【厄年】「長いものを身に着けると良い」その意味は?【縁起】

 

 

あなたは「厄年」を気にしますか。日本では、男性42歳、女性33歳の大厄を迎えた人には特に、厄除けの意味を込めて「長いもの」を贈るという風習があります。それはなぜなのでしょうか。今回はそんな厄年について調べてみました。

厄年とは何?

無料イラストなら「イラストAC」 (8853)

厄年(やくどし)は、日本などで厄災が多く降りかかるとされる年齢のことである。平安時代にはすでに存在し、科学的な根拠が不確かで起源も曖昧だが、根強く信じられている風習である。

陰陽道に起源があると考えられているが出典は定かではない。何歳が厄年であるか、またその年齢が厄年とされる理由はさまざまである。

陰陽道に起源があると考えられているが出典は定かではない。何歳が厄年であるか、またその年齢が厄年とされる理由はさまざまである。

女性 厄年早見表

女性 厄年早見表

〚本厄〛は男性の場合は、数え年で25歳、42歳、61歳
女性の場合は19歳、33歳、37歳とされている。

特に男性の42歳、女性の33歳は〚大厄〛と呼ばれ、凶事や災難に遭う率が非常に高い。

男性 厄年早見表

男性 厄年早見表

厄年なんて迷信だよと思っても、自分や自分の身内が本厄を迎えるとやはり気にしますよね。
日本では、科学的に明確な根拠は示されていなくても、
人の心に深く浸透しているジンクスがいくつもあります。
神社で厄年早見表がおいてあり、お祓いをやっていることを考えると、
やはり迷信とは言い切れないなと感じます。

厄年に「長いもの」を贈るといい、と言われる理由。

ご長寿(きんさん・ぎんさん)

ご長寿(きんさん・ぎんさん)

「長いもの」が表す意味とは・・・!?

○長寿

長いものには「長寿」の意味が込められています。

昔は今よりも寿命が短かったため、より長生きできるように
長いものを人の一生に見立てて、縁起がいいものとしていたのです。

年越しそばがそのいい例ですね!
厄年に長いものを身に着けることによって、健康を願うということにつながります!

○魔除け

生き物の中で長いものの代表格と言えば「蛇」ですね!
(個人的にはめっちゃ苦手だけど・・)
蛇は昔から、邪気を払ってくれる魔除けの生き物とされてきました。

このように、長寿や魔除けの意味が「長いもの」には込められていることから、
厄年に身に着ける風習が生まれたようです!

「長いもの」の贈り物、具体的にはどんなもの?

無料イラストなら「イラストAC」 (8863)

厄年の人には厄除けの意味を込めて「長いもの」「七色のもの」「うろこ模様のもの」をプレゼントすると良いと言われています。

男性ならば、ネクタイやベルトなどスーツ姿に合うもの。
女性ならば、スカーフやネックレスなどが人気です。
マフラーや長財布であれば、男女とも厄年のプレゼントに喜ばれます。
特に肌身離さず身に付けられる縁起物で実用的なものですからきっと喜ばれます。

また七色のもの、と言えば真珠が挙げられます。
真珠のネックレスを持っていない人であれば、厄年の機会に1本贈っておくのも良いのではないでしょうか。

※厄年が終わったら「長いもの」はどう扱う?

厄年に身に着ける「長いもの」は、いわゆるお守りのようなもの。
厄年が終わったらどう扱うべきなのでしょうか?
調べてみると

○ 神社やお寺に依頼して引き取ってもらう(代わりにお布施を払う)
○ 自分で塩をかけ浄化し、そのまま持ち続ける

という2通りの扱い方が一般的のようです。
長く使えるものなら後者の方がいいかもしれませんね!

長いものが良い理由を理解して、贈るのに適した具体的な品物を知れば、
厄払いは面倒でも難しいことでもないのがわかりますね。
他には、神社でお守りをいただいたり、最近では厄除けのパワーストーンなどもありますね。

厄年の贈り物をするタイミングは?

無料イラストなら「イラストAC」 (8868)

厄年の贈り物はいつ準備する?

厄年の贈り物は、厄払いの意味がありますので、厄払いを行うとされている日に間に合わせるようにすべきです。

一般的には節分の日までといわれています。
厄年は新年が明けてから始まっているわけです。なので、早ければそれにこしたことはありませんが、遅くとも節分までと心得ておいてください。

その他の候補を挙げておきます。
・誕生日
・大安日

厄除けをする神社やお寺の時期にもよりますので、その時期に間に合うように、でもかまいません。厄年自体が風習の一つなので、絶対にこの日でなければいけないという時期はないと考えてください。

出産や子育ての時期にあたる33歳の「大厄」に神社などで厄払いをしたり、
周りの人から厄払いの贈り物をされた思い出のある女性の中には、
今無事でいるのはあの時のおかげと、感謝の気持ちを持っている人もいらしゃるのではないでしょうか。

神社での厄払いについて。

 (8871)

厄年ってやっぱり厄払いした方がいい?

厄年の時は、災いに見舞われないようにする対策として、あらかじめ神社で厄払いをして頂いたり、お守りを授かる方も多いのではないでしょうか。

厄年だからって別に気にしないと言われる方は、普段通り過ごして行けば良いでしょう。

気持ちの持ちようと言えば気持ちの持ちようですが、厄払いをする事で一年スッキリとした気持ちで安心して過ごせるならするべきですよね。

厄払いをする時期は?

厄年の厄払いっていつすればいいの?

厄年のお祓いをする時期に関しては、正解はないようです。
しかしながら、あんまり年の終わりの方にしても、すぐに新しい年が来てしまいますので、お正月あけてから節分までにするのが一般的だと言われています。

実は、厄年の考え方は世界中で浸透している

 (8877)

国それぞれの厄年の年齢と厄除けの仕方があります。

◎中国
自分の生まれた干支の年が厄年なので、12年に1度は厄年が来ます。厄年の人は金色や赤い物を身に着けることが厄除けになると言われています。

◎イギリス
男性は4のつく年齢、女性は7のつく年齢が厄年と言われています。厄の年齢の数だけ木の実を集めて、三日三晩さらして木の実を焼くことが厄除けと言われているそうです。

◎スペイン
男性は24と44歳、女性は14歳と34歳が厄年です。厄年の人は家族や友人に見守られながら、厄年の年齢の数の馬の肉片を食べると言われています。その後、踊り明かすのが厄除けになるそうです。

◎ロシア
男女ともに9歳から79歳まで9のつく年が厄年になります。厄年には、馬に乗り、周囲の人が歌う中、落馬します。落馬することが厄落としなんだそうです。

◎ドイツ
男性は4歳から64歳の4のつく年、女性は9歳から59歳までの9のつく年です。厄落しとして小さな紙人形を年の数だけ作り、それを泥の中に立てて、お祭り騒ぎをしながらいつの間にか人形がなくなるようにするのが厄除けの儀式です。

◎エジプト
4歳から4年後に厄年が来て、それが50代まで続くと言われているそうです。厄落しは、隣近所の老人から布の端切れをもらい、それらを足していって身に着けるものを作ります。その服が厄除けになるのです。

日本の厄年は数え年で計算していますが、国によって様々な厄年や厄落としの方法があるのですね。
厄年という言葉は共通ではないにしても、
「運気が悪い年がある」という考え方は世界共通のようでとても興味深いです。

ピックアップ記事

  1. アーユルヴェーダはインドのスリランカ発祥の医学。生命の科学とも呼ばれています。その効果は体質…
  2. 大変縁起が良い日とされている一粒万倍日。この日は、何を始めても良い結果が得られると言われています。多…
  3. これで金運アップ!お守りを財布に入れるときの注意点や財布の扱いかた
    最近では、金運アップのために財布にお守りや縁起物を入れているという人も増えてきました。お守り…
PAGE TOP