《どれも可愛い♪》世界にある縁起の良い人形をご紹介!

 

日本はもちろん、世界にも縁起物はたくさんあります。今回は可愛くて縁起が良い人形たちを紹介しようと思います。海外に旅行に行った際には、意味を伝えながらお土産としてプレゼントすると喜ばれると思いますよ!!

エケコ人形

エケコ人形ってご存知ですか?
独特の顔をしていますよね。一度見たら忘れないと思います。
 (1234)

エケコ人形は「欲しい物を持たせると実際の物が手に入る」と言われています。実際、エケコ人形は富の象徴でもあるお金(ドル紙幣)や家、テレビからサトウキビ、ジャガイモ、お米、小麦などの食料品まで、上着が見えなくなるほど色々なものを背負っています。

首から色々なものをぶら下げた奇妙な「エケコ人形」は、恋愛成就の願掛け人形として有名になりました。恋愛以外に就職活動(就活)や金運・健康運などの願掛けで購入されている方も多数いらっしゃいます。

ボージョボー人形

ボージョボー人形は結び方で願いが変わるとは言われる人形です!
ボージョボー人形について少しだけですが紹介致します。
 (1887)

日本のTVで何度もとり上げられ、そのたびに話題となるボージョボー人形は、マリアナ諸島の先住民、チャモロ(チョモロ)族の間に古くから伝わる願掛け人形です。
手足の結び方によって色々な願いが叶い、人々に愛と富をもたらすとされています。
★愛が欲しい時★
男の子の右足と女の子の左足を結ぶ
ボージョボー人形の結び方には子宝というのは特にありませんので
もっとも近いこの結び方をすれば良いでしょう
他にも色々と結び方があるみたいです。 恋愛や金運や健康など…あるみたいです。
自分が叶えたい願い事で結び方を探してみてくださいね♪

ウォーリードールで悩み解決?!

ウォーリードールを知ってますか?
興味があったので調べてみたら…ウォーリードールの効果が書かれていました。
とても欲しくなりました!
気になる世界の「招き○○さん」_世界の縁起物 (1901)

ウォーリードールはグァテマラのマヤ族に伝わるお守りで、悩みや不安に思っている事をウォーリードールにささやいてから、枕の下に置いて眠ることで、目覚めた時にはウォーリードールが悩みや不安を全て取り除いてくれると云われています。

ウォーリードールは、2cmから3cmほどのとても小さな人形で、
一人ではなく、6人くらいの人形がセットになっています。
セットなので、巾着袋や箱などに入れて売られていることが多いです。
不安を聞いてもらい問題が解決していく度に、一人ずつ人形を土の中に埋めていくと云われています。

ウォーリードールは一人一人手作りなので、微妙に顔の表情も違ったりします、
一人ずつ名前をつけて、不安を相談すれば効果があがるなんて説もあります、
ウォーリードールの表情を見て、どの悩みを相談するか決めたら、
さらなる効果が期待出来るかもしれません。

ノーム人形って知ってますか?

ノーム人形はガーデニングなどよくみかけることがあると思います。
お庭だけではなく、部屋のインテリアとして飾ってみてはいかがでしょうか?
ノーム人形について書かれていた記事があったので、載せてみました。
こはくとあゆがなー|れれれのれなー!\(^O^)/ (1907)

ノーム(Gnome)は、ヨーロッパで古くから親しまれてきた、大地を司る伝説の妖精です。体は小さく15cmくらいと言われ、主に森林の地中で生活しており、赤い三角帽子をかぶり、老人のような容貌をしている、と言われています。
またノームは、手先が器用で知性も高く、金銀を蓄え優れた細工品を作ると言う伝説から、ヨーロッパでは、幸運・財運を呼ぶ小人として、キノコやテントウムシなどと戯れるノームの置物が親しまれています。
また、森の番人のイメージから、ガーデンオーナメントとしても人気があります。

最後に…

 (12445)

皆さんいかがでしたでしょうか?さっそく欲しくなってきましたか?
こんなにも世界には色々あるなんて思いませんでしたね。
これをみてさっそくお部屋のインテリアに飾って頂けたら嬉しいです♪
他にもたくさんあるので、皆さんにピッタリなアイテムを見つけて頂けたら嬉しいです。
少しだけの内容でしたが、皆さんに少しだけだも役に立てたらと思います。
皆さんにたくさん幸せが訪れますように♪
絵写経

ピックアップ記事

  1. 七五三の衣装
    七五三と言えば、子どもの成長を祝う行事としてお馴染みです。しかし、七五三を行う意味を知ってい…
  2. 安産祈願
    「安産祈願の神社・お寺の選び方が分からない」という妊婦さんは多いのではないでしょうか。そこで…
  3. 無病息災の絵馬
    何をするにも健康であることが第一です。しかし、身体の不調や病気が原因で思い通りに動けないとき…
法隆寺
PAGE TOP