獅子の置き物が縁起物なのはなぜ?獅子の本来の姿とその意味などについて解説!

 
獅子の置物

部屋に獅子の置き物が置いてあるのを見たことがありませんか?実は獅子の置き物は大変縁起がいいとされ、多くの人たちから親しまれています。商売をしている家やお金持ちの多くは、獅子の置き物が飾られています。何故獅子の置き物が縁起がいいとされているのかその理由について解説します。

獅子の置き物のもととなっている獅子とは?

獅子の置物
「獅子』と言えば、多くの人たちはライオンを思い浮かべるでしょう。ですが、獅子の置き物を思い出してみてください。あれはどう見てもサファリパークや動物園にいるライオンには見えません。獅子の置き物のもととなっている獅子とはどういう存在なのでしょう。

まずは獅子とはどういう生き物なのかについて解説します。

獅子は伝説上の生き物

獅子の置き物がもとになっている獅子とは、高麗から伝説として日本に伝わった想像上の生き物です。どちらかと言うと犬に近いイメージがあったと言われています。

日本では神社などの入り口の両脇に、狛犬が2体安置されていることがあります。この狛犬は片方は角があり、もう片方は角がありません。このうち角がある方が獅子の置き物として取り入れらている獅子です。

ちなみに中国ではそれぞれの動物の長である瑞獣(ずいじゅう)という伝説の生き物が存在します。この中に「?豸(かいち)」という伝説上の動物がいます。中国では「?豸(かいち)」はどちらかと言うと伝説上の麒麟(きりん)と似た姿をしています。ですが、朝鮮半島では獅子と大変似ています。このことから、「?豸(かいち)」と獅子は混同されることがあります。

ライオンをあらわす獅子とは別物

獅子の置き物にもなっている獅子はライオンをもとにしたと言われています。ですが、獅子の存在そのものは伝説上の生き物で、実在しません。ライオンをもとにして生み出された獅子ですが、あくまで伝説上の生き物です。

「獅子」と言われたらライオンを想像する人もいますが、厳密には獅子はこの世には存在しない生き物ですから、ライオンではありません。だから、見た目が実際のライオンと大きく異なっているのです。

獅子の置き物が縁起物とされている理由

ライオン
獅子の置き物はどうして縁起物として親しまれているのでしょう。それは伝説上の生き物である獅子に大きく関係していました。獅子の置き物が縁起物とされている理由について、ご紹介します。

凶相から魔除けの意味が強い

獅子の置き物は見た目がお世辞にも可愛いとは言い難く、どちらかと言うと「怖い」や「恐ろしい」という表現がぴったりします。それは獅子の置き物の顔がどれも凶相をしているからでしょう。

獅子の置き物のほとんどが凶相なのは、その表情で悪いものを退けているからです。悪いものは恐ろしい顔のものを見ると、驚いてそれ以上近づこうとしません。自分よりも強くて負けてしまうと思うからです。

このことから、獅子の置き物は魔除けとして昔から親しまれてきました。家に飾っておくと悪いものから癒えや家族を守ってくれると信じられていたのです。悪いものを退けることができれば、代わりに幸運が入り込んできます。だから、獅子の置き物は縁起物とされているのです。

獅子にまつわる伝説が多いから

獅子には神がかった伝説が数多く残っています。

沖縄のシーサーは沖縄を天才から守る獅子神です。その昔、沖縄で大きな火事が相次ぎ、住んでいた人は途方に暮れていました。すると風水師が、獅子の像をつくって安置すれば火事はなくなると言います。その言葉を信じて早速獅子の像を作って安置しました。すると、それ以降、大きな火事が起こることはなくなったそうです。

また、その昔、道徳心を欠いた人たちが多く住んでいた村がありました。その村で唯一親切心と道徳心を失わなかった老婆は観音様から、「村の入り口にある石の獅子の目が赤くなったら洪水が起こるから逃げるように」というお告げを受けます。しかし、その話を信じなかった村人たちは、医師の獅子の目が赤くなっても村から逃げ出しませんでした。その結果、老婆以外の村人たちは全員洪水に巻き込まれて亡くなってしまいました。

このように獅子には神がかった伝説や、神様と関係している伝説が数多く残されています。このような不思議な伝説が多いため、獅子の置き物にはきっと神様の力が宿っているとされ、縁起物とされるようになったのだそうです。

風水でも獅子は良いとされているから

風水では、獅子は「吉祥瑞獣」と言われて親しまれています。風水が盛んな中国では、今でも重要な政府機関などの入り口やデスクには、獅子の置き物が置かれています。これは獅子の置き物に邪気を祓う力があると考えられているからです。国の中枢を司る機関に獅子の置き物を置くことで、国の繁栄と安定を願っています。

また、獅子の置き物は財産運や仕事運を高めるとも言われています。悪いものを祓うことで、多くの人間が望む財産や仕事に関する良い運気を引き寄せることができるとされているからです。

このように風水では特に獅子は幸運を引き寄せる重要な存在として位置づけられています。ここから、獅子の置き物は縁起が良いとされるようになったのです。

縁起の良い獅子の置き物はどこに置けば良い?

玄関
縁起がいいとされる獅子の置き物ですが、どこに置いても縁起のいい効果が得られるというわけではありません。決まった場所に獅子の置き物を置くことで、より縁起のいい効果が得られます。その置き場所について解説します。

玄関

縁起がいいとされる獅子の置き物の最適な置き場所は、玄関です。何故なら、家に入り込んでくる運気は玄関から入ってくるとされているからです。

玄関は人の出入り口です。その時、一緒にさまざまな運気も家の中に入ってきます。私たち人間が「運」と呼んでいるものは人間にくっついてやってくるのです。

そこで、人間の出入り口である玄関に獅子の置き物を置くと、悪い運気は入ってこなくなります。獅子の置き物が退けてくれるからです。その代わり、良い運気だけを家の中に招き寄せてくれるので、縁起のいい置き場所とされています。

寝室

縁起がいい獅子の置き物の良い置き場所は、寝室も挙げられます。人間の運気は眠っている間に身体から出たり入ったりしていると考えられているからです。

人間は眠ると意識がなくなります。すると、肉体に宿るさまざまな気が自由になり、出たり入ったりするようになります。この時、周囲を漂う運気も一緒に肉体から出たり入ったりするようになるのです。

寝室に獅子の置き物を置いておくと、寝室に存在している悪い運気は祓われます。悪い運気が祓われると、代わりに良い運気が寝室に入ってくるようになります。そして、眠っている間に寝室に充満した良い運気を体内に取り込むことができるとされているのです。

人が多く集まる部屋

人が多く集まる場所も、獅子の置き物の置き場所としては最適だと言われています。良い運気は多くの人たちが集まる場所に集まりやすいと言われているからです。

ただし、集まってくるのは良い運気ばかりとは限りません。その中に混じって悪い運気も集まってくることがあります。その集まってきた悪い運気を獅子の置き物が祓ったり退けたりしてくれるのです。

まとめ

獅子の置き物は何故縁起がいいとされているのかについて解説してきました。獅子はライオンではなく、伝説上の生き物です。だから、獅子の置き物はライオンとはまったく別の姿かたちをしているのです。風水では獅子の置き物は最強の縁起の良いアイテムだとされています。是非、自分の家に獅子の置き物を置いて幸運を引き寄せてください。

絵写経

ピックアップ記事

  1. プロローグ:気分をリフレッシュさせるために、和風クラフトとプチ茶道体験に挑戦仕事や家庭のことなど…
  2. プロローグ:あまり気負わずに、自分と向き合う時間を求めて「日常生活から少し離れ、自分と向き合う時…
  3. 明治神宮
    東京は日本の中心ですから、たくさんのお店や会社が立ち並んでいます。商売をしている人が多いということは…
PAGE TOP