厄年男女必見!これだけは避けたい縁起が悪い厄年の過ごし方!

 

厄年の中でも一番気を付けなくてはいけないといわれているのが大厄(男性=42歳、女性=33歳)の年齢の時です。男女ともに今後の人生に関するとても大切な時期です。そんな時に厄年だなんて・・・どうにか回避する方法はないのでしょうか。

そもそも厄年って何?

 (13160)

厄年というのは、陰陽道で教育、宣伝されているもので、その年齢になると厄災が降りかかるとされています。平安時代には、すでに厄年という概念があり、現在まで長いこと受け継がれてきている風習です。

厄年って男性・女性は、それぞれ違う。

 (13162)

実は厄年には様々な種類があります。

中でも、もっとも大きな苦難があるとされているのが、男性42才、女性33才にやってくる大厄です。

男性の場合、仕事上で重要な立場を任される年齢でもあり公私共にとても忙しい時期になりますし、女性の場合も育児や仕事の両立など精神的に疲労しやすい時期と考えられています。

このため、健康を損ねたり災難に見舞われたりしやすいとされているのです。

厄年の中でも一番気を付けなくてはいけないといわれているのが
大厄(男性=42歳、女性=33歳)の年齢の時です。

これは女性は妊娠出産の時期・男性は仕事が最も忙しくなる時期と重なりますね。
男女ともに今後の人生に関するとても大切な時期です。
そのままにしておくのは危険です。厄払いに行きましょう!
・・・いつ行ったらいいのでしょうか?

厄払いはいつまでに、どうすればいいの?

 (13163)

本厄に限らず、前厄や後厄にもお祓いに行くという方は多いと思います。

では、厄払いに行くにはどのタイミングがもっともよいのでしょうか。

厄払いは、厄年に入る前に行うのがよいと言われています。

となると、新年になる前の大晦日まで、と思われるかも知れませんが、昔は立春を新しい一年の始まりとしていました。

立春とは節分の翌日ですから、元日から節分の前までに厄払いをするのがよいとされています。

また、厄払いには神社へ行かれる方も多いと思います。

厄払いに行く時期は上記の通りです。
でも、厄から逃れる方法で、「厄除け」「厄祓い」「厄落とし」って聞いたことないですか?
厄祓いは神社でお願いするものですが、そのほかに違いはあるのでしょうか。

厄除け・厄払い・厄落としって何が違うの?

 (13164)

厄から逃れるために、「厄除け」「厄祓い」「厄落とし」のさまざまな風習が行われるようになりました。

●厄除け……災厄が近づかないよう、強い神様に守ってもらいます。
●厄祓い……災厄をもたらす罪や穢れを祓うために、身を清めたりお祓いを受けたりします。
●厄落とし……大事なもの(賽銭やお餅など)をわざと落としたり、ご馳走をふるまって他人に得をさせて自分に損をさせるなど、自ら災厄をつくりだし、今後の厄を減らし(落とし)ます。

仕事や妊娠出産の時期、自分のために厄払いなんて簡単にはいけないですよね。

厄年を上手に乗り切る方法はないのでしょうか。

厄年を上手に乗り切るには

 (13166)

厄年を上手に乗り切る最大の方法は、「気にしない事」です。

厄年と言うのは、先人からの知恵を元に「この年齢になると疲れやすくなったり、心配事が増えたりするから、それを前持って知り、心の準備をして上手く対処しなさい」と言う教えだと考えるのです。

では逆に、厄年以外の年に怪我が病気になった時、それを何かの災いだと考えるでしょうか。

「不注意だった」「睡眠不足や食事の偏りのせいだ」と原因を探るものですよね?

不幸な事というのは、厄年とは関係なく起こる時は起こってしまいます。

困難があると何でも厄年に結びつけてしまう方がいますが、負の思考は再び負の思考を招くと言います。

まずはその思考を断ち切って、毎日を丁寧に生きてみましょう。

厄年だから縁起が悪いので何か特別なことをしないといけないなんてことはないんですね。

不幸な事というのは、厄年とは関係なく、不注意や生活習慣で起こる時は起こってしまうものです。

自分は厄年にあるということをしっかり自覚し、日々の生活を丁寧に過ごすようにするのが一番の

厄除けのようですね。

厄年の過ごし方の心得。

 (13165)

いい環境に身を置けば厄はつかないし、迷いや不安が少なくなり、良い決断ができるようになります。
厄年の過ごし方として、職場の環境を整理整頓してみましょう。机の上や書類の整理整頓だけでなく人間関係の整理整頓もやりましょう。引きずってきた悪縁はバッサリ切り、新しい人脈を広げることも大切です。
いったんすべて白紙に戻し、肩の力を抜き、全く新しい視点であなたの今の環境を見直してみましょう。「心を切り替える勇気」を持つことが厄落とし・厄除けへとつながります。
「元気」「勇気」「根気」「ヤル気」などさまざまな「気」を取り戻すのも厄年の過ごし方のポイントといえるでしょう。

ストレスや悪環境から、気がつかないうちに厄はどんどん溜まります。厄年の過ごし方は、厄落とし・厄除けで日常に蓄積してきた「厄」を浄化して、楽しみながら開運することが大切です。

厄が溜まってくると、イライラして、怒りぽっくなったり。気分がふさぎ込み、何をしても憂鬱になったり、物事を悪い方へ悪い方へ考えるようになったり、体を動かすのが面倒になったり、決断のタイミングが悪くなったりします。
厄が溜まると、環境が与えてくれた幸運を吸収できないだけでなく、本来持っている才能や運を、思うように発揮できなくなります。
厄年の時には心に溜まった厄を落とし、厄がつかない習慣を身に付けるポイントは

①何事にも拘らないで新しいことにチャレンジしましょう。
②厄が効率よく落ちる吉方位の「海」「神社」「人の集まる場所」への散歩や旅行を楽しむ。
③運のいい人の本を読んだり、話を聞いたり、ファンになり真似をしてみる。
④日本の季節の行事を楽しむ。
⑤食事は規則正しくとって、毎日、入浴する。
⑥1日1回お腹の底から笑う。
⑦「ありがとう」「おかげさま」を素直に言う。

この7つのポイントを心がけ厄年を過ごして、心の厄落とし・厄除けをしましょう。

ピックアップ記事

  1. あなたは座禅をしたことがありますか?サラリーマンの間では、朝活の一環として座禅を組むことが習…
  2. あなたは写仏を知っていますか?文字通り仏様の絵を描き写すことです。実は、この写仏が静…
  3. 写経は難しいと思っていませんか?写経は仏の道を極める修行の一つですが、実はそんなに難しいもの…
PAGE TOP