日】はいつ?

欲しいものを買うにしても、何か習い事をするにしてもお金がなければ何もできません。2017年、お金をしっかり貯めたい金運アップを目指す人はいませんか?金運アップを狙える縁起のいい日にち、「寅の日」があります。2017年、金運が良いとされる縁起の良い寅の日っていつでしょうか?
hiro | 873 view
大切なあの人に【縁起物のプレゼント】を贈りませんか?

大切なあの人に【縁起物のプレゼント】を贈りませんか?

今回、プレゼントに最適な縁起物をピックアップしてご紹介しようと思います。結婚記念日や結婚祝い、出産祝い、還暦祝いなど、目的に合ったプレゼントを見つけてメッセージを込め、大切なあの人にプレゼントしてみませんか?
eternal.m_inch | 2,724 view
お正月に飲む縁起物【大福茶】で新年をお祝いしよう♪

お正月に飲む縁起物【大福茶】で新年をお祝いしよう♪

「大福茶」は関西地方でお正月に飲まれる新年を祝うお茶です。大変縁起がいいものとされ、大福茶を飲めば邪気が払われ、新しい一年に幸福をもたらすとされています。全国的にはあまり知られていませんが、その謂れは古く、平安時代から続いている風習です。
kintuba | 1,906 view
大切なお正月の縁起物【お屠蘇】ってどんな飲み物?♪

大切なお正月の縁起物【お屠蘇】ってどんな飲み物?♪

お正月の定番と言えば、おせち料理はさることながら「お屠蘇」も忘れてはいけません。「お屠蘇」は体に良く、子どもでも微量ではありますが飲むこともあります。今回は、そんな縁起物「お屠蘇」についてご紹介します。
s16ak009 | 638 view
これも縁起物!いつ飲んでもおいしい~♪【甘酒】について

これも縁起物!いつ飲んでもおいしい~♪【甘酒】について

甘酒は「飲む点滴」と言われるほど栄養価の高い飲み物です。そのまま飲んでもいいのですが、温めるとさらにおいしくなります♪またアルコールは含まれておらず、子どもでも安心して飲める飲み物です。今回はそんな甘酒にまつわる縁起物についてご紹介します。
s16ak009 | 672 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

s16ak009 s16ak009