家の守り神に!縁起物の獅子の置物を飾ってみよう♪

 

 

縁起物の置物はお守りのように持ち運ぶより、インテリアとして飾ることで効果が期待できます。今回は縁起が良く見た目も豪華、そんな獅子の置物についてご紹介いたします!絶大な魔除けパワーを誇る獅子、お部屋にひとつ飾ってみませんか?

獅子の置物

【九谷焼/置物】8号立獅子 盛(布団付)

凛々しい顔立ちと、逆立つ体毛・・・と、とにかく強烈な印象を持つ獅子。
どう猛さが漂う獅子をインテリアに取り入れるのは難しいのでは・・・思う方もいるかもしれませんが、獅子には悪いものを退治する能力があると言われているのです。
獅子の置物を飾って、家内安全を願ってみませんか?
様々な獅子の置物をご紹介します♪
 (17738)

吉祥の瑞獣(ずいじゅう)として風水でも優れた力を持つと言われる「獅子」。「仕事運」「財運」を招きながらも、運気が下がる邪気などは追い払う魔除けの力を持つとも言われています。

職人により、九谷焼の伝統技法である「盛」を駆使して細部までこだわって描きあげられ、立体的な伝統美術工芸作品として、見る人を魅了する作品に仕上がっています。

「家内安全」「商売繁盛」などを願う縁起物として、ご贈答品としても最適。九谷焼ならではの縁起置物を是非ともお楽しみください。

伝統工芸の九谷焼でできた獅子に、守ってもらいましょう!その精緻な面が美しい色合いながら、迫力満点です♪

風水・開運置物 玉獅子

 (17742)

ミニサイズのかわいい玉獅子の置物です。睨みの効いた鋭い顔つきからしっかりと家を守ってくれそうな獅子です。

獅子とは、魔除け・除災の守り神として、神社やお寺の門前などに左右一対(阿吽)で置かれることの多い想像上の霊獣です。
ライオンを源流とし、沖縄ではシーサーとして家庭でも馴染み深い存在です。
重量のあるしっかりとした造りになっています。
玉獅子の置物、雌雄のセットです。

こちらは雌雄一対の置物です。サイズが小さめにできているので、ちょっとしたところに手軽に飾ることができそうですね。部屋のインテリアを邪魔する心配もなさそうです♪

ガーデニング 置物 獅子 オブジェ

 (17746)

古代アートの雰囲気をそのままインテリアに。
アンティーク感のある石刻調のモチーフ。

観葉植物等と一緒に玄関等のインテリアなどに!
(「獅子」は邪気を追い払うとして、風水でも人気です)

どっしりとした存在感は
置いた場所を ‘きりり’ と引き締めてくれます

可愛い顔をした獅子の置物です!
見た目はのほほんとした感じがしますが、しっかり牙をむいていて、あらゆる厄災から守ってくれそうです。
これなら、洋風のお部屋や玄関などにも置いて楽しめそうですね♡

樹脂製ラッキーカラー 「獅子」

 (17750)

獅子を玄関に置いて魔除け・厄除けに☆

獅子は仏教と非常に縁の深い神獣で、古代インドで仏様の守護獣として、仏様の両脇に獅子が置かれたのが発祥とされています。

インドから中国へ仏教と共に伝えられた獅子は、唐代に日本の遣唐使が持ち帰り、日本でも独自に狛犬として発展しました。
日本の各寺社で見られる狛犬には、その建立された時代により、
・片方が狛犬、片方が獅子の一対
・両方とも狛犬で一対
・両方とも獅子で一対
の3通りの姿があります。

ちなみに、沖縄地方で見られるシーサーも、「獅子」を沖縄方言で発言したもので、同一の魔除け・邪気除けの神獣となります。

さらに!風水ラッキーカラーで彩られているため、勝負運や仕事運、対人運などを高め、ひいては全体運・総合運祈願につなげるといわれる風水アイテムです!!

とてもカラフルな獅子の置物ですね!ラッキーカラーで彩られた、ポップなスタイルは若者にも受け入れやすいかも?

牡丹獅子 ■鉄製 化粧箱入【高岡銅器】

 (17754)

高岡銅器は、1611年二代目加賀藩主前田利長が、高岡築城に際し、城下の繁栄をはかる産業政策として鋳物師を招き、鋳物工場を開設した事が始まりです。
花器、仏具等の鋳物に彫金を主体とする唐金鋳物を作り出したことにより発展し、明治期にはパリ万国博覧会などで世界的に名を馳せました。
昭和50年には、日本で最初に国の伝統工芸品産地の指定を受け、新商品の開発・需要の開発・人材の養成に努めています。製品は卓上置物から、ブロンズ像、大仏にまで及び全国の生産量の90%以上を占めています。
重厚感が圧巻の、高岡銅器の獅子です。伝統工芸の凄みと、生き生きとした獅子の表情に注目の一品です!

好みに合わせて

獅子の置物について探っていくうちに、厄除けだけでなく財運や仕事運まで見守ってくれるパワーがあることを知りました。
まだまだ紹介し足りないほど、獅子の置物はいろいろあります。伝統工芸の技が光るものや、ライトな感覚で利用できるものまでありますので、好みや室内空間に合わせて選んでみましょう。
きっとあなたを悪い気から守り抜いてくれるはず♪

ピックアップ記事

  1. 宝くじを当てたいとは誰もが思うもの。でも、実際にはよく当たる人もいれば、まったく当たらない人もいます…
  2. お墓参りに出かける年中の行事と言えば、お彼岸やお盆が挙げられます。年2回あるお彼岸に、家族でお墓参り…
  3. お彼岸にお墓参りや法事に行く人は多いでしょう。そんなお彼岸にもマナーがあるのをご存知ですか?お彼岸に…
PAGE TOP